「NHK短歌」で佐佐木幸綱さんから年間大賞をいただきました


NHK短歌の年間大賞を佐佐木幸綱さんからいただきました。ありがとうございました。


こんな感じでした。動画に撮ったものを聞き書きしてみました。司会の剣幸さんと選者の佐佐木幸綱さんのやりとりです。







剣さん「年間大賞を発表いたします。佐佐木さん、ではお願いいたします」

佐佐木さん「題「いのち」の回の工藤吉生さんの作品です」

剣さん「佐佐木幸綱さんの年間大賞。宮城県仙台市、工藤吉生さん


生命を
恥じるとりわけ
火に触れた
指を即座に
引っ込めるとき」


佐佐木さん「あのー、「いのち」っていうのは自分個人のものだというふうに我々は思いがちですけども、この作品はそうじゃないんですね。そういうふうに見ていたんだけれども実はもっと大きなものに、えー、支配されている、あるいは大きなものにつかさどられている感じがするということに気づいた。日常生活の中に普段はあまり気づけないことをきちっと表現し留めさせた一首だと思いました」

剣さん「工藤さんおめでとうございます。これからも素晴らしい短歌をお待ちしております」







感動の一分間でした。大変ありがたいことです。
再放送はあさって火曜日の15時からです。






もっと工藤の短歌を読みたいと思ってくださる方がいましたらこちらからどうぞ。

工藤吉生の短歌総まとめ
http://blog.livedoor.jp/mk7911/archives/52127051.html



んじゃまた。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR