岩波文庫の『斎藤茂吉歌論集』を読んだ

岩波文庫の『斎藤茂吉歌論集』を読んだ。




写生の説など。絵画の写生もからめて、とてもしつこく書いてある。異論反論にきっちり答えている。とても真似できない。

独詠歌と対詠歌という分類がある。

ほかの内容はいまのところそれほど驚くようなことはない。
短歌は些細なところに妙味があるとか、
不自由だからこそ力があるとか、
短歌に盛る内容はすこしでいいとか、
短歌は生のあらわれでなければならぬとか、
小手先だけの「からくり」や奇抜さで読ませるような短歌はだめだと繰り返し言っている。
正岡子規のことが繰り返し書いてある。




茂吉は万葉集ばっかり引いてくる。そして、万葉集と、正岡子規とかの近代短歌(茂吉からすれば現代になるのか)の歌を並べて比べたりする。比べてどっちが良いとか言っている。なかなかできないことだ。

写生については絵画での「写生」という言葉の使われ方の話から始まって、とてもしつこく書いている。
写生はなかなか幅が広いようだ。視覚じゃなくても写生である、主観的でも写生である、見ながら作らなくても写生である、などなど。
多くの歌をあげて写生になってるとかなってないとか書いている。

それで、写生さえちゃんとやっていればいいのだという考えでいる。
万葉集がよく出てくるのは、それが茂吉の考える写生に近いからだ。



細みづにながるる砂(すな)の片寄(かたよ)りに静まるほどの憂ひなりけり/斎藤茂吉



茂吉「観入は実物に相対すること、現実相関のこと、空想に浮動せざることが即ち観入の始にして終であり、初歩にして奥義なのである」



蛍火(ほたるび)をひとつ見いでて目守(まも)りしがいざ帰りなむ老(おい)の臥処(ふしど)に/斎藤茂吉



オレは絵なんか描けないんだけど、ドラえもんだけはわりと描けるんだよ。そればっかり描いてた時期があって。
何も見なくても手癖みたいなので描けるんだよ。でも見るのやめてしまうと、いつも同じような表情だったりしてマンネリ化すんの。

たまに見ながら描くと、ドラえもんってそういえばこんな顔もするよなとか、このポーズおもしろいなとか発見があって、バリエーションが増えるわけ。
もしかしてそういうことを言いたいのかと考えていた。



「歌が衰微するときにはいつも、新しき感動が焼失してしまつて、暗記で歌を作るやうになつてしまつて居る。これに対して新しいいぶきを吹き込むものは写生の実行を措いて他にその途は無い。」
斎藤茂吉「短歌初学問」



特に印象に残ったのはそういうところでした。またいつか読み返してみたいです。









あっそうだ。更新の告知。


億万長者|mk7911|note(ノート)https://t.co/e9eOXFWKdS
『未来』三月号に掲載された短歌をnoteに入れました。


今までに未来に掲載された短歌のまとめはこちらです。
https://t.co/RAzMz82BPF




んじゃまた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR