ぬらっ。いしゃどうさんのキャスを聴いて

ぬらっ




伊舎堂仁さんのツイキャスを聴いた。

歌が「こなれている」と言われた。ややマイナスな意味で。「手練れ」「熟練」に昇格してゆくものならば、いまは辛抱の時期だ。

二人でキャスしたいって言ってもらえてうれしかった。名前まで考えてもらえて。「悪い酒」だっけ。聴き直そうとしたら消されていたので、確認できない。

事前に打ち合わせがあればコラボ機能とか使ってやれたかもしれないのに。
キャスってその気になれば二人で放送できるのよ。やったことはないけど。


あとは、オレの結社のうごきが人に多少は影響を与えていることがわかった。

これからも訊かれるんだろうね。なんで「未来」なのかと。

選者複数制に疑問をもったのが一番大きいと自分では思っている。月詠に運の要素を入れたくなかった。男性の選者に送りたいなと思って。

歌が多く載るとか
くっきりした字で載るとか
タイトルや詞書がつけられるとか
誌面がある程度固定されていて誰の作品がどこに載ってるかわかりやすいのとか
もあるけど、些細なことだ。

でも去ってみると惜しくなって、文学館に行って塔を読んだりしている。

一長一短だよ。どちらが完全に良いとは言えないよ。
いまはまだしっくりきてないよ。ヨソモノだという自覚だ。

地元の歌会を失ったのはよくないな。失策だとすればそこだな。いまは平気だけど、これがいつか大きくなるかもしれぬ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR