ぬらっ。江頭2:50に捧げた短歌

ぬらっ



夢のなかで江頭2:50に短歌をつくっていた。

江頭は泣いてるのかと思ったが見ればやっぱりヨダレと汗だ







うたらばブログパーツに一首採用していただいた。


用のない者は中へと入れない門の向こうがオレの母校だ/工藤吉生







「ダ・ヴィンチ 短歌ください 2016.2月号 感想⑥」
https://t.co/tVDPfsPbd7

ブログで歌をとりあげていただきました。

そうか数字が奇妙だったのか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR