ぬらっ。ダンス

ぬらっ



「萌え」という言葉をオレはまだ心の底では認めてないんだよ。オレの頃にはなかったぞと。新参ものめ、と。

アニメオタクのイメージが貼り付いていて受け付けないのかも。







久しぶりに学校に行ったら自分の机がどれかわかんなくてひとつひとつ見てまわるって夢。
たしかうしろの方なんだけどなーとか言って。







幼稚園のころに、お母さんとダンスするみたいなのがあったんだけど、うちの母は来れなくて、ほかの子のお母さんと踊ったということがあった。○○ちゃんのお母さんだよ、と名乗られて、でもそれは知らない子だった。それをよく思い出す。







頭痛。右の頭から肩にかけて。

「短歌読み屋」今のところ顧客なし。反応はあるけどなかなか収入にはならない。
まだおそるおそるやってる感じで宣伝も中途半端だからしょうがないか。
しかし、何への恐怖なんだろうこれは。新しさが怖いのか、うまく読めなかったりやりとりできない気がして怖いのか、金がからむと陰口を言われそうで怖いのか、大きなことを言ってスベるのが怖いのか。


一応貼っておく。

▼100円であなたの短歌を読んで感想を書きます【短歌読み屋】|mk7911|note(ノート)https://t.co/1lKnyb4Jkp
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR