ぬらっ。賞状もらった。


ぬらっ



近所のコンビニのお姉さん、感じがいいんだけど「それでは」がすごく多くて、そればっかり気になってしまう。なにかするたびに「それでは」って言うの。
一回の接客で五回「それでは」を言うとして、一時間に何回 「それでは」って言うのか。一回の勤務で何回「それでは」って言うのか。一生のうちに何回……。


万札を崩しに行ったコンビニで、たらこの和風パスタを買った。(短歌ふう)







久しぶりに妹と会話したんだけど、妹が牧水の「白鳥は~」の歌を知っていて、好きだと言っていたので感動した。
オレの歌を見られても恥ずかしいばかりであんまりうれしくないんだけど、牧水を知ってると言われるとなぜかとてもうれしい。







角川全国短歌大賞の賞状がきた。これで賞状は五枚目。この賞では2013年にも賞状をいただいたことがある。

同じ賞の賞状。三年前よりも文面がすっきりしているのがわかる。 https://t.co/4TLQrpQ8yc

「選考委員の選考により特別作品の作品の頭書の賞に」って、たしかにくどい。

いやはや、ありがたいことです。どうもどうも。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR