ぬらっ。オレの通り名

ぬらっ



前回からのつづき。

オレがこのあいだ匿名の馬鹿に言われた悪口「東北の粗大ゴミ」は通り名として悪くないなと思った。

大きいっていうのがいいんだよ。大きいのはいいの。

どうしても本名が出せないようなところに書き込んだり投稿するときに使えそう。

IPPONグランプリの
「怒っていいのかわからないあだ名をつけてください」
っていう問題に対する有吉の回答
「宇宙将軍クソ太郎」
みたいなもんだよ。「東北の粗大ゴミ」も。

今調べてたら、「宇宙将軍クソ太郎」を名乗ってる人がいたよ。自分がつけられたわけでもないのに名乗りたくなるって、ほんとにすごいあだ名のセンスだ。

片仮名で「トウホクノ ソダイゴミ」って言われたんだけど、その表記だと「ゴミ」が活きてこないんだよ。ゴミであることが強調されなきゃだめでしょ。「大」の字も大事だ。啄木じゃないけど。文学とか詩の世界でそういうセンスのなさは致命的だ。

『センスのない人』がつくる『悪口』が【使いたい言葉】になっちゃうの、
『マイナス』に『マイナス』をかけて【プラス】になっちゃうみたいなもんだ。



あんまりいじると喜ばせちゃうかな?
別にほめてるつもりはないのだ。Aを狙った弾がBに当たるのは、射撃が下手だということだ。
かといって、からかってもいないのだ。オレはほんとにそれが「オリジナルで、なおかつ使える言葉」だと思ったのだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR