ぬらっ。ブームと恥

ぬらっ。



NHKで短歌について放送されると聞いた。わくわくした。


番組を見ながら内容をまとめて直後に公開すればブログにアクセスくるな、と思い付いた。そんでそこからオレのことを知っていただけると。よし。

はじめはそうやってテレビで見たことを書いてブログの人を集めてたことがあった。

サッカーのワールドカップやオリンピックのころに、試合の感想を書いたら人が増えたのだ。
一日20人のブログが140人までふえて、そうかこうやるのか、と思ったわけ。
テレビを見ながらブログ用にメモをとったこともあった。



そんな昔を思い出して、メモしながらテレビを見た。
そしてブログにまとめてアップした。


12/22(火)NHK あさイチ 短歌ブームについての放送まとめ
http://blog.livedoor.jp/mk7911/archives/52155241.html

そこで、あろうことか、井ノ原快彦さんと書くところを二宮和也さんと書いて、ご指摘をいただいた。早い段階だったからよかったが、遅れていたら、どんな恥ずかしいことになっていたか。崖っぷちで一命をとりとめたような、心臓がヒューッとする感覚を味わった。


三時間たったが、まだはずかしさから立ち直れない。
こんなこともちゃんとできないままで便乗しようとしていたなんて……。

だから書いたものを全力で拡散する気にもならん。検索でたどり着いた人だけ見てくれればいい。
ああ、この敗北感よ。




検索すればオレのブログがかなり上にでて、オレのブログよりくわしいサイトがないのもわかった。
まあ、そこそこの仕事にはなったんじゃないか。再放送はないし、YouTubeにも上がりにくい番組だろうしな(わからんが)。

ツイッターで実況してるような人は自分の意見が濃くでるようだった。内容だけをまとめるっていうのがないのよ。
だからまあ、一応の役割は果たせたんじゃないかと、少しは満足がある。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR