ぬらっ。オレのもうひとつの名字/短歌のクソサイト

ぬらっ



母が離婚したときに、旧姓にもどすかどうかという話になって、旧姓にもどした場合はオレもそれに合わせて名字を変えるのかどうかという話があった。結局、母もオレも工藤でいることを選んだけど、もうひとつのルートのこともよく考える。名前って大きいから。

名字のことになると必ず思い出す話。







ぬらっと!短歌大賞50首決めた。
まだ少し動かせる。大賞発表までにすごい歌をみつけたら入れ換える。








うわさの歌集、うちにもきた。なんと。うれしいおどろき。







クソサイトと聞いて見にいったんだが、すごいな小川良秀さんの「かんぜおん」って。
(堂々と言ったほうがいいとこの前言われたから実名で書いた)

塔の連絡掲示板で空気読まずに宣伝してるのからして危なかった。見づらくてそのときは引き返しちゃったんだけど、今回はこまかく探ってみた。リンクたどってもなかなかうまくみつからなかった。
そしたら、ブログですらなくて、掲示板に連続でコメントしてるんだな。ホームページの古めかしさもすごい。

まあ、たんたん短歌もそうだけど、たのまれもしないのに改作しちゃうやつにはろくなやつがいないな。えらそうなばっかりで、全くろくなもんじゃない。
そりゃオレだってたまには別の案を考えついちゃうこともあるけど、かんたんに手をいれるのは歌へのおそれがたりないよ。そういうのは自分のなかにしまっておくもんだよ。歌会ならば言ってもいいかもしれないが。
ひとさまの歌に手を触れたことによって自分の無理解をさらす危険があるのだ。それを親切にコメントする人はめったにいない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR