note(ノート)に短歌をまとめてみました

工藤吉生の短歌【1】2011年8-10月〈20首〉|mk7911|note(ノート)https://t.co/KUYOCh8PVC

noteに短歌まとめをつくってみました。





有料にできるんですが、無料にしました。ほかのところにすでにあがってるものだからです。
つくり慣れてきたらまた考えます。


使い心地を試している感じです。オレに合うのか合わないのか、どんなやり方がいいのか。

けっこうnoteで短歌を発表してる人がいるんですね。ぜんぜん知らないような人たちです。


制作時期を三ヶ月ごとに分けてまとめてるんですが、これが終わったら、発表媒体で分けるとか、連作単位のノートもつくっていこうかなと思ってます。嫌にならなければの話ですが。



何人に読まれたのかわかんないんですねこれ。「スキ」がつくとその数がカウントされて、それが「人気順」に反映されるということのようです。



どういう層に見られるのか、広がりかたが気になります。
ツイッターのフォロワーさんが見てくれるのはとってもありがたいのですが、それだけだとnoteでやる意味がないんです。

タグ機能と、ランダムで誰かのノートを表示する機能があります。それを使って見に来てくれるんでしょうか。
公式からのノートをチェックしていると、企画のお知らせが流れてきますが、それにのっかるやり方もあるようです。




【2】以降のまとめノートもつくってあります。あんまり立て続けにやるとアレだから下書きにしてあります。

他の方たちは画像をつけてるみたいだから、オレももってる猫の画像をそれぞれに貼りつけるようにしました。


【17】まではつくってあるので、17日くらいかけてそれを発表していこうと考えています。週1回の更新にするのも考えましたが、それだけで三ヶ月以上かけるはひっぱりすぎかなと思います。


オレはほんとにそのへんはしつこいんですよ。botにまとめて、うたのわにまとめて、NAVERまとめにまとめて、togetterにまとめて、ブログにまとめて、そのうえnoteにまとめるんですからね。
できるだけ入り口を広くしておきたいのです。2ちゃんねると関わっているのもその一環です(オレに関する書き込みは、実は自e……いやなんでもありません)。



というわけで、noteのほうもよろしくお願いします。有料にできるというのが特長ですから、なにかやれたらいいですね。


んじゃまた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR