ぬらっ。メーリングリスト

ぬらっ




これは書いても大丈夫なことだと思うんだけど、未来の彗星集のメーリングリストに招待されたんです。オレ、メーリングリストって初めてなんです。まあ一斉にメールがくるんだろう、くらいに考えていたんです。でも、そうじゃないのね。

小さなミクシーみたいなサイトがあるんだよ。そこに彗星集の人が集まってるんです。メールがとどくのはもちろんだけど、そこに日記書いてる人がいたり、マイページにプロフィールを設定できたり、足跡機能みたいなのもある。

同じ選歌欄にいるって、こういうことなのかと。びっくりしちゃいました。ほかのメンバーとの距離が近い。
ただ単に誌面の同じ欄に歌が載ってる、たまに集まって歌会する、その程度だと思っていた。

ちょっとしたカルチャーショックですね。塔東北支部も一斉メールがくることはあるけど、サイトがあると距離感がかわる。こんなにちがうものかと。

そのサイトのことがよくわからなくてあちこちいじったりしていた。結局あまりピンときてない。楽しみかたがよくわかってない。
東京大阪たまに名古屋?でしかうたかいはやらないみたいで、たぶんオレは行く機会がないかな。



未来に入ったというより、彗星集に入ったという感じになるんだな。未来がビルで、そのなかの自分のオフィスが彗星集、みたいな。

たとえがうまくないな。とにかく欄のなかの結び付きがつよい。自分の欄の外とは、まるで別の国みたいに隔たっている。

そのたとえもうまくないな。無意識に例えているなあ。




オレと同時に入会した方が挨拶のメールを流したから、オレもやらなきゃいけないのかなと思ってメールをながしたりした。
塔と未来ってぜんぜんちがうんだな。誌面は似てる印象だったんだけど。小さい結社に入ってる感じだ。
これからそれがどうオレの短歌に影響してくるのだろう。まだこれからだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR