角川「短歌」2015年11月号を読む  ~うつくしい銀河系のよりみち、ほか

角川「短歌」2015年11月号。


歯にて破る青葡萄の果(み)の弾力をふいに思へり夕かたまけて/尾崎左永子「時を刻む」


さて深い深い水辺(みづべ)の朝がある。無論笑(わらひ)を含んではゐるが/岡井隆「ぼくに似た人」

→水辺だったら水深は「深い深い」というほどではないんじゃないか。とすると、もっとちがう意味で深いんだろう。
なにが「無論」なのかわからないが、こう言われると、ずっとそれを知っているかのように思えてくる。
朝日に照らされた水が笑ってるように見えるのかなあとか考えた。


この丘は低い。しかれども百年の風を受けつつ物言ふ丘だ/岡井隆「ぼくに似た人」
→さっきのは最初から二番目の歌で、これは最後から二番目の歌。
「百年」は「深い深い」に、「物言ふ」は「笑」に対応してはいないか。


権力の声って静かなのだよ おだやかに砂食(は)み引きてまた波が寄る/三枝浩樹「二〇一五年夏物語」


バラの花あふるる家に住む人を見たいとは思はぬ 出て来るな/佐藤通雅「逆走」


賛成の方はご起立願ひます そのままいつまでも起つてをれ/佐藤通雅「逆走」

→そういえば国会のあれって、いっぺんに起立して、さっと座る。わずかな間しか起立していない。
「起つてをれ」は昔の教師が悪い生徒を一喝してるみたいだ。


センターを守る選手のごとく今日われはさびしい 人を離(か)れきて/三井修「馬頭星雲」
→「離れ」で「かれ」と読ませる。「枯れ」を連想してさびしくなる。



角川短歌賞の発表号となっている。

二階建ての数式が0へ着くまでのうつくしい銀河系のよりみち/鈴木加成太「革靴とスニーカー」
→分数の、分母と分子のある形が「二階建て」。答えは0になるがそれまでに経る過程が「よりみち」。
二階建て、よりみち、は現実世界にもある。数式や銀河系といったものと組み合わされて、現実とはるかなものがつながった。


凸の部分押して凹にし月の夜のバニラシェイクの蓋をいじめる/鈴木加成太「革靴とスニーカー」
→凸が凹になるような形の変化は、月にもある。バニラシェイクの蓋はたしかにそういう押せばへこむような素材でできていると思い出す。「いじめる」に感情のやり場のなさを感じた。



次席、佳作で一番しるしがついたのは滝本さんの連作だった。

この人はツイッターでは今年六月に「はつむかし」という名前のアカンベーをした画像アイコンのアカウント @hatsumukashi
で大木はちさんの企画した「#たんばな3」のタグを荒らしていた印象しかなかったので第一印象は悪かった。(現在はアイコン画像も名前も変更した模様)
だが、作品はこのなかでは良いと思った。

二十五時過ぎて帰れる隣人のハミングがまた転調に入る/滝本賢太郎「恋ふるのは火」
→ハミングが転調って、なかなかないことだ。日本の音楽だと「雪の降る町を」は転調の多い曲として有名だが、例外的だ。
ドイツは音楽の歴史のある国だが、それと関係あるのか。
どんな隣人だろうと思わせる。


枯れゐたる薔薇さしたままこの部屋をどぎつき自我の暗室と思(も)へ/滝本賢太郎「恋ふるのは火」
→ナルシシズムとでも言うべきものが含まれている。醜さと陶酔の絶妙な線上にある。 枯れたら新しい花に取り替えましょう、暗かったら部屋に明かりをつけましょう、などという健康的な考えは拒絶するのだ。
「どぎつき自我」の濁音攻撃もいい。


布袋に詰めれぱ鈍器となるほどの本携えて教授と会ひぬ/滝本賢太郎「恋ふるのは火」
→学問が積み重なって、野蛮な武器になるという逆転。それを振り回して教授を攻撃するような予感が、かすかにある。


船乗りになりたかったな。コピー機が灯台のようにひかりを送る/ユキノ進「中本さん」
→職場の歌の連作だけども、ところどころに自然がでてくるところがいい。詩もある。
「船乗り」は漁師ともちがい、あまり現実的ではない職業かもしれないね。コピー機の光りかたは、言われれば灯台みたいだ。うまい比喩だ。

ちょっと言い方を変えれば現実の職業につながりそうなんだがなあ、「船乗り」は。この言い方でしか出てこない詩情がある。


座談会でそのほかの候補作の歌が太字
で引かれていて、それがけっこう面白くて丸をつけたが、ここではやめておこう。つまみ食いのつまみ食いには、これでも多少は抵抗があるのよ。
これらの連作はそれぞれの方が何らかの方法でまとまった形で発表していくのだろう。

角川短歌賞のことはおわり。



一夜漬けされたあなたの世界史のなかのみじかいみじかい私/笹井宏之『てんとろり』

という歌を、高野公彦さんが「特集 歌を味わう」のなかで、難解な歌としている。
一夜漬けとは言うまでもなく、試験の前夜にまとめてする勉強だ。試験が終わればすぐ忘れられる。
世界史のなかには人物がいて、一夜漬けの人からみればごくみじかい出会いと別れだ。

問題は「私」。世界史のなかに出てくるのは外国の歴史上の人物ばかりだ。そのなかにいて出会った「私」は何者なのかということになる。
きっとこれは、何者でもあり、何者でもないんだろう。
笹井さんの「私」のありかたが不思議でおもしろいなと思うのは、その前の歌を見ても思う。

おんがくの波の中からあらわれた私をひとり抱きしめてやる/笹井宏之『てんとろり』

というのが、その前に引かれた歌。
高野さんが難解だとした笹井さんの歌のどれもに「私」「あなた」がいて、
「魅力を感じている」歌のどれもに「私」「あなた」がいないことをオレは気にしている。


吉川宏志さんは「なまなまとしたものを聴く」のなかで
「鑑賞文を書くことには、自分の直観を、別の自分の眼によって再確認する意味合いがある。」
「可能なかぎり、自分がなぜ良いと思うのかを考えてみることが必要だろう。」

と書いている。
こう言われると、自分のやっていることは無意味でないと思える。
無意味かもしれないし間違っているかもしれないというおそれのなかで、いつもいつもやっていることだ。


五年間服むことになる錠剤のはじめの一つを指に押し出す/中津昌子『むかれなかった林檎のために』
→薬をもらうところでもなく、飲むところでもなく、「指に押し出す」ところ。ここから五年がスタートしたような感じを受ける。


兵隊が匍匐前進のままに伏すとき黒蟻が見えたとおもふ/中野昭子「熊 のかほ」
作品7首から。「見えたとおもふ」と兵隊の視界を想像している。黒蟻は兵隊になにを感じさせただろう。
関係ないけど「匍匐」って「葡萄」みたいだなあ。


悪疫で国がほろびる小説の挿し絵でずっと燃えている町/堂園昌彦「硬水と軟水」
→悪い病気が蔓延することと、火事になることは、よくわからないがどこかでつながっているんだろう。
絵は文章より印象として強く入ってくる。絵のなかに時間はないから、ずっとずっと燃えている。記憶のなかでも燃え続けるだろう。



永井祐さんが時評で引いてる歌がおもしろかった。

母さんがふとんを叩く「母さんがふとんを叩くと感じるのですね」/斉藤斎藤『渡辺のわたし』
→あきらかに目の前で行われていることも、ある状況になったら他人と見解が異なったり、立証の必要がでてきたり、あるいはそれに困難が生じたりするものだ。

自分のなかでの当たり前も「それはあなたがそう思い込んでるだけでしょ」なんて言われて、ものすごくダルくなったりする。

母さんがふとんを叩くと感じられない人には、それは一体何に見えるというのだろうか。

「母さんがふとんを叩く」と書かれていれば、読んでるこちらは簡単にそれを受け入れてしまうという一面もある。



書評からちょっとやっておわります。

青空 よくよく嵌めておかないとこのまま抜けてゆきそうな首/佐藤弓生『モーヴ色のあめふる』
→「青空」のあとの一字あけにも、一種の「抜け」がある。
「抜けるような青空」と確かに言うけれども……。嵌め込むなんて、人形みたいな首だ。「このまま」ってことはもう抜けが始まっているのか。


召されゆく天にて逢はば目をほそめまづは聞きゐむ母の繰り言/内藤明『虚空の橋』



投稿欄からはとくになし。いや、読んでるんですよ。オレも投稿するわけだし。








公募短歌館に載ったオレの歌。

仕事場のかなり苦手な一名の顔がしきりによぎる壁だな/工藤吉生
(志垣澄幸選 佳作)
(香川ヒサ選 佳作)


かわいそう 窓全開の車から大ボリュームで流された歌/工藤吉生
(加藤治郎選 秀逸)
[評]
「かわいそう」なのは何かわからない。ここには迸った思いだけがある。全開の窓も大ボリュームも過剰であり、思いを受け止めきれない苛立ちを感じる。



ということで、角川短歌をおわります。

んじゃまた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR