ぬらっ。コンビニと成人雑誌と私

ぬらっ。





コンビニと成人向け雑誌と私 - 限りなく透明に近いふつう http://t.co/J2oCVpWcrb

という記事を読んだ。とてもよく書けていた。
わからない人にわかるように書く、ということはむずかしい。そして、これはそれに成功しているのではないか。



興奮するところがあった。
私もエロを求めることがある、とか、好きな人とエッチすると自分が女であることがしみじみとうれしい、とかいうところ。

オレはほとんど常にエロモードだなあ。働いてるときも。我慢してるだけで、そういう対象があればそわそわして見る。
手綱を握っているからコントロールはできるが、眠ることはない。

豪腕になって刑務所で相手がボロボロになるまでやるのを想像した。つねにそちらがわに立つという前提でいる。それが問題だという話だね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR