谷知子編著『ビギナーズ・クラシックス 日本の古典 百人一首』【7】73-84

角川ソフィア文庫 谷知子編著『ビギナーズ・クラシックス 日本の古典 百人一首』から、今回も3首ずつやっていく。


73
高砂の尾の上の桜咲きにけり 外山の霞たたずもあらなむ
権中納言匡房

74
うかりける人を初瀬の山おろしよ はげしかれとは祈らぬものを
源俊頼朝臣

75
契りおきしさせもが露を命にて あはれ今年の秋も去ぬめり
藤原基俊



73
高砂は高い山という意味。
外山は人里に近い山で、「深山」「奥山」の反対語。
立たずもあらなむ=立たないでください
霞がたつと桜が見えなくなるから立たないでくださいと言っている。
高い地位に立っているあなたをずっと見ていたいという意味ともとれる。


74
はつせ=大和国の歌枕。現在の奈良。初瀬山の中腹に長谷寺があり観音がある。
憂かりける=恋人が長い時間冷たかったこと。
振り向いてほしいと観音に祈願するが相手はますます冷たくなる。
「はげしかれ」は山おろしと恋人の態度の両方にかかる。


75
子の出世のために時の権力者に請願するが叶わなかったというエピソード。
いぬめり=去っていく




76
わたの原漕ぎ出でて見れば久かたの 雲ゐにまがふ沖つ白波
法性寺入道前関白太政大臣

77
瀬をはやみ岩にせかるる滝川の われても末に逢はむとぞ思ふ
崇徳院

78
淡路島通ふ千鳥の鳴く声に 幾夜ねざめぬ須磨の関守
源兼昌



76
雲居は雲そのもの。
歌とはちがい、作者忠通は権力闘争の真っ只中に生きた。


77
「~を~み」、で「~が~なので」の意味になる。
滝川は滝のようなはげしい川。
「せかるる」はせきとめられる
「われても」は水の流れが岩に当たってわかれる意味と、恋人がわかれるという意味。

作者は保元の乱に敗れ讃岐に流され同地で没した。怨霊になったと恐れられ、おどろおどろしい伝説がうまれた。
前の歌の作者忠通は保元の意味の勝者。


78
須磨は現在の神戸市にある。関守は関所の番人。
須磨には都人がなにかしらの不幸を背負ってやってくるイメージが色濃く漂っている。源氏物語で光源氏が流されるなど。




79
秋風にたなびく雲の絶え間より もれ出づる月の影のさやけさ
左京大夫顕輔

80
ながからむ心も知らず黒髪の 乱れて今朝はものをこそ思へ
待賢門院堀川

81
ほととぎす鳴きつる方を眺むれば ただ有明の月ぞのこれる
後徳大寺左大臣



79
本来、雲は月を隠してしまうかは『万葉集』では雲よたなびかないでくれと呼び掛ける歌が多い。しかし平安時代以降は雲の絶え間からさす月光を愛するようになる。


80
「あなたの愛情が長続きするかどうか、わかりません。この黒髪が乱れるように、心も乱れて、今朝は物思いに沈んでいることですよ」
後朝(きぬぎぬ)の心を詠んだ歌。
女の黒髪は恋人の愛撫の対象。官能的で愛の記憶となった。


81
有明の月といえば恋の場面によく詠まれる景物。この歌に妖艶な印象をもたらす。





82
思ひわびさても命はあるものを 憂きに堪へぬは涙なりけり
道因法師

83
世の中よ道こそなけれ思ひ入る 山の奥にも鹿ぞ鳴くなる
皇太后宮大夫俊成

84
ながらへばまたこの頃やしのばれむ 憂しと見し世ぞ今は恋しき
藤原清輔朝臣




82
「わぶ」は動詞について「~することに疲れる」の意味。
道因は、90歳になって耳が遠くなっても歌合に参加するなど、歌道に強く執着した。


83
俊成は定家の父。
俊成は「幽玄・艶」という美的概念を和歌において確立した。
「幽玄」は明瞭より曖昧、単純より複雑、明暗でいえば薄暗さの美。
「艶」は人間の心を浄化し、深く掘り下げるような曖昧模糊とした美。


84
「生き長らえたならば、つらいと思っている今日このごろも、なつかしく思い出されるのだろうか。あれほどつらいと思っていた昔が、今となっては恋しいのだから。」
過去現在未来が配置されているが、いずれも苦渋に満ちている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR