ぬらっ。塔と震災とオレ

ぬらっ。




「くっそ○○」ってそんなに不快な言葉だったんだな。歌によみこんだことがある。抵抗をかんじずに。







ツイッターの鍵アカウントの人が何を書いてるのか気になるという理由で、別アカをつくって、じぶんをフォローしている鍵アカをフォローしていったことがある。なかにはフォロバ・承認してくれる人がいてなかのツイートを読めたんだよ。

でもだいたいは鍵アカもたいしたこと書いてないね。読むひとが読めば身バレする可能性がある、という程度でしょう。







すごい新人がはいるという噂をきいて塔をやめる気がうすまった。そのへんはずっとなやんでるんだよ。
今月中に決めたいんだけど、移らないとずっと移りたい気持ちが持続すると思うと、うつらなきゃいけない気がする。




ああ。東日本大震災から何日目っていう冊子があるんだけど、オレは声もかからないんだよ。歌会になんどかでると声がかかるらしいんだけど。
あれの存在がオレと塔短歌会東北のあいだに溝をつくっているかも。

オレは震災についてこれ以上詠む気があんまりないんだよね。被害もないのに。メールで歌会する気もないし。
だから不参加でまったくかまわないんだけど、オレ以外の東北の塔の人の多くがやってることが自分にはできないというのは、なんだか引っ掛かっている。

これがあるから、オレと他の会員は向いてる方向が違うのかなって思う。



そういう、東北だから震災、という空気がどうにも苦手だなあ。震災の色、あとは反原発の濃い集団とは一緒にやれないとおもう。

オレは連作のなかで「ゲンパツイラナイ」を四拍の音としてとらえた。そういうことだ。


歌会のあとの飲み会になるとみんな震災のことを熱く語るんだよ。オレはそういう言葉はもってないし、そういう耳すらもってるとはいいがたい。

塔短歌会東北というのにいながらその活動にタッチしようとしてないわけね。居心地わるいよそれは。みんなプールにはいってるのに一人だけプールサイドで体育座りしてるようなもんだよ。
なんでオレだけこんなに違うんだろ。

いや、塔を悪く言ってるんじゃないからね。方向があるよねってはなし。

もちろん塔東北はあの冊子だけつくってるわけじゃないんだけど、あれにかける気持ちがすごく強いんで温度差を感じている。オレがいたら場違いだなと。

うーむ。そのあたりを考えると移籍欲がたかまるなあ。自分がいていい場所とおもえないというのは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR