ぬらっ。ボツ、ボツ、力の差

ぬらっ。



なんたる星大賞、だめだったか。候補に期待するが、まあ、どちらにしてもだめだったのにはかわりない。








また「現代短歌」の読者歌壇がボツだったわよ。おくってないのと同じだ。選者が阿木津さんに変わった。






「歌壇」の服部さんの時評よんだ。立派なもんだ。はじめは批判的に眺めて居たけど、今回のを読んでだいぶ納得した。

それと、人として、文学やるひととして立派だと思った。オレはこんなにしっかりとした考えをもってないし文章書けないもん。同じ土俵に立てない。

これが歌人の態度だとしたら、オレはせいぜい愛好家とか、短歌クラスタとかそういうのにすぎないなと。

本気度がちがうんだよ。オレだって手を抜いているつもりはないが、それにしても身のいれ方が違うよ。それを服部さんの文章は毎回感じさせるんだよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR