2015年7月28日 17:10~18:00  短歌7首「ウトちゃん」

7月28日、待ち合わせのために仙台の電力ビルに来たが、かなり早く着いてしまった。18時のはずが17時10分についた。
時間つぶしにツイッターを使って、ひとり即詠大会をした。つまり、その場で歌を考えて、出来上がったものをすぐにツイッターに流していくのだ。
その様子は次のとおり。
赤い文字が短歌。





いま電力ビルにいるんだが、変なゆるキャラがいる。頭が赤くて虎柄の体をしている。
牛のような頭だが、胴体は虎だ。
どちらかといったら怖いゆるキャラだ。


どちらかといったら怖いゆるキャラだ頭が牛で胴体は虎



待ち合わせには50分早く来た。
ちょっと目を離したらゆるキャラが消えた。


ちょっと目を離せば消えるゆるキャラのまるで微妙に嫌な夢かよ



隣の老人は器用にタブレットをあやつりニュース記事を読んでいる。首相の顔の画像が見えた。


あらわれた首相の顔は老人の指にはじかれ液晶の外



七夕の飾りが頭に届くひととどかない人それぞれの夏




勾当台ならヤマトヤ書店、仙台駅ならブックオフに行くんだがなあ。

またゆるキャラがでてきた。


子供らもそれほど見ないゆるキャラの両手がうごく、っていうかもがく



牛なのか虎なのかわからないこのキャラ、「ウトちゃん」というらしい。牛の「ウ」と、虎の「ト」で「ウトちゃん」。


ウトちゃんに近づき話す女の子は勇敢であるこのオレよりも



あれ? またゆるキャラが消えた。

隣に今度は若い人がきたが、この人もニュース記事を読んでいる。みんなニュースに関心があるんだなあ。



着ぐるみを撮ってやろうと考えて撮らないオレのそういうところ


待っていた人が来たのでおわり。7首でおわりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR