ぬらっ。ひとり回転寿司

ぬらっ。



夜に気が向いて、ひとり回転寿司に来た。20時30分。けっこう待たされている。この時間はまだ混んでいるんだな。小さい女の子がキャーキャーさわいでいて、しかし移動できずにつらかった。


銀行みたいな整理券を持って20分くらい待って、それから案内された。

ほかにも一人で回転寿司にくる人は多いようで安心した。



混んでいたが、21時をすぎるとだんだんまわりの席が空いていった。空いてゆく店というのもいいものだ。

にぎり、軍艦、好きなように食えるのがたのしい。人目を気にしない。最後に枝豆といちごムース食べた。
こういうのは、ゆっくり食べて少ない皿数で終わらせるのがいいのか、早く食べていろいろ堪能したほうがいいのか、迷う。


左のおじさんは5皿しか食べなかった。右のほうには2000円ぶん以上食べている人がいた。オレは16皿1728円。



帰りに夜道で短歌を考えながら歩いた。行きと帰りで7首できた。


先月は開店まもない時に来て、ほとんど何も回っていないレーンの前で注文しながら食べたのだった。それはなんか違う気がして、やっぱり回転寿司は回っていてほしいと思って夜に来てみたのだ。回ってて満足した。

月に一度くらい、楽しみとしてひとり回転寿司をやりたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR