ぬらっ。塔新人賞落選の弁

ぬらっ。


塔新人賞は全然ダメだったようだ。ネットにアップされた目次を見た。

目次に名前がないのはさみしいもんだな。選歌欄評をやってた半年間はあったわけだから。
あー。あー。オレは本気で作ったんだがなあ。あー。くやしい。

あとからきた若いのがどんどん取っていくんだと思うとつらいわ。

でも自分でも連作の欠点があるのを感じていたんだよ。具体が少ないこと。
ああ。自分でわかっていて対処しきれなかったのはまずかったな。反省会。

いやー、候補くらいには絶対なってるとおもってたんだよ。欠点があるが、しかしこれはいけるやつだと。


うたらばとか、河北の一席とか日経新聞で選ばれていて最近いい感じなんだけどね。ブログに引用されたりはするんだけどね。連作になるとダメなんだなあ。
最近ツイッターで、好きな歌を挙げる企画があったんだが、オレの短歌がでてくることはなかった。それを気にしている。食い込んでないなと。

小さないいことはある。あしたから三連休だとか、お菓子をもらったとか、寿司を四割引で買ったとか。

短歌研究の新人賞も、いきなりタイムラインで発表されるんだろうな。それも変な話だよなあ。

ざわざわざわ……
「発表です!」
ジャーン!

って発表されたいんだけど、そういうわけにはいかないもんなのかね。みんながおめでとうおめでとうと言ってるからなんだろうと思ってさかのぼると見つかる、っていうのが今のパターン。
あー。あー。またくやしいことになりそうな予感。






ブログで短歌を取り上げていただいた。



婚活短歌 プロフィール 話してみる  http://t.co/YfTWSm1mu1
ムシマルさんがいろいろな方の短歌をブログで取り上げていて、そのなかにオレもいる。



もうひとつ、ブログで短歌を取り上げていただきました。これは読売歌壇の栗木さんの欄に入選した歌。

このたびの安保法制にかんする憲法論の論理性を問う! http://t.co/P62ZoMrcW5








ファイナルファンタジー9が発売されて15年というのをこのまえリツイートしたけど、オレは今でもアラームに「いつか帰るところ」つかってる。タイトル画面の曲。








touch the numbers は100プレイしたが記録の更新は無し。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR