日経新聞(2015.6.7)に短歌が掲載されました

6月7日の日経新聞の日経歌壇にオレの短歌が載った。12首載るうちの11首目だった。



泥棒の手足が触れたことのある柵があったら光ってみてよ/工藤吉生


しばらくぶりに載ったのだが、しばらく出していなかった時期がある。 去年の四月に出しはじめて、八月で一度やめた。あちこち出してたら歌が足りなくなりそうだったから。今年三月にまたはじめた。やっぱり面白い欄だったなと思って。
穂村さんに出すとなるとちょっと特別な感じになる。いつもより本気になるというか、大胆な気分になる。



新聞に載った歌のまとめはこちら
http://t.co/MakTBmxqg6
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR