ぬらっ。塔に入った理由、結社のこと

ぬらっ。


マクドナルドのチーズバーガーふたつにポテトLを昼飯にしたが、多すぎるのがわかった。くるしい。574円とか取られたし。


角川短歌賞のための連作を相変わらずやっている。よわい2首をけずってあらたに2首作った。どんどん変わる。もともとの完成度が低すぎるのか。
でもよくなってる感じが気持ちいい。仮にだめでも、一年かけて磨いてまた同じものを出すかも。








今日はツイッターで結社の話が盛り上がった。
オレがなんで塔に入ったのか、まとめておこう。
塔か未来かで迷ったのだった。この二つの情報をツイッターでよく見かけるし、若い人が多そうだから。

▽塔は全国で歌会をやっている。これが一番大きい。歌会したかったけど近くでできなかったから。やってるところを調べたら塔がでてきた。

▽「塔」は「未来」より半年あたり千円やすい

▽塔のなみの亜子さんからうたう☆クラブ賞をもらったり歌をコーチしていただいたことがあった。

▽選者を指定しなくてよいのが塔だから。オレは一人を選ぶことはできないから。


その前になんで結社かというと、加藤治郎さんのツイートで「結社を知らないのは短歌の3分の1を知らないことだ」という内容があったから。それくらい重要なら知りたいと思った。短歌のこと好きだからなるべく多く知りたいし、経験したい。
加藤治郎さんのツイログを「結社」で検索するとそういった結社論がたくさんでてくる。これがとてもよい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR