工藤よしおが主人公の小説「赤い糸の伝説」を読んだ

自分の名前で検索をする、いわゆるエゴサーチをしていて見つけた小説がある。

http://mbbook.jp/akaiitondensetu/?in=ok
「赤い糸の伝説」というケータイ小説? の主役は工藤よしお36歳。新潟のスーパーに勤務しているそうだ。オレと名前も歳も職業も近い。



工藤よしお36歳 県央のスーパーの精肉部に勤務。
役職は係長だけど名ばかりで給料は平社員
パチンコ好きでいつも帰りに立ち寄っている
顔は小室哲也似
うだつの上がらないサラリーマン。


だそうだ。


せっかくだから読むことにした。71ページある。オレはネットの小説なんてめったに読まない。



プロローグにあたる最初の20ページを読んだ。どうにも退屈だ。もう少し読者をひきつけるものはないものか。

工藤よしおは初めて新店舗の店長に抜擢される。バイトやパートを顔で採用したりしている。大変だとか言いながらもわりと淡々と店長の仕事をこなしている。

会話があったり心のなかの声があるんだが、日常的な会話と、常識的な思考がつづいていく。
オレもスーパーの人間なので、仕事してる感じになる。
工藤よしおが店長に就任したスーパーが開店するまでに20ページかかった。


二章になって、学生バイトの野中みゆきが工藤よしおを呼び出して告白する。36歳の工藤よしおは年の差にとまどって断る。工藤は独身で、ほかの女子社員が気になったり、出会い系サイトに興味をもったりしている。

話が動いてきた。


三章、野中みゆきから再び付き合ってほしいといわれ工藤よしおはOKする。また断っても同じことだし、付き合えばこんなおじさんにはすぐ飽きるだろう、という考えで。
工藤よしおは高校生のみゆきとの20の年の差を気にしている。知ってるひとに会わないようにし、援交だと思われないかおそれている。
みゆきはよしおを無理に呼び出したりして、けっこう積極的にグイグイくる。


四章、なんとこの小説は未完であった。話の途中で終わってしまった。

工藤よしおは亡くなったクラスメートの首藤恵理子という女性を回想する。進路もちがうしほとんど話した記憶はないが、恵理子がよしおを好きだったらしいことが書いてある。


よしおとみゆきの関係はすすんで、泊まったりしている。
このページでエッチしている。
http://t.co/M6kWFjLtsH

69ページでエッチして、71ページで途切れている。セックスの場面を書いたら作者は満足しちゃったんじゃないのか。

「よしおはクリちゃんやあそこを愛撫してみゆきを充分濡らしてゆっくりチンチンを入れた。」
言葉を選ばないあっさりした描写である。
お願いだからもっとロマンチックに繊細に描いてくださいと思う。
欲求も快感もほとんどない。行為の痛みと、見つからないかを恐れる気持ちはある。


途中で終わってるけど、だいたい結末は予想できる。
野中みゆきが亡くなった首藤恵理子の生まれ変わりじゃないかと工藤よしおが予感している場面があった。それが伏線になっていて、その予感が的中するんでしょう。好きで好きで死んでも死にきれなかった、だから野中みゆきとして生まれ変わって工藤よしおと出会ったんですと。
そんなにずっと俺のことを思ってくれたのかと。これこそ赤い糸の伝説だねと。それで二人はむすばれてめでたしめでたしチャンチャンと。
最初のほうのスーパーの開店の話はあんまりいらなかったな。退屈で長くて、しかもその後の話に関係してこない。

高校生といい関係になるのは憧れるし、そこは良かったなあ。でも前世とか重い話がくっついてくると困っちゃうかも。化けて出たっていう話だからね。
みゆきはなかなか魅力的な人物として描かれていて、そこはよかったです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR