NHK短歌テキスト 2015年5月号を読む  ~紅茶にコーラ混ぜてにやける、ほか

NHK短歌テキスト2015年5月号。



永田さんが「入選への道」で投稿歌の「体調のすぐれず家事も止こおり」という上の句について書いている所に印をつけた。
「これでは単なる説明でしかありません。こういう説明をしないで、具体に語らせることによって、作者のそのような状況を読者に納得してもらう、これが作歌の現場でもっとも大切なところなのです。」
として「咳いまだとれねば家事もとどこおり」と直している。
これに丸つけたということは、心当たりがあるわけで、気をつけたい。


てんでんに婆羅婆羅に宙に動きだす桜大樹の花のかたまり/佐伯裕子『みずうみ』
→という歌について佐伯さんが自ら書いている。
「婆羅婆羅」が宗教的だなあ。「宙」が宇宙を思わせて、さらに現実離れした感じになる。


見たままを表そうとする姿勢と、心の中で培養し変形させていく姿勢の二つが混ざり合うことで、「ふわっと飛躍する歌や内面に迫る歌が生まれてくる」と佐伯さんは書いている。


紅梅が見たしと思ふ 唐突にせつぱつまりし如くに見たし/石川不二子『牧歌』



死せる犬またもわが眼にうかび来ぬ、かの川ばたの夕ぐれの色/金子薫園『覚めたる歌』

→上の句で思い出している。「、」で切って下の句で現実に戻ってくるかなと思うと、もっと思い出している。犬に背景がくわわる。


君が胸の死せるがごとく静かなるその平面にわれは映りぬ/金子薫園『覚めたる歌』
→あなたはわたしに対して心を動かしてくれない、ということだと読んだ。
心が水面みたいだなあ。だが直接そうは書かない。静かで・平面で・人が映る、でそれっぽく思わせるにとどめている。


ラグビー場に来たりし姉のワンピース真白きを言ふ通夜の弟/秋山佐和子『彩雲』
→さっきの金子薫園の犬の歌に似ている。そういう歌がオレは好きなのだろう。
犬が姉になり、川ばたがラグビー場になり、夕ぐれの色がワンピースの色になったのだ。眼にうかべるのと、通夜で言うのはだいぶ違うけど。
ラグビーって土に汚れやすい競技だから、この白は引き立つ。



「現代うたのアンソロジー」は「砂」。少し前まで「現代詞華集」っていうタイトルのコーナーだったが、中身はかわらない。
「サハラ」も「ゴビ」も砂漠という意味の言葉だというのがおもしろい。

土砂降りの窓にあらわれ亡き父が茸のように崩れて笑う/佐伯裕子『ノスタルジア』
なんか今回は佐伯さんの歌ばっかり引いてる気がする。「茸のように崩れて」ってどんな感じなのか、よくわからないからいろいろに考える。立ち止まらせる表現があると、心に残る歌になりやすい。



入選歌、佳作歌から。

ニッポンの清く正しいわたくしが紅茶にコーラ混ぜてにやける/内山佑樹
→清く・正しいの二つが紅茶・コーラに対応しているかのようだ。「清く正しい」は馴染みのある言い回しで、紅茶とコーラは「こー」が共通していて語呂がいい。なんかツルッと入ってくる歌だ。
でも紅茶にコーラを混ぜるのはよくわからない。悪質なイタズラなのか、案外美味いのか。試さないけど。
よくわからんようなことが、ツルッと入ってくるのが面白いなと。


富士山が頭を出してくれるだらうたとへ日本が沈んだとしても/三玉一郎
→ああ、だったらそこに日本があったというのが忘れられずに済みますね。
富士山の頭だけになった日本を思い浮かべて、さみしいなあと思った。

斉藤斎藤さんの「日本」は、ピリッとした投稿歌がいくつもあってドキドキしながら読みました。


ごみ漁る鴉はわれを知り尽くし「こらっ」と叫べばちょいと飛ぶなり/渋間悦子
→「ちょいと」に鴉のナメた態度がよくあらわれています。


老い妻は仕草ますます可愛くてもう起きろよと吾が背蹴飛ばす/田中新一
→老いた妻をますますかわいいと思えるのがいいなあ。蹴飛ばされても幸せなんでしょうね。「ねえ起きてよ」とか色々言い方があるでしょうに、ここでは「もう起きろよ」という口調なんですね。


「独特な服だね」と誉めてくれた君この服はもう君の前じゃ着ない/猿回紐太郎
→短歌de胸キュンの「ファッション」から。
筆名にセンスを感じます。何かに似てると思ったら「玉袋筋太郎」だ。
誉めかたにもいろいろあって、ほとんどけなしてるような誉めかたもあります。それを察したんでしょう。

「ファッション」の歌はカタカナが多いです。わからない言葉もけっこうありました。


ジセダイタンカからひとつやって終わります。

仕事より帰れば家に花びらの位置ととのひてゐる夜の薔薇/近藤健一「風と重力」
→この、ととのっている薔薇と仕事する人というのは、同じこの世にありながらずいぶん違う生き方をしている。薔薇にとってはこれが生きるということだ。

牡丹花は咲き定まりて静かなり花の占めたる位置のたしかさ
は木下利玄か。







オレの歌がひさしぶりに佳作に載りました。小島ゆかりさんの選。

二人とも黒いコードを鞄から出してほどいて電車の他人/工藤吉生


んじゃまた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR