ぬらっ。選歌欄評おわり。もっとも気にとまった歌

ぬらっ。

今日は塔の選歌欄評をがんばった。塔の選歌欄の評を2880字書くのですよ。
少しやると疲れて寝たりした。急に気温が上がったことでつらかったし、頭痛もあった。
でもなんとか完成させた。これで依頼は完遂した。半年の依頼がおわった。お疲れさま、工藤さん。

毎月2880字の評を書くのがどんなものなのか経験できた。楽じゃないけど、できない量ではない。
「なんでオレのところには依頼が何も来ないんだ」と、かつては思っていたけど、実際来るとどうなるのかわかった。こりゃ来ないわけだなと。

あと、作品1と作品2では違うわね。評の書きやすさがちがう。1のほうが書きやすかった。



あとは、時々歌を引用してくださるブログの方がツイッターで話しかけてきてくれた。

「今日、気にとまった短歌」から http://t.co/Wni15nKuy3
オレの歌が「もっとも気にとまった短歌」7首に選ばれました。

歌が好きだと言ってもらえると、うれしいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR