◆工藤吉生(くどうよしお)の短歌まとめ・第十三期【2014年7-9月】20首

【第十三期】2014年7-9月。61首。
河野裕子短歌賞「愛の歌・恋の歌」部門で入選。現代歌人協会主催・全国短歌大賞で佳作第一席(田村元選)。短歌研究新人賞で候補作に選ばれた。


〈1〉
ズダラニズダラズラブニフ袋から取り出すダラズラブニフ愚か



〈2〉
ばらばらなブラスバンドの練習のそのばらばらに聞き入って春


〈3〉
これほどの歯痛に耐えているオレに世界はいやらしいほどしずか


〈4〉
匙なんぞ使わず直に飲みほしてなんぼのものだ煮え湯というのは


〈5〉
クリームの陽のあたる街ここに住む誰もが泣いたことのある人


〈6〉
爆破する音のテレビを物言わぬ男見ているその上に夜


〈7〉
アパートの扉に鍵をかけている女性をオレが電車から見た


〈8〉
プリンセスプリンセスのことを略すときンセスンセスという裏世界


〈9〉
うっかりと入って行くと晩飯をふるまわれそうな灯りの家だ


〈10〉
広告の集合である球場のすごくゆっくりしたファインプレー


〈11〉
おのおのの枝ひんまがる木の下で言われるままの愛であったな


〈12〉
礼というよりはつかのま下を向くくらいでよいと思われている


〈13〉
泣いているある時点から悲しみを維持しようとする力まざまざ


〈14〉
・ ・ ・ ・
四拍のゲンパツイラナイ
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
七拍のキレイナミヤギヲトリモドソウ


〈15〉
仙台の町にウサギとサンタいて看板を持つ「原発NO」の


〈16〉
「仙台駅」三文字「SENDAI STATION」十三文字で大差がついた


〈17〉
打ち出され釘に転がる銀玉の特にあっさり消えたものへの


〈18〉
近づけば夜のマンホールさざめいていつかは海になりたい汚泥


〈19〉
震災にヤマザキ春のパン祭り景品皿に傷ひとつなし


〈20〉
そこここに空を見ている人がいて青さを喜び合っている夢
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR