◆工藤吉生(くどうよしお)の短歌まとめ・第三期【2012年1月-3月】25首

【第三期】 2012年1-3月。254首。
このころ「うたのわ」での発表を開始。「うたらば」への投稿を開始。短歌の総合誌(短歌研究)を初めて買う。



〈1〉
世界から悲しいことをなくすため消えてもらった最初の一人


〈2〉
1ページめくるたんびに誰か死ぬ本を読み終え畦道を行く


〈3〉
何か言う時の形の口をして自分の番を催促してる


〈4〉
賞味期限過ぎてるものを朝昼晩食べて強気な態度で暮らす


〈5〉
ぷよぷよのように連鎖をして消えろ 展望台を埋めるカップル


〈6〉
鬼の面 年々かわいくなってきて豆がイジメになる日も近い


〈7〉
溶けきらぬ雪に近づきおもむろにカサを突き刺す子供の真顔


〈8〉
絵日記の中の家族が一列に並んで立って笑うのを見た


〈9〉
*「よくぞきた! そなたがつぎのレベルになるためには 9 かいまくらをぬらせ!」


〈10〉
この猫は元は人間だったけどなんかのアレでこうなったっぽい


〈11〉
指されてもわからないから黙ってる「座っていい」しか聞きたくはない


〈12〉
女という文字そのものが足をくみ腕を広げて誘ってないか


〈13〉
ものすごくギャグのセンスのあるガキの親が恥ずかしそうにしている


〈14〉
眠れるか不安はないかと繰り返す親の手紙のような調査だ


〈15〉
スネークよ緊急任務だ 包囲網くぐって団地でクソをするんだ


〈16〉
解答欄ずっとおんなじ文字並び不安だアイアイオエエエエエエ


〈17〉
「ばれなけりゃいいさ」と風呂で小便をすればなぜだかいつもより濃い


〈18〉
なぜならば面倒くさいことを避けラクをしようとしてたからです


〈19〉
殺人をしてしまったら殺人をしてない人に憧れそうだ


〈20〉
戦いに行きはしないが深刻なポーズをしてるガンプラとオレ


〈21〉
黄色い紙郵便受けに入ってて読んで捨てたらまたも黄色い


〈22〉
人生をやってることにはなってるがあまりそういう感じではない


〈23〉
リセットを押しながら切る電源のように最後は目をつむりたい


〈24〉
祈りとは声も指先も届かない者にダメ元で伝える手段


〈25〉
一方で ジャイ子はのび太を あきらめて 漫画を書いた ずっと一人で
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR