FC2ブログ

小川佳世子さんの「「うたつかい」という場について」を読んで

Fotor_155658693975042





現代短歌文庫(砂子屋書房)の『小川佳世子歌集』で「「うたつかい」という場について」という文章を読む機会があった。思ったことを書く。




はじめのほうで「うたつかい」についての紹介があって、それはいいんだけど途中から「違和感」の話になる。

「2.ぬぐえない違和感」は三つの段落からなる。
第一段落で正直なことを書かねばと言い、
第二段落で自分が短歌を作り始めたときの話をして、
かと思うと第三段落で《編集長はえらい》などと言ってからコピー「うたを読みたい、うたを詠みたい」とタイトル「うたつかい」を批判する。

うたつかいの「うたを読みたい、うたを詠みたい」というコピーについて
《あまりにも軽く感じられた。誰でもすぐ「うた」は読めるし、詠めるものであるのか、と》
と小川さんは言うけど、誰でもすぐ読める/詠めるなんてどこにも書いてないじゃないか。書かれてないものを批判している。

小川さんは「うたつかい」というタイトルを《生意気なのではないか》と言っている。
《「うた」をあたかも「魔法使いのように軽く使いこなしてしまうように思えた》からなのだそうだ。
「うたつかい」からはオレも「魔法使い」を連想した。それっていうのは、「うた」は「魔法」みたいに不思議で素敵ってことなんじゃないかなあ。「つかい」を「利用」の意味ととれば生意気かもしれないね。
でも、生意気ってマイナスなことかなあ。生意気といわれるのを恐れていたら、なにも新しいことなんてできないよ。
これを読む感じだと、小川さんには一生懸命が善で生意気が悪なのか。正しいんだろうけど、退屈な話だなあ。



「うた」がどのような歌のことを指すのかわからないと書いてあるけど、ページをめくればわかることだ。みんなが一つのものを目指しているわけではないと。



小川さんは牛隆佑さんの文章を引いて
《短歌の世界はヒエラルキーが主であったのだろうか? そうであっても、それはいけないことなのだろうか。》
って書いてるけど、こういうこと書かれると信用できなくなるよ。申し訳ないけど。
ヒエラルキーが主かどうかの話から、いけないかどうかの話にスキップしちゃってる。いけないなんてうたつかいで誰も言ってないじゃん。またこの論法だ。

賞の受賞者の作品を優先して引き、
《岡井先生に習っていこうと決心》し、
タイトルやコピーが一生懸命じゃなくて軽いから生意気っていう「違和感」を表明する。
そんな小川さんから、短歌の世界のヒエラルキーをビンビンに感じますよオレは。



《選歌や、評を受けて、少しでも良い歌を作れるようになりたい、そうは思わないのだろうか。》
思わない人もいますよ。いろんなひとがいるんですよ。


《投稿した歌がただ並んでいるということは、選歌のないツイ
ッターの歌がそのまま紙媒体に載ったというだけのことではないだろうか。》

その「だけのこと」が大きいんですよ。
縦書き横書きの違いもある。タイトルをつけて五首という制限もある。一番ちがうのは、ツイッターとは読む人がちがうこと。フォロワーじゃない人も読むわけだから。
「だけのこと」のなかに(すぐ思いつくものだけでも)これだけの違いがある。


「うたつかい」に前号評が載らないのはたしかで、それは特徴と言えるわけだけど、だからといって評を拒否しているわけではない。毎号さいごのページにあるように、ハッシュタグを使って感想を書くことが推奨されている。そういうのも読んで理解してから論じてほしい。
ハッシュタグとか言ってもわからないかもしれないけど。

《「うたつかい」に批評はない》とそのあとも何度か書かれるけど、間違いなので指摘しておく。誌面に出ないだけだ。
オレはかなり前からこのブログに「うたつかい」について書き続けているんだよ。それが無いことにされたらムッとするよ。



《ヒエラルキーをなくそうとしている「うたつかい」が受賞者を多く出しているのは皮肉なのだろうか》
は腹が立つ一文だ。なくそうとしているなんて誰も言ってない。
オレはうたつかいを第4号から全部読んでるけどそんなこと書かれてなかった。

《ヒエラルキーが「うたつかい」にはないと牛は述べている》
ってあるけど、2015秋号の牛さんの文章を読みなおしてもそんなこと書かれてなかった。
牛さんは慎重に言葉を選んで書いたのであって、その慎重さを剥ぎ取ったら別のものだ。小川さんは「ヒエラルキー」にずいぶん強く反応している。

ヒエラルキーが主ではないことと、
ヒエラルキーがないことと、
ヒエラルキーをなくそうとしていること。
これらをイコールで結ぶのは無理というものだ。こういうことをしてると読者の信用をなくしてしまうよ。読者っていうか、オレの信用は。

小川さんの言う通りなら、ヒエラルキーがない場所には誰も文章を書いちゃいけない、短歌を引いて紹介しちゃいけないってことになる。めちゃくちゃだ。
そのあと「いや、思い直してみると」って意見を変えて、ぐらぐらしている。「いや」ではわからないよ。

なぜか賞のことをしつこく言ってくるけど、うたつかいとは関係ないと思うよ。ちがうものをくっつけようとしてがんばったってくっつかない、ということをやっているのがこの文章だ。
その「皮肉」によって小川さんが賞をヒエラルキーととらえていることはよくわかった。


さまざまな場所があって、歌人は柔軟に行き来しているのですよ。
うたつかいを結社と両立させている人もいれば、雑誌や新聞への投稿と両立させている人もいれば、賞への取り組みと両立させている人もいる。同人誌、ネットプリント、ツイキャス、ネット歌会、その他さまざまな場所のなかに「うたつかい」もある。そのなかで自由に歌人は活動しているんですよ。




そのあと新鋭歌人シリーズについて書いてあって、なぜかそこから「うたつかい」に肯定的になって閉じていく。「いろいろ考えていくうちに」とあるけど、小川さんの頭の中でなにが起きてこうなったのかはわからない。短歌の場の形成に関わっているからOKってこと?

よく調べて、
正確に引用して、
読者がついていけるように順序だてて書いてほしいものだ。



小川さんのこの文章に対するリアクションをツイート検索して見たけど、『うたつかい』を取り上げてもらえてよかったというのが大半のようだ。それ以外のところが書かれてないようなので書きました。

うたつかいの皆さんに伝えたいことなのであれば『短歌往来』や『現代短歌文庫』に書くことはないわけだけど、短歌往来や現代短歌文庫の読者にはどう届くのだろう。


好意はわかるんだけど、それでもちょっと信用はできないです。文のなかの数字に間違いがあるという指摘も聞きました。
空回り、というのはこういうことなんでしょう。好意で車輪を回してるんだけど、車輪が地面についてないから前進しないんです。



同じ本に田中槐さんの連作についての論も載ってるんだけど、これも納得してません。『未来』で読んだときにイライラしました。なんでこの例歌からこのようなことが言えるのかわからない。
納得できないのはオレが田中さんの作品を熟読していないせいかもしれないので、そっちについては保留にしていたところだったんです。



以上です。
スポンサーサイト



プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR