FC2ブログ

au WALLETを使った/ポイントを貯めはじめた

1/31
スマホの機種変更にともなうサービスで、au WALLETを一万円ぶんいただいた。チャージして買い物に使えるカード。今日カードが届いたので、さっそく手続きした。ためしにマクドナルドで使って食べた。

そんで、会計のときにカードを自分でシュッと機械に通すんだけど、角度や速さが合わないと読み取れないみたいで、何回もシュッてした。それがなんか嫌で、使いづらいカードのように感じられた。

しかも、サラダに胡麻ドレッシングを頼んだのに玉ねぎドレッシングできた。黙ってそれで食べた。おいしくなくはない。

マクドナルドにくる客なんか見たくないので、窓に近い席で外のほうを向いて食べた。

最近、サイドメニューはサラダに変えてるんです。
でもチーズは好きで、新メニューに弱くて「白星ダブダブチ」という変な名前のものを頼んだ。面白くしなくていいから、頼みやすい名前にしてもらえると助かる。ボリュームあって美味しかった。

で、勇気をもって変な名前の新メニューを頼むと、向こうは言いやすい略称で反復してくるんだよ。
ここにからくりを感じる。

オレの次の人は年のいった男性で、言われてることが理解できないらしく、ついに「年寄りだからわかんないんだよ」と言った。店員さんは「すみません」を一言ごとに挟みながら接客していた。

しかしまあ、カードに一万円入っているというのは気分がいいものだ。他人のカードを使ってるみたいにワクワクする。
サイトで確認したら、使ったぶんが減っていた。しっかりしてやがる。





2/7
先日、一万円ぶんのポイントの入った「au WALLET」のカードを機種変更の特典でいただいたんだけど、それがきっかけでウォレットのポイントについて興味をもった。

どうやら、いろんな方法でポイントを増やせるみたいなんだよね。まず、「ガチャ」があって、最大一万ポイントがあたる。やってみたらハズレだった。ほとんどハズレらしい。

ほかに、動画を見るとポイントをもらえるとか、なにかに登録したらポイントをもらえるとか、ゲームしたらポイントをもらえるとか、いろいろあった。

動画を見てポイントを得るやつは、動画を5回みたら1ポイントで数制限があるとか書いてあって、サーッと後ずさりした。

登録するやつはこわいなあ。用もないところに個人情報打ち込みたくないよ。迷惑メールだらけになりそう。

というわけでゲームやってみた。そしたら、どこかで見たようなゲームばかりでつまんなくて、すぐ嫌になってしまった。わびしい虚しい気分になった。
ぷよぷよそっくりのゲームがあるんだけど、モッサモサの動きで、とてもやってられない。文字通りの罰ゲームだ。
いくつかやったけど創造性のかけらもない。ゲームやっててこんなに退屈したのは初めてだ。
ゲームは好きであるだけに、悲しみが深い。わずかなポイントのためにこんな、噛み終わって吐かれたガムみたいなゲームをプレイした自分を恥じた。

そういうわけで、ポイントはあきらめた。ガチャだけは回そう。

ガチャ、すごい低確率らしいんだけど、ノーリスクで簡単にできるのがいいな。
いくら低確率でも、オレだけは当たる気がするんだよ。……って、回してるみんながそう思ってるのかもしれないが。

ポイントのためにつまらんゲームするくらいなら、部屋を片付けたらいいんじゃないかと思ったね。運がよければ100円玉とか見つかるかもしれない。なにもなくても部屋がきれいになる。







2/26
auのガチャで5等1ポイントあたった
2/7からやってるから、およそ20回目。はじめてポイントをもらった。






2/27


au WALLETのポイントを貯めている。

■CMを見てポイントを貯めるやつ、やってみた。途中で選択肢がでてくるし、ちゃんと見てないといけない仕組みになっている。でもまあとりあえず1分程度で1ポイントを得た。好きな音楽とか動画を流しながら片手間でやってみるか。
15分やって6ポイント。こんなもんか。
まだまだあるけどかったるい。

途中で選択肢がでるのがほとんどで、ときどき選択肢のない長めの動画がある。キャッシング、健康食品、美容、珍しいところでは、公文式もあった。

うまくやって1時間で20ポイントだとして、時給20円か。寝ながらでもできるやつだから、安いとばかりもいえない。

途中で選択肢がでるのは、授業中に先生に指されるみたいな感覚だ。選択肢で動画の内容が変わったりはしない。アンケートとして向こうにデータはいくんだろう。



28分8ポイント。1時間で20ポイントもむずかしい。

読書しながらできるかやってみた。できないこともないが、集中して読むのはむずかしい。

プロレタリア短歌の本を読みながら広告動画をひらいて1ポイントずつ得ている。



■動画でためる、やってみた。15-30秒の動画5本みて1ポイント。ゲームの動画が多めかな。途中で選択肢がないのはいいが、時間はかかる。

ほとんど動かない、やる気のない動画もあった。「しじみ生活」の動画は静止画で湯気だけ動いていた。

まあ楽といえば楽。1日5ポイントまでと決まっている。



■チラシでためる、やってみた。すぐ1ポイントを得られたが、これは抽選で、抽選にはずれると0、あたると最大10。一日二回。




■じゃんけん、ボウリング、おみくじ、うまくいくとすぐ1ポイントを得られるミニゲーム、どれも失敗。意味ねえ。12時間に一回。



30ポイントほど増えた。二時間かかっている。慣れればすこしは早くなりそうだが、地味だなあ。



貯まっていたポイントをカードにチャージした。うむ。ちゃんとできた。100ポイント単位でチャージできる。



■プラスポイント登録をして「auコレトク」というアプリをいれた。ここまできたら引き返せまい。
プラスポイント登録によって獲得ポイントが二倍になった。そりゃ同じCMを見るならポイント二倍のほうがいい。なんか情報抜かれてるけどauの公式なら、まあいい。メールアドレスは警戒してサブのほうで登録した。


「auまちモニ」というアプリも入れたが、ポイントをもらえるのは最初だけで、そのほかはあんまり利点がよくわからない。



■ゲームでためる、やってみた。以前はつまんなくてやめたが、再びいろいろやってみたら、新感覚なものもあり、そこそこ楽しめる。楽しめることとポイントが貯まることは別だ。

なんとか、ゲーム内の抽選券を100あつめて抽選をやってみたら、1ポイントだった。しょうもない。1ポイントのためにどれだけ時間かかるんだ。ちょっと楽しかったけどさ。

これもまあ、立ち回りとゲームの腕次第では効率が良くなるだろう。100抽選券得るまでの時間を測って、自分の中での記録に挑戦してみるのもよいだろう。

お気に入りに登録したゲーム

▽検品KING
▽節電マンション
▽二角どり
▽プレブロ
▽大草原靴とばし
▽ファンシーダイバー
▽おむすびピセリころりん
▽マス埋め計算ゲーム

おもしろくても抽選券になりづらいものは登録しなかった。その逆でつまんなくても抽選券になるのは登録した。
ランキングでは上位だが「夜空のキャンパス」とか「くるくるズー」は好きじゃないなあ。
にゃんぱーとか怪盗フォックスはおもしろいけど抽選券までいけない。


■アンケートでためる、やってみた。ジャンジャン適当にこたえてポイントを得た。
そしたら答えられるアンケートがなくなった。
不定期に配信されるとのこと。



■アプリやなにかの登録でポイントを得るやつも一度だけやってみようとしたが、めんどくさくてやめた。
なんとかという音楽配信サイトの無料体験に登録するとポイントをもらえるやつなんだけど、登録がめんどくさいのと、登録解除しないと月額料金が発生するとかでなんだかやめてしまった。


この日いろいろやって200ポイントくらい増えた。






https://niwadehio.com/auwallet/
詳しいサイトをブックマークに入れた。



▼▼▼



【こっちもおすすめ】

noteのほうでは、ブログでは読めない内容の記事をたくさんアップしています。





依頼こなし日記 2019.2/15-19  ~大きなミスをおかした
https://t.co/xIdEi2iCqy

依頼こなし日記 2019.2/20-22  ~静けさ静けさ
https://t.co/KFqHhIJgdr

依頼こなし日記 2019.2/23-24   ~原稿料はどうなっていますでしょうか
https://t.co/mnDopasDTs


2018年8月のオレの短歌とその余談/連作の歌のつなぎ方
https://t.co/A139XJ2pSk

2018年9月のオレの短歌とその余談
https://note.mu/mk7911/n/n51fbc96372ea



などなど、
500円ですべての記事(約100記事)が読めます。よろしければどうぞ。





スポンサーサイト



プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR