FC2ブログ

「未来」2017年8月号を読む  ~あたらしい臓器のように、ほか


「未来」2017年8月号。



凍らせて忘れておりし豚足を持てば怪しき霧をまとえり/佐伯裕子



海岸に寄する無数のかずしれぬ波ことごとく助けてといふ/山田富士郎「転送」

→「無数の」「かずしれぬ」「ことごとく」は多少しつこさがあるが、寄せてかえして寄せてかえす波の終わらないところに関係しているのだと、とりあえずはとっておきたい。
初めは海で亡くなった人の声とうけとったが、そうじゃなくても成立するか。



救世主待望するは病なり病なくしてわれわれはなく/山田富士郎「転送」



シャンソンのプロの日々など想像のほかにてあれば耳飾り見つ/中川佐和子「卒業タイル」

コルク栓をデッサンしてる彫刻家そういう時間はたいせつなはず/大滝和子

→シャンソンのプロだったり、彫刻家だったり。歌が遠くのものを引き寄せて見せてくれる。引き寄せてもよく見えないところもあるけれども。



望遠鏡どれも同じに傾いてビックカメラの天井を映す/岡崎裕美子
→「望遠鏡」から想像される、宇宙・星・神秘……みたいなものが二句以下で裏切られる。現実をつきつけられる。



あたらしい臓器のようにふるえだす真珠の色のスマートフォンは/中込有美
→スマホが体の一部みたいになるのはよくわかるが、「臓器」ときた。臓器って体の内部にあるもんだと思ってたから、おどろきもある。スマホのバイブが、命あるゆえの人体の動きと重なる。
臓器ってスマホみたいに震えるのかなあ。いや、あたらしい臓器だからほかの臓器とは震え方もちがうのか……。



若くして頭髪薄い先輩がふられたらしいのではげました/価格未定
→最後の五文字が空欄になって「ペケ×ポン」の穴埋め問題に出てきそう。
しょうもないが、よくできている。



この人がわたしを褒める心情のマヨネーズつく箸で混ぜる汁/竹中優子
→下の句に新鮮味がある。デリカシーがないおおざっぱな人なんだね。ほめられてもあまりうれしくないわけだ。

あんなにもやさしく触れたはずだった指のかたちに傷む白桃/しま・しましま
→こちらはこまやかな歌。しかしそれでも傷つけてしまう。
マヨネーズつく箸で汁を混ぜるような人がさわったらもっともっと傷めてしまうね。



引きずっているのか付いてくるのかが分からぬままに雨上がりゆく/平岡ゆめ



なるようにしかならぬと独りごち行けばすれ違いざま人はくさめす/福島照子





以上です。この本おわり。


『未来』に載ったオレの短歌のまとめはこちら。
http://matome.naver.jp/m/odai/2145087691179204501




んじゃまた。



▼▼▼



■工藤吉生(くどうよしお)の短歌・自選50首 +プロフィール
http://blog.livedoor.jp/mk7911/archives/52107166.html






第57回短歌研究新人賞候補作「仙台に雪が降る」全30首
https://t.co/2qhYBXq6hv

2017年8月のオレの短歌とその余談【前編】|mk7911|note(ノート)https://t.co/wu2trBY3LV

2017年8月のオレの短歌とその余談【後編】|mk7911|note(ノート)https://t.co/LoL07dV8dZ

短歌パトロール日誌【最終回】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n41c835707189

最近読んだ戦争関連本11冊を5段階評価する|mk7911|note(ノート)https://t.co/mymQd04Grj


「工藤の有料マガジン」は500円ですべての記事が読めます。
よろしくお願いいたします。










スポンサーサイト



プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR