角川「短歌」2016年9月号を読む  ~なれそめ語りはじむる母は、ほか

角川「短歌」2016年9月号。一ヶ月おくれでやっていく。


物かげに入りて人の名かきをへぬおもしろしひとりの名をかくところ/馬場あき子「曇りときどき晴れ」


安酒に酔ひて嫌ひなひとの歌つひにけなせりここより地獄/馬場あき子「曇りときどき晴れ」



汗の理由ああ嫉妬かと気付くとき一気に襲う川の反照/松平盟子「雨音の瀧」

→嫉妬で汗ってかくかな。オレの経験しない激しい嫉妬だ。川までがぎらぎらと反応する。


窓の外を鈍痛のようなもの過ぎり朝の机はとっさに暗む/江戸雪「夜にぶらさがる月」
→鳥かなにかなんだろうけど、はっきりそうは見ていなくて、机が暗くなったことでそれに気づいたのだ、と見た。
「鈍痛」がいい。鈍痛におそわれると目の前がはっと暗くなるような気がする。
「とっさに」の使い方もおもしろくないですか。机に意思があるようで。


神々の塗り絵のような原色の魚の群れが頭上を越える/伊波真人「夏の浮力」



特集は「次の一歩を踏み出すために」で、第一歌集を出した人を対象としたものだけど、読むとおもしろい。


自己模倣についての服部真里子さんの言葉が印象的。
「自己模倣をやり尽くした時にこそ、何かが極まって前に進むことがあると思うんです」
「人間は、生きている限り日々変わっているわけじゃないですか。どんなに自己模倣しているつもりでも、自然と変わっていくと思うんですね。」


オレは正直自分の歌に飽きかけているっていうか、いつまでこの感じでやってるんだろうって思うこともある。でもだからって本のページをめくるみたいに次に行けるわけじゃないし、どうしたものだろうって思ってたんだよね。
でもまあ色々読んでると、やりまくっていくしかないのかなと。

そのへんに関しては、少しまえに松村正直さんが「自分の歌に耐える」ということで書いていたのも心にのこっている。
https://t.co/eaiJ8P3Gx6



生きの日の母のやさしき声のごとゆふべの池に立てる小波(さざなみ)/林田恒浩「「茫々」とは」


鳩のようなきれいな顔があらわれてストレッチを一つおしえてくれる/永井祐「いろいろな7首」

→鳩というだけで公園にいる気がした。
こういうことはある気がする。妙に納得してしまう。ストレッチを教えてくれる人は平和なおだやかな人にちがいない。


ネカヂといふ言葉のこれり飢ゑのため眠られぬ夜の苦をいふ〈寝渇(ねかぢ)〉/柏崎驍二
→常に「厚切りバナナバームクーヘン」が部屋にあるオレからは想像できないことだ。言葉の響きからも厳しさを感じる。言葉があるということは、その背後にたくさんの飢えに眠れぬ人がいる。


落葉また落葉のひと日ゆふされば落葉のうへに降りしづむ闇/柏崎驍二



〈上田字豚小屋〉といふ地名改め〈緑が丘〉にわが陋居(ろうきょ)あり/柏崎驍二

→「陋居」とはみすぼらしい家、ぼろ家のことだという。だとすれば豚小屋のほうが近いが、豚小屋とはすごい地名で、変えられてしまうのもわかる。でもそれにしても「緑が丘」は平々凡々としている。大事なものが失われたような気がする。



墓石と竹藪照らししづかなり月を離れし月の光は/伊藤一彦



プロコフィエフきみの好める作曲家プロコフィエフはいかに覚えむ/西澤孝子

→題詠「記録」から。
クラシック音楽になじみがない方なのだろう。しかし「きみの好める」ものだから覚えようとしている。そこが健気でいい。


父の余命告げられ帰る車内にてなれそめ語りはじむる母は/石橋佳の子
→しみじみと、こういうことはありそうだと思った。
秋葉四郎さんは「人の機微を詠って精深」と評する。なるほどそう言えばいいのか。
歌もそうだけど、評の言葉にも「風格」みたいなのを感じることがある。
最近は佐藤佐太郎の「茂吉秀歌」を読んでるんだけど、褒め方にいちいち重々しさがある。







オレはこの本では題詠「記憶」に一首載っています。

「ああいうふうになっちゃだめだ」と十歳のころに言われた指をさされて/工藤吉生

中地俊夫さんから
「どんなに傷つけられたことか。これはもう苛めを越えている」
とコメントいただいていた。ありがとうございます。



んじゃまた。
スポンサーサイト
プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR