診断メーカー「あなたの恋を花に変えてみったー」から短歌をつくった

診断メーカーというツイッターの遊びがある。ランダムで言葉がでてくる、一種の占いだと思ってもらうといいのかな。

昨日は「あなたの恋を花に変えてみったー」というので遊んだ。
その文章がなかなかに詩的だった。



工藤吉生さんの恋を花に変えると、トパーズで作られた、可憐な一輪咲きの花になります。花言葉は『君のために死にたい』です。
https://t.co/qzQO7lLx0c
重いなあ。


ぬらっさんの恋を花に変えると、血のように赤く染まった、妖艶な一輪咲きの花になります。花言葉は『欲望の果てに愛は残るのでしょうか』です。
https://t.co/qzQO7lLx0c
いいセンスしてるねえ。昼ドラのコピーみたいだねえ。


mk7911さんの恋を花に変えると、ターコイズで作られた、妖艶な一輪咲きの花になります。花言葉は『二人で堕ちていく』です。
https://t.co/qzQO7lLx0c
石から花を作ってるのかねえ


これにアイデアを得て、短歌化してみた。診断メーカーの文章だけを組み合わせて短歌をつくった。



欲望の果てに残った一輪の赤く染まった愛になりたい/工藤吉生



欲望の果てに一輪 血のように染まった君のために死にたい/工藤吉生



残るのでしょうか、可憐なトパーズの二人で堕ちていく欲望に/工藤吉生



作られた一輪咲きの花になり『言葉は君のためになります』/工藤吉生





こういう遊びの時くらいしか未発表の短歌をツイッターに出したりしない。
回文とかアナグラムとか折り句はほぼやらないけど、こういう遊びはたまにやる。



んじゃまた。
スポンサーサイト
プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR