現代歌人協会主催 第43回全国短歌大会の賞状をもらった


「第四十三回全国短歌大会選歌集」を読む  ~なまえはなんというのでしょうか、ほか http://blog.livedoor.jp/mk7911/archives/52111961.html

のつづき。


現代歌人協会主催の第43回全国短歌大会の賞状をもらった。


幸せなあちらのオレが今ここのこのオレを思いぞっとする夜/工藤吉生
(田村元選・佳作第一席)

という歌で、賞状をいただいた。画像参照。

賞状は三枚目。今までのなかでは文面が最も平凡だが、字が大きくて迫力がある。



賞状はクリアファイルに入っていた。この前の与謝野晶子短歌文学賞のときもそうだったし、そういうものなのか。賞状の立派さと、クリアファイルの日常的な文房具的な感じがオレのなかではバランスがとれていない。
賞状よりクリアファイルのほうが役に立つ。が、賞状も、もらって悪い気はしない。がんばろうと少しは思う。

オレは賞状を並べて飾ったりはしない。部屋は名画のジグソーパズルでいっぱいだ。一ヶ所にまとめている。









今までもらった賞状リスト(リンク先に画像あり)

「短歌生活 4号」を読む  ●第四回「角川全国短歌大賞」作品集 : ▼存在しない何かへの憧れ http://blog.livedoor.jp/mk7911/archives/52034182.html

祈っても祈りきれない祈りありコップのふちに蝿うずくまる/工藤吉生
(馬場あき子選 秀逸)





第二十回与謝野晶子短歌文学賞・選歌集を読む  ~柚子を裸身の胸元に、ほか : ▼存在しない何かへの憧れ http://blog.livedoor.jp/mk7911/archives/52104502.html

楽曲が人間ひとりの一生と感じられればその死まで聴く/工藤吉生
(伊藤一彦選)






ちなみに、現在とある賞の入選の内定をいただいているので、早ければ年内にも、もう一枚賞状がくるかもしれない。その時にまた記事にします。



んじゃまた。

スポンサーサイト
プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR