『それでも、日本人は戦争を選んだ』、のらくろ【2017.7.21】


この一週間くらいの近況をまとめる。
短歌を読むのがいやになってきた話と、歴史の本のことが中心。








本を買ってきた。

永井均・内田かずひろ『子どものための哲学対話』
吉本隆明・糸井重里『悪人正機』
加藤陽子『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』
半藤一利『日本のいちばん長い日』
半藤一利『昭和史残日録』

ほかにも読みたい本が多数ある。昭和に興味がある。



短歌の本を読む気にならないので「未来」以外は今月末までしばらく止めてみる。禁止したら読みたくなるかなと思って。



▼のらくろ



いま読んでいる昭和史の本、半藤一利『昭和史残日録』に、「のらくろ」のことが出てきた。

そういえば、オレの小さい頃はテレビでのらくろのアニメがやってた。フジテレビ系の日曜夕方六時。いま「ちびまる子ちゃん」がやってる枠で。ひさしぶりに見たくなって探してみた。



"Norakuro - Volume of the Great Escape"
https://youtu.be/DjGOSnzwCNg
YouTubeで「のらくろ」見つけたが、1970年とあるし、オレが見てたやつとは違う。コミカルだけど、完全に戦争のアニメだ。
犬と猿が戦争していて、なるほど犬猿の仲というわけだ。軍人しか出てこないアニメだ。
のらくろの声が大山のぶ代だった。



のらくろクン(00:20:18) #sm5626707
http://nico.ms/sm5626707

ニコニコ動画で見つけた88年の「のらくろクン」。どうやらオレが子どものころに見てた「のらくろ」はこれらしい。80年代のアニメらしいドタバタぶりだ。ちょいエロ。戦争のおもかげがない。

この「のらくろクン」はのらくろの孫だという。舞台が80年代になってるし、完全に別作品。のらくろは存在感が薄くて、いてもいなくてもいいような役になってる。
これを見て「のらくろならアニメで知ってる」と思ってたわけだな。


1931年に漫画の連載が開始されたという「のらくろ」。1970年に戦争アニメだったものが、1988年に現代を舞台にしたギャグアニメにリメイクされている。1931年から1970までの39年と、1970年から1988年までの18年。



"のらくろ二等兵"
https://youtu.be/e1SoFKpZN1k
1935年のアニメだというが、動きがなめらか。あるくときの効果音がかわいらしい。文字は右から読む。弁士がひとりで何役も演じ分けている。



▼それでも、日本人は戦争を選んだ



加藤陽子『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』を読みはじめた。授業の形式で書かれている。ときどき学生の声がはさまっている。

タイトルよりも冷静な本だ。序章ではさまざまな世界の歴史上の出来事を参照しながら、歴史から学ぶということについて説かれている。
悪い歴史を繰り返すまいとして歴史を参照して決断しても、広い視野で歴史を見ないと判断をミスしてさらに悪い歴史をつくってしまうことになる、という話もあった。
戦争は相手国の憲法を書きかえるものだとルソーが言ったという話もあった。



加藤陽子『それでも、日本人は戦争を選んだ』読みおわった。このぶあつい講義を五日で聞いた中高生たちはたいしたものだな。


『歴史をつかさどる女神クリオは、女神のうちで最も内気で控えめで、めったに人にその顔を見せなかったといいます』
『歴史とは、内気で控えめでちょうどよいのではないでしょうか』

加藤陽子『それでも、日本人は戦争を選んだ』








『食器と食パンとペン』をひさしぶりに読んだ。ページの隅のほうが変色しはじめていた。
覚えてなかった歌やイラストが多くて、あたらしく読むような気持ちで読んだ。




本屋に行ったら欲しい本がたくさんあった。


半藤一利『学び直し大平洋戦争』四冊。
ふりがながあるし字が大きい

半藤一利 加藤陽子『昭和史裁判』

加藤陽子『戦争まで』

山岡荘八『小説 大平洋戦争』

鳥居民『昭和二十年』というシリーズの文庫本13冊

半藤一利『昭和史』前半

半藤一利『B面 昭和史』

保阪正康『昭和天皇実録 その表と裏 大平洋戦争編』







また本を買っちゃったよ。
こないだ五冊買った本を三冊半読んだところだったが七冊買った。



1.五島美代子『そらなり』
短歌は今月は読まないつもりだったが、薄くてベストセレクションみたいな内容だったからつい買った。


2.松尾スズキ『現代、野蛮人入門』
新書。松尾さんはおもしろい。


3.齋藤孝『声に出して読みたい論語』
論語の入門書がほしかった。字が大きいのがいい。高校生のころに声に出して読んだ記憶がある。


4.橋本治『いま私たちが考えるべきこと』
タイトルが大きそうだったから。 しかし橋本さんってかならず前書きに「この本には役にたつことは書いてありません」って書くね。半歩引いてしまう。



5.爆笑問題『爆笑問題の戦争論』
田中が戦争の概要を語り、太田がボケていく漫才が書いてある。
たのしく復習するにはちょうどいい。



6.加藤陽子『とめられなかった戦争』
NHKの番組からできた本らしい。字が大きいのが良い。
これをきっかけに、加藤陽子さんの関係するYouTubeの動画を見た。



7.保阪正康『あの戦争は何だったのか』
新書。興味のある著者だが、読むのははじめて。




▼短歌への倦怠感



短歌への倦怠感があるし興味が他のことにあるため、今月は『未来』以外の短歌の本を読まない月にしようかな、って思っていたが、短歌の本をいただくと迷いがでる。オレが歌人だから短歌の本が届くのだ。読まないと申し訳ない。いつか読んで感想は書きます。

みんなおもしろい短歌ならいいんだけどな。
おもしろくない短歌を見たときに、自分で気づかないうちにMP(精神力)を削られるのかもしれないな。

おもしろければおもしろいで、嫉妬したり自分の無力を痛感するとやはりMPを削られる。
人は人、なんだがなあ。余計なことを考えずにもっと純粋に楽しみたいものだ。




短歌研究新人賞に落ちたのでがっかりした。次席にもなっていない。

落ち着くために散歩して短歌をつくった。そしたら15首できた。
短歌の世界のいろんなことが嫌になってきたし読むのがだるいが、短歌そのものは相変わらず好きなのがわかった。




▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました



短歌パトロール日誌【5】6/14-7/17|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n648c9e855c73

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)

https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd
noteを更新しました。裏話です。


なりすましアカウント騒動|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/nddf9ca3db36c

すぐに消されたエアリプにこたえる|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n16ba35458c13

帰ってきた汚染歌人
https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69


工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。










スポンサーサイト

ぬらっ。女神クリオ

ぬらっ


ピクシブに短歌をまとめている人を見た。
ふむ、そんなことができるのか……。


新聞や雑誌のいくつかに投稿した。
角川短歌の「角川歌壇」に、いつのまにか所属結社を書く欄ができている。選に影響するんだろうか。



加藤陽子『それでも、日本人は戦争を選んだ』読みおわった。このぶあつい講義を五日で聞いた中高生たちはたいしたものだな。


『歴史をつかさどる女神クリオは、女神のうちで最も内気で控えめで、めったに人にその顔を見せなかったといいます』
『歴史とは、内気で控えめでちょうどよいのではないでしょうか』

加藤陽子『それでも、日本人は戦争を選んだ』



本屋の歴史の棚にいると、ほしい本がたくさんある。タイトルはうろおぼえ。
半藤一利『昭和史』前半
半藤一利『B面 昭和史』
保阪正康『昭和天皇実録 その表と裏 大平洋戦争編』
岩波ブックレット 半藤一利『昭和天皇実録からわかる戦争』
岩波ブックレット 『伝える 戦場のリアル』



▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました



短歌パトロール日誌【5】6/14-7/17|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n648c9e855c73

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)

https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd
noteを更新しました。裏話です。


なりすましアカウント騒動|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/nddf9ca3db36c

すぐに消されたエアリプにこたえる|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n16ba35458c13

帰ってきた汚染歌人
https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69


工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。

ぬらっ。7/19

ぬらっ



昨日のつづき。
お知らせアカウントがロックされていたが解除した。
チェーホフがロックされていて、解除した。

とりあえずこれくらいのアカウントが動けばOK。






7/20になった。あと一ヶ月後に山がふたつある。






外に出たくなって夜の散歩をした。いくつかある散歩コースのなかで、夜に行ったらこわそうな人通りのないコースを歩いた。それほど怖くならなかったし歌もできなかった。






『爆笑問題の戦争論』読み終える。
7冊買ったもののうち1冊を読み終わった。







自分の古いツイートを読む機会があったが、なんとも生意気だった。こりゃ嫌われるわけだ。お恥ずかしい。



▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました



短歌パトロール日誌【5】6/14-7/17|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n648c9e855c73

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)

https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd
noteを更新しました。裏話です。


なりすましアカウント騒動|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/nddf9ca3db36c

すぐに消されたエアリプにこたえる|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n16ba35458c13

帰ってきた汚染歌人
https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69


工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。

ぬらっ。ロックとロック解除

ぬらっ



ツイッターでごたごたした。
アカウントが一時的にロックされることが頻発した。たくさんアカウントがあるから面倒だ。
メインは異常なし。
サブアカがロックされていて、ロック解除した。
自作bot2が凍結されていて、解除申請した。これは最悪、凍結されたままでもいいや。自作のbotがそもそも多すぎるんだ。
自作bot1がロックされていて、ロック解除した。
自作bot3がロックされていて、ロック解除した。
枡野botがロックされていて、ロック解除しようとしたらあちらの問題でエラーがでた。待つ必要があり、待って解除した。
名歌を集めた短歌bot、現代短歌botもロックされていたので解除した。
ほかにもロックされてるのかもしれないが、確認するのが面倒。

なりすましの@nurat_tanka9 が凍結されていた。ざまみろだ。







短歌研究新人賞に落ちたのでがっかりした。次席にもなっていない。

落ち着くために散歩して短歌をつくった。なんだかんだで一日に15首つくった。短歌の世界のいろんなことは嫌になってきたし読むのがだるいが、短歌そのものは相変わらず好きなのがわかった。





▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました



短歌パトロール日誌【5】6/14-7/17|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n648c9e855c73

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)

https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd
noteを更新しました。裏話です。


なりすましアカウント騒動|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/nddf9ca3db36c

すぐに消されたエアリプにこたえる|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n16ba35458c13

帰ってきた汚染歌人
https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69


工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。

半藤一利『昭和史残日録』を読んだ+ちょっと短歌のこと


半藤一利『昭和史残日録』を読みおわった。おもしろかったな。ちくま文庫、2007年。
この著者の本は初めて。昭和のはじめの年から、昭和20年までの出来事が名言珍言でまとまっている。ひとつの事柄が1ページでコンパクトに書かれている。


昭和のほかに「上治」という年号も提案された、というところから始まる。
昭和三年には「清き一票」という言い回しがあったことを知った。
「位置について、ヨーイドン」というかけ声が昭和三年に決まった。それ以前は「支度して、用意」などと言われていたとか。
そういうことが書いてある本。

それがみるみる戦争の色が濃いものになっていく。
昭和五年生まれの著者の体験も書かれている。
文学関係の話題もある。愛国百人一首を暗記させられた体験が書かれている。「思い出せるもののいくつかを」と、三首を書いていて、ほんとに覚えさせられたんだなと思った。


流行歌や替え歌についても書いてある。そういうのも、この人はその時代を本当に生きてたんだなと思う。「ぜいたくは敵だ」の「敵」のうえに「素」と落書きされていた話とか。歴史年表に必ずしも出てこないような話がいい。


『敷島の大和心を人問はば朝日に匂ふ山桜花──本居宣長の歌より名づけられた敷島隊(五機)、大和隊(六機)、朝日隊(二機)、山桜隊(二機)が、史上はじめて編制された神風特別攻撃隊である。』
と書いてあった。これ知らなかった。こんなふうに短歌が使われうるっていうのを知った。

(「だるい隊」「せつない隊」とか考えていた)


しかしさ、全部暗唱させるとか、ばらばらにして何かの名前にくっつけるとかそういうのって、一首一首の歌を味わうことから遠いところにあるなあ。









本居宣長の歌の件をまだ考えていたんだけど、 どこを切り取ってもご立派な言葉が入ってるからバラバラにされるんだろうなと。
「だるい隊」「せつない隊」とネタみたいに書いたけど、どこを切り取っても日本的なご立派な言葉が出てこない名歌が穂村さんのあの歌だ。

サバンナの象のうんこよ聞いてくれだるいせつないこわいさみしい/穂村弘


現代の短歌は、バラバラにして特攻隊の名前にできるような短歌からは遠いんじゃないでしょうか。ずっと離れているものなのか、どこかで戻ってくるものなのか。ゆっくり戻るのか、掃除機のコードみたいにいくら伸ばしてもボタンひとつでシュルッと戻るのか。


歴史についてはよくわからないんだよ。わからないから知りたい。
いまが戦前だ、みたいなのが分かるときと信じられないときがある。テレビやネット見てるとわかる気がするが、仕事や家族の間にいるときは実感がない。画面越しにだけある。

いまに世界がダメになるぞ危ないぞっていうのは、宗教でもよく言う。あのときといまはアレが一致している、だから危ない。
言われると説得されるけどすぐ忘れて休日は二度寝する。


いまは戦前だ、みたいなことを短歌で言うと特に新聞歌壇でウケるから、ウケたさのあまり寄っていっちゃうんだけど、ちょっと考えなきゃなと思うよ。だってそれって、逆を書けばウケるようになったら逆を書くよってことだから。

ウケたい気持ちにやられないことだ。飲んでも飲まれないことだ。
っていうか他の人はマジで言ってるのにオレだけマジじゃなかったら色々悪い。言ってるうちにマジになることはあるかもしれないが。


いろんな意見や情報があるけども、その時その時のツイートも報道もいいけども、特に詳しい人や経験した人たちが何を言ってるかをなるべく広く読んでみたい、というのが最近の心境であります。



▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました




ぬらっ。本七冊

ぬらっ



短歌研究新人賞は予選通過に終わりました!! : ▼存在しない何かへの憧れ
https://t.co/AzvM1dnup9

ブログのアクセスが増えたと思ったら、これの関係だ。


「2015年の短歌研究新人賞は予選通過に終わりました!!」
というタイトルだったんだけど、誤解を招いたほうがおもしろそうだし、2015年に限ったことじゃないから「2015年の」を外した。






また本を買っちゃったよ。
こないだ五冊買った本を三冊半読んだところだったが七冊買った。



1.五島美代子『そらなり』
短歌は今月は読まないつもりだったが、薄くてベストセレクションみたいな内容だったからつい買った。


2.松尾スズキ『現代、野蛮人入門』
新書。松尾さんはおもしろい。


3.齋藤孝『声に出して読みたい論語』
論語の入門書がほしかった。字が大きいのがいい。高校生のころに声に出して読んだ記憶がある。


4.橋本治『いま私たちが考えるべきこと』
タイトルが大きそうだったから。 しかし橋本さんってかならず前書きに「この本には役にたつことは書いてありません」って書くね。半歩引いてしまう。



5.爆笑問題『爆笑問題の戦争論』
田中が戦争の概要を語り、太田がボケていく漫才が書いてある。
たのしく復習するにはちょうどいい。



6.加藤陽子『とめられなかった戦争』
NHKの番組からできた本らしい。字が大きいのが良い。
これをきっかけに、加藤陽子さんの関係するYouTubeの動画を見た。西尾幹二に徹底批判されてるのも知った。

加藤さんと西尾さん、どちらが正しいかは知らないが、ツイッターで名前を検索するとどんな人に読まれているかがわかる。ツイートのほかにアイコンや名前も出るわけだが、どんな人が言及しているかを見ると、どちら側でありたいかも見えてくる。どんな人と共著を出しているかというのも、その人がどんな人なのかを示す。
それ以上は言うまい。



7.保阪正康『あの戦争は何だったのか』
新書。興味のある著者だが、読むのははじめて。




▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました



2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd
noteを更新しました。裏話です。


なりすましアカウント騒動|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/nddf9ca3db36c

すぐに消されたエアリプにこたえる|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n16ba35458c13

帰ってきた汚染歌人
https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69


工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。

ぬらっ。ほしい歴史の本


ぬらっ。



アイスを買ったらスペシャルスプーンがついてきたぞ https://twitter.com/mk7911/status/886387013368258560/photo/1





加藤陽子『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』読み進む。日清戦争がおわって日露戦争の途中まで。むずかしいがおもしろい。



『食器と食パンとペン』ひさしぶりに読んだ。ページの隅のほうが変色しはじめていた。
覚えてなかった歌やイラストが多くて、あたらしく読むような気持ちで読んだ。


本屋に行ったら欲しい本がたくさんあった。


半藤一利「学び直し大平洋戦争」四冊。ふりがながあるし字が大きい

半藤一利「昭和史裁判」

加藤陽子の本の続編

小説「大平洋戦争」

「昭和二十年」というシリーズの文庫本13冊

どこかの新書で出ていた近現代の歴史数冊。




そのあたりに興味がある。


▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました



2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd
noteを更新しました。裏話です。


なりすましアカウント騒動|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/nddf9ca3db36c

すぐに消されたエアリプにこたえる|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n16ba35458c13

帰ってきた汚染歌人
https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69


工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。










ぬらっ。歴史から学ぶ

ぬらっ


短歌への倦怠感があるし興味が他のことにあるため、今月は『未来』以外の短歌の本を読まない月にしようかな、って思っていたが、短歌の本をいただくと迷いがでる。オレが歌人だから短歌の本が届くのだ。読まないと申し訳ない。いつか読んで感想は書きます。

みんなおもしろい短歌ならいいんだけどな。
おもしろくない短歌を見たときに、自分で気づかないうちにMP(精神力)を削られるのかもしれないな。

おもしろければおもしろいで、嫉妬したり自分の無力を痛感するとやはりMPを削られる。
人は人、なんだがなあ。余計なことを考えずにもっと純粋に楽しみたいものだ。








半藤一利『昭和史残日録』読みおわる。
加藤陽子『それでも、日本は「戦争」を選んだ』を読みはじめた。授業の形式で書かれている。ときどき学生の声がはさまっている。

タイトルよりも冷静な本だ。序章ではさまざまな世界の歴史上の出来事を参照しながら、歴史から学ぶということについて説かれている。
悪い歴史を繰り返すまいとして歴史を参照して決断しても、広い視野で歴史を見ないと判断をミスしてさらに悪い歴史をつくってしまうことになる、という話もあった。
戦争は相手国の憲法を書きかえるものだとルソーが言ったという話もあった。



▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました



2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd
noteを更新しました。裏話です。


なりすましアカウント騒動|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/nddf9ca3db36c

すぐに消されたエアリプにこたえる|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n16ba35458c13

帰ってきた汚染歌人
https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69


工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。

永井均・内田かずひろ『子どものための哲学対話』を読んだ


永井均・内田かずひろ『子どものための哲学対話』読んだ。講談社文庫。2009年。


哲学ってむずかしいね。

永井均さんの本は、ずいぶん前に『これがニーチェだ』とか『翔太と猫のインサイトの夏休み』を読んだことがあった。内田かずひろさんは初めて。

猫と少年が対話する本。




抜き出してみる。


『元気を出すためには、いやな気持ちになった原因を徹底的に考えてみるといいって。ということはつまり、いやな気持ちにひたりきることと、その原因を理解しようとすることは、逆のことなんだね?』



『人間は自分のことをわかってくれる人なんかいなくても生きていけるってことこそが、人間が学ぶべき、なによりたいせつなことなんだ』



『ちゃんとした人っていうのは、自分の未来のために自分の現在を犠牲にできる人のことなんだ。逆に、自分の現在のために自分の未来を犠牲にしちゃうのがどうしうもないやつさ。ついでにいえば、他人のために自分を犠牲にできるのが善人で、自分のために他人を犠牲にしちゃうのが悪人なんだけど、善人や悪人になれるのはね、ちゃんとした人だけなんだよ。どうしようもないやつは、ちゃんとした悪人にさえなれないんだよ!』







自分は元気の出しかたもあまり身についていないし、
どうしようもないやつだなあと思った。

子どもとか大人とかは哲学にあんまり関係ないかもと思った。あるいは、オレがまるで子どもだということか。




▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました



2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd
noteを更新しました。裏話です。


なりすましアカウント騒動|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/nddf9ca3db36c

すぐに消されたエアリプにこたえる|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n16ba35458c13

帰ってきた汚染歌人
https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69


工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。










ぬらっ。7/14

ぬらっ



二日くらいツイートしてない。わりと平気だ。TLやリストは追っている。



カードでお金が引き出せなくなる夢を見た。何者かが引き出してしまったようだった。それで一時間くらい長く寝た。



半藤一利『昭和史残日録』読み進む。300ページまで。
はじめのころは話題が多彩なのに、どんどん戦争一色になっていくのがわかる本だ。
文章にクセがあるのか、知っている前提で書いているからそうなるのか、わかりにくいところもある。




▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました



2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd
noteを更新しました。裏話です。


なりすましアカウント騒動|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/nddf9ca3db36c

すぐに消されたエアリプにこたえる|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n16ba35458c13

帰ってきた汚染歌人
https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69


工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。
プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR