ぬらっ。こいつら100%伝説


ぬらっ




これ買ったよ。岡田あ~みん「こいつら100%伝説」。
https://twitter.com/mk7911/status/878579704713715712/photo/1

「こいつら100%伝説」おもしろい。
昔読んで面白かった漫画が今も面白いとは限らないっていうのを「王様はロバ」「燃える!!お兄さん」で経験してるので不安もあったが、期待以上におもしろい。

戦闘のコマと作者が「原稿料上げろ」とか叫んでるコマが交互に出てくる場面がよかった。

岡田あ~みんのプロフィールに「作品全て大ヒットとなる」って書いてあった。すごい。







アイス食べて腹をこわした。
小学六年生の国語の授業で俳句をつくらされた。他のみんなはきれいな景色や動植物の様子なんかを句にしているのに、オレだけ
「夏休みアイス食べすぎ腹こわす」という句を作ってスベってたのを思い出した。







角川「短歌」2017年7月号の角川歌壇で、一つの歌で特選と秀逸をいただきました。香川ヒサさんの特選、安田純生さんの秀逸。
特選は2005年以来。公募短歌館が「角川歌壇」になってからの特選は初めて。



▼▼



有料マガジン更新しました。
なりすましアカウント騒動|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/nddf9ca3db36c
なりすましアカウントがあらわれたのでそのことを書きました。

「マストドン歌人」がいるとすれば、それはオレだ|mk7911|note(ノート) https://t.co/bGdq5DVb2T
マストドンが話題になったのは四月くらいで、今は落ち着いていますが、今になったから書けることがあります。


2017年5月に発表した/掲載された短歌をすべて見せます|mk7911|note(ノート)
https://t.co/IMj53ONdsM
これは歌をまとめただけの記事じゃなくて、自分の歌や掲載された媒体についてもいろいろ書いています。有料なので、それなりのことを書いています。



短歌パトロール日誌【4】2017.5/21-6/13|mk7911|note(ノート)https://t.co/lhsSQSM3jL

すぐに消されたエアリプにこたえる|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n16ba35458c13

帰ってきた汚染歌人
https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69


工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。










スポンサーサイト

亀谷たま江『雨上がり』を読む  ~僕の頭とがつてゐるか、ほか


亀谷たま江『雨上がり』を読む。第一歌集。2002年。青磁社。



四月ごろから「塔」の人の歌集を読んで紹介してきたけど、この本でいったん区切りとなる。



荷を下ろすクレーンのさき目に追へば穴底深く人が働く/亀谷たま江『雨上がり』



遮断機の下りる間際を無理矢理に渡りてわれをさらけ出したり/亀谷たま江『雨上がり』



ほれぼれと角に見てをり丈長きトラックが倉庫に仕舞はれゆくを/亀谷たま江『雨上がり』



僕の頭とがつてゐるかとどこからか帰りし息子ぬつと頭(づ)を出す/亀谷たま江『雨上がり』

→オレの話をすると、オレは首の両脇が出っ張ってるような気がして母に見せたことがある。自分の体が変なようでふと気になるが、自分だけでは判断がつかない。心配してるってほどでもないんだけども。
「どこからか帰りし」だから、出先で気になったのだろうか。誰かに言われたとか。




勧誘をわが拒みたるセールスマン公園のベンチに弁当食ひをり/亀谷たま江『雨上がり』
→セールスを断ったら、その後って全然気にならないし見ることもしなさそうが、これは見ている歌。この公園の弁当を、わびしいものと見るか、ささやかな楽しみと見るか。拒まなくてもここで弁当を食べていただろう。セールスマンも人間として生活してるんだなあと思わせる。



泣きながら自転車漕ぎてゐる人とふつと気づきぬ擦れ違ひざま/亀谷たま江『雨上がり』
→これも、普通なら気にしない通りすがりの自転車に人間味を感じる歌。
珍しいが、ありえないことではない。すれちがう、ほんのわずかな時間に気づいたのだ。



やすやすとヨーガにわが言ふ「シャヴァアーサナ」「シャヴァアーサナ」は死体のポーズ/亀谷たま江『雨上がり』
→意味のわからないカタカナが、二回目に死体のポーズのことだとわかり、はっとする。意味がわかると最初の「やすやすと」もわかってくる。
「シャヴァアーサナ」で画像検索してみると、あおむけに倒れている人の画像がでてきた。死体はあおむけなのだ。



窓の外(と)に出したきわれと出たき蛾と息が合はざり蛾は弱りたる/亀谷たま江『雨上がり』




余震待つ机の下の家族五人大きキャベツを剥がしては食ふ/亀谷たま江『雨上がり』

→中盤には阪神淡路大震災の歌がある。
余震を望んではいないが、待っていると言えば言える。机のしたでキャベツをはがして食べる様子は、まるで人間ではない別の生き物になってしまったかのようだ。



灯の点かぬ街の弱さに押し寄せて夜があらゆる裂け目に溜まる/亀谷たま江『雨上がり』
→「街の弱さ」。明るさが街の力だったのだ。押し寄せてきて裂け目に溜まる「夜」は、まるで波のようだ。夜の不安だ。



しばらくは集配人の来ぬポスト仕事なくししわれが凭るる/亀谷たま江『雨上がり』
→集配人は配達ができず、だからポストは郵便を受けられず、「われ」は仕事をなくした。震災が多くを奪い麻痺させたのがわかる一首だ。もたれているところに心身の疲労がうかがえる。



月光に青きホースは発語せり重なる楕円のなかの切り口/亀谷たま江『雨上がり』



大粒の雨がつぶれてうしろへと車窓を走る 父は死ぬのだ/亀谷たま江『雨上がり』

→歌集の終盤には父の死の歌がある。
雨が窓を走るところを描いて、乗り物の動きや中から外を見ている者を表現している。


読みごたえのある歌集で、良い歌が多かった。この本おわり。



▼▼



有料マガジン更新しました。
なりすましアカウント騒動|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/nddf9ca3db36c
なりすましアカウントがあらわれたのでそのことを書きました。

「マストドン歌人」がいるとすれば、それはオレだ|mk7911|note(ノート) https://t.co/bGdq5DVb2T
マストドンが話題になったのは四月くらいで、今は落ち着いていますが、今になったから書けることがあります。


2017年5月に発表した/掲載された短歌をすべて見せます|mk7911|note(ノート)
https://t.co/IMj53ONdsM
これは歌をまとめただけの記事じゃなくて、自分の歌や掲載された媒体についてもいろいろ書いています。有料なので、それなりのことを書いています。



短歌パトロール日誌【4】2017.5/21-6/13|mk7911|note(ノート)https://t.co/lhsSQSM3jL

すぐに消されたエアリプにこたえる|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n16ba35458c13

帰ってきた汚染歌人
https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69


工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。










ぬらっ。TLに即詠が

ぬらっ



昨日言ったことの逆のことをやる。


ツイッター短歌史
【2017.6】
「歌会怖い」問題が起きた。
いつごろからある問題かははっきりしない。「歌会 怖い」でツイート検索すると、6/11あたりからツイートが増えてきてそのまま現在に至っている。



主なものだけ。

6/18
堂那灼風
「歌会とそこにおける選歌について」
https://note.mu/shakufu/n/n8c6f68bffa12

6/20
うにがわえりも
「寿司とハンバーガー (歌会とその評のあり方について)」
https://blogs.yahoo.co.jp/eriuni_tanka/64858686.html
6/21に「追加ペーパー」あり


それ以外だと、さっき書いたように「歌会 怖い」でのツイート検索結果が参照できるものとなる。
10人以上がリツイートしてるツイートがあれば紹介するつもりだったが、該当なし。


歌会を怖いとしている意見のなかでは、
イシカワユウカさんが #歌会怖いのハッシュタグをつけて投稿したいくつかのツイートが重要だと思われたが、本人が消すと言っているからここに貼りつけはしない。





まとめは以上。
ここからはオレの感想だけど、この問題は途中で実に馬鹿馬鹿しい展開になった。
うにがわえりもさんが書いたものに対して泳二さんがしつこくリプライを飛ばしていったあたりで、オレは辟易してこの問題を追いかけるのを一度やめてしまった。二人をリストからはずして、もう見ないことにした。地獄だなと感じたから。どちらが悪いとかじゃない。

この二人は、ツイッターで小さいいざこざが起きた時のいわば常連みたいな歌人だ。またこのへんの人達か、って感じだ。

「福島は買うな食うな」「リアル歌会はぬるま湯」の中牧さんとか、あと他数名もそうだけど、彼らは大胆であぶなっかしい書き込みやその態度で反感を買う、煽り巧者の人達だ。故意かどうかは知らないが。彼らは論や歌やツイートに冴えがあり、一定の支持を得ている(オレも楽しませてもらっていました)。揉めることがあっても決定的なトラブルにまでは至らずに、変わらずツイッターを続けている。
このあたりの人達の発言に反応するのを、そろそろやめてよい頃ではないかとオレは思いはじめていた。

今回はイシカワユウカさんのツイートを見たのがきっかけでこの問題の別の面が見えて、取り上げることにした。耳を傾けるべき声だと思えた。消されるのは残念だが、それはしょうがない。






【2017.6.23】

文月郁葉さんが、ハッシュタグ「殺伐としたTLに即詠が」をつくり、たちまち多くの歌人がこれを使ってツイートした。



怖いとはたとへば茅花がよるべなく光る白さを見てしまふこと(文月郁葉)
#殺伐としたTLに即詠が

タグを作りました。よかったらご活用ください。

https://twitter.com/ikuhahuduki/status/878213200394690560




殺伐としたツイッターに嫌気がさしている歌人が多くいるということだとオレは見ているんだが、どうかな。というのが感想。



▼▼



有料マガジン更新しました。
なりすましアカウント騒動|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/nddf9ca3db36c
なりすましアカウントがあらわれたのでそのことを書きました。

「マストドン歌人」がいるとすれば、それはオレだ|mk7911|note(ノート) https://t.co/bGdq5DVb2T
マストドンが話題になったのは四月くらいで、今は落ち着いていますが、今になったから書けることがあります。


2017年5月に発表した/掲載された短歌をすべて見せます|mk7911|note(ノート)
https://t.co/IMj53ONdsM
これは歌をまとめただけの記事じゃなくて、自分の歌や掲載された媒体についてもいろいろ書いています。有料なので、それなりのことを書いています。



短歌パトロール日誌【4】2017.5/21-6/13|mk7911|note(ノート)https://t.co/lhsSQSM3jL

すぐに消されたエアリプにこたえる|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n16ba35458c13

帰ってきた汚染歌人
https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69


工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。

ぬらっ。ガヤガヤさせる人

ぬらっ




タイムラインのだれかと会話したあと「やれやれ」っていうの、ほんとにダメだと思う。「ここまで言わなきゃわからないのか」も人を見下している。

けっこう言うくせに、不利になると返事しなくなるのもよくない。

ドストエフスキーのbotに「女が人間かどうかを入念に検討して人間だと結論づける」学者をののしるツイートがある。それだわな。何に時間をかけるか、何に騒ぐのか、オレはよく考えなきゃいけなかった。

震源から離れたひとたちが色々いいことを言っている。中心部をおさえる必要があると今までは思っていたが、考えが変わった。

あんな運転をしてたらいつか事故るだろうなという人が、いざショウトツしてみると、期待したほど楽しいものでもない。



いつものひとたちがいつものことでガヤガヤしてるって感じで、「ツイッター短歌史」にまとめる気になれずにいる。
最近、「ガヤガヤさせる人」がいることに気づいた。火をつける役目の人が決まっている。ツイッターで大きめの主語でなにかを否定したがる歌人数人がいて、それに周囲が振り回されている。
そのひとたちが主役になるような「ツイッター短歌史」だったらあんまり記録したくない。









アダルトな内容でツイッターに連投した。
読書とかは進まない。



▼▼



有料マガジン更新しました。
「マストドン歌人」がいるとすれば、それはオレだ|mk7911|note(ノート) https://t.co/bGdq5DVb2T

マストドンが話題になったのは四月くらいで、今は落ち着いていますが、今になったから書けることがあります。


2017年5月に発表した/掲載された短歌をすべて見せます|mk7911|note(ノート)
https://t.co/IMj53ONdsM

これは歌をまとめただけの記事じゃなくて、自分の歌や掲載された媒体についてもいろいろ書いている。有料なので、それなりのことを書いている。



短歌パトロール日誌【4】2017.5/21-6/13|mk7911|note(ノート)https://t.co/lhsSQSM3jL

すぐに消されたエアリプにこたえる|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n16ba35458c13

帰ってきた汚染歌人
https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69


工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。

斎藤茂吉『暁紅』を読む  ~相撲に負くるありさまを見つ、ほか


斎藤茂吉の歌集『暁紅』を読む。

昭和10年から11年の歌が収録されている。「ぎょうこう」と読むらしい。



一ときに飛びあがりたる らはわれのうしろにまた降りたちぬ/斎藤茂吉『暁紅』




「國技館」という連作がよかった。弱くなった力士を見に来て、負けたのを見て帰る。

斷間(たえま)なく動悸してわれは出羽ヶ嶽の相撲に負くるありさまを見つ
一隊の小學兒童が出羽ヶ嶽に聲援すればわが涙出でて止(と)まらず/斎藤茂吉『暁紅』





まどかなる顔をしながら歌壇にてわれをにくむは誰と誰と誰か/斎藤茂吉『暁紅』



毒殺の新聞記事讀む夫人らは劇(げき)見しごときおもひしたりや/斎藤茂吉『暁紅』



春まだき野べといへどもけふ來れば光みなぎり草そよぐおと/斎藤茂吉『暁紅』

→下の句、なんともすがすがしくてよい。



うつくしきをとめの顔がわが顔の十數倍(じふすうばい)になりて映りぬ/斎藤茂吉『暁紅』
→映画のスクリーンだろうか。
自分の顔の大きさと画面のなかの顔の大きさを比較するなんて、ありそうでない。画面越しにものを見ることに慣れてないんだろうな。十数倍という数字が真面目だ。ほんとに大きさを比べてるんだなと思う数字。



現身(うつせみ)と思ほえぬまで心やすし石かげに來てわれは居たれば/斎藤茂吉『暁紅』



幾臺もトラツクにてわが隣地(となりち)に砂利(ざり)を運ぶを氣にすることあり/斎藤茂吉『暁紅』

→「氣にすることあり」って。そんな結句があってもよかったんだ。



木曾谷に入日あたりてしづかなる心になりぬ奈可(いか)に保たむ/斎藤茂吉『暁紅』



赤き實はすき透りつつ落ちむとす雪ふるまへの山中(やまなか)にして/斎藤茂吉『暁紅』

→「雪ふるまへの」で、降ってないけど雪の白いイメージがわいてくる。透きとおりつつある赤と響きあう。



口籠(くつこ)して馬はいななくこともなし馬いななかばこゑ傳はらむ/斎藤茂吉『暁紅』



阿部定(あべさだ)が切り取りしものの調書をば見得べきもなき常の市民われは/斎藤茂吉『暁紅』





この歌集おわり。
講談社の「日本現代文学全集51 齋藤茂吉集」というのを見て歌を引いた。この本には歌集七冊が全篇収録されている。『暁紅』は五つ目で、あとは『白き山』『つきかげ』を残すのみとなった。



▼▼



有料マガジン更新しました。
「マストドン歌人」がいるとすれば、それはオレだ|mk7911|note(ノート) https://t.co/bGdq5DVb2T

マストドンが話題になったのは四月くらいで、今は落ち着いていますが、今になったから書けることがあります。


2017年5月に発表した/掲載された短歌をすべて見せます|mk7911|note(ノート)
https://t.co/IMj53ONdsM

これは歌をまとめただけの記事じゃなくて、自分の歌や掲載された媒体についてもいろいろ書いている。有料なので、それなりのことを書いている。



短歌パトロール日誌【4】2017.5/21-6/13|mk7911|note(ノート)https://t.co/lhsSQSM3jL

すぐに消されたエアリプにこたえる|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n16ba35458c13

帰ってきた汚染歌人
https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69


工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。










ぬらっ。動画と再会

ぬらっ。


何してたかなあ。覚えてないなあ。


夜に、長い間探してた動画と再会した。
それが不完全なもので、完全なものを買おうとして、買ったけどオレのスマホでは見れなかった。いろいろ足掻いたんだが、だめだった。
別なところで買おうとして、そこまでするほどではないと冷静になった。

そんなこんなで寝不足。

それを詳しく書こうかと思ったが、有料マガジンでやるかどうするか。







思い出した。NHK短歌テキスト7月号をチェックした。
短歌de胸キュンで「もう少しで入選de賞」だった。



▼▼



有料マガジン更新しました。
「マストドン歌人」がいるとすれば、それはオレだ|mk7911|note(ノート) https://t.co/bGdq5DVb2T

マストドンが話題になったのは四月くらいで、今は落ち着いていますが、今になったから書けることがあります。


2017年5月に発表した/掲載された短歌をすべて見せます|mk7911|note(ノート)
https://t.co/IMj53ONdsM

これは歌をまとめただけの記事じゃなくて、自分の歌や掲載された媒体についてもいろいろ書いている。有料なので、それなりのことを書いている。



短歌パトロール日誌【4】2017.5/21-6/13|mk7911|note(ノート)https://t.co/lhsSQSM3jL

すぐに消されたエアリプにこたえる|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n16ba35458c13

帰ってきた汚染歌人
https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69


工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。

ぬらっ。徒然草から

ぬらっ


俵万智『チョコレート語訳 みだれ髪』読み終わった。与謝野晶子をまとめて読んだのは初めて。
訳がないときびしいなこれは。知った言葉とその意味をメモしながら読んだ。








徒然草 百五十七段から

筆をとれば物書かれ、楽器をとれば音(ね)をたてんと思ふ。盃(さかづき)をとれば酒を思ひ、賽(さい)をとれば攤(だ)打たん事を思ふ。心は必ず事に触れて来たる。かりにも不善の戯れをなすべからず。

筆をとれば自然と物が書かれ、楽器をとれば音を鳴らそうと思うものだ。盃をとれば酒が飲みたくなり、賽をとれば博打がしたくなる。心は必ず物事に触れて起こる。かりそめにも良くない戯れ事をしてはならない。

http://roudokus.com/tsurezure/157.html




八十五段

狂人の真似とて大路(おーち)を走らば、則ち狂人なり。悪人の真似とて人を殺さば、悪人なり。驥(き)を学ぶは驥のたぐひ、舜を学ぶは舜の徒(ともがら)なり。偽りても賢を学ばんを賢といふべし。

狂人の真似といって大路を走るなら、狂人である。悪人の真似といって人を殺せば悪人である。千里を駆ける駿馬に学ぶのは千里を駆ける駿馬の同類なのだ。(古代の伝説的な徳の高い王)舜に学ぶのは、舜の同士なのだ。嘘にでも賢いことを学ぶものを賢いというのである。
http://roudokus.com/tsurezure/085.html




何かいいことする時に「自分のは動機が不純なんじゃないか」と思ったり、逆に悪いことするときに「いやちょっと試しにやってみただけだし」と思ったりするけど、こういう言葉もあるのだなあ。
徒然草、おもしろいよ。







2011年に書いたゲームの記事がいまだに読まれている。読み返したらちょっとおもしろいところがあった。

ファイナルファンタジー8日記[33]エスタ国立魔女記念館など ー 花畑で流れ星を見ようの巻 : ▼存在しない何かへの憧れ
http://blog.livedoor.jp/mk7911/archives/51895160.html

いまは実況プレイしてる人も多いからな。ゲームをやって文章だけで感想を書いてくっていうのは流行らんだろうね。






▼▼



有料マガジン更新しました。
「マストドン歌人」がいるとすれば、それはオレだ|mk7911|note(ノート) https://t.co/bGdq5DVb2T

マストドンが話題になったのは四月くらいで、今は落ち着いていますが、今になったから書けることがあります。


2017年5月に発表した/掲載された短歌をすべて見せます|mk7911|note(ノート)
https://t.co/IMj53ONdsM

これは歌をまとめただけの記事じゃなくて、自分の歌や掲載された媒体についてもいろいろ書いている。有料なので、それなりのことを書いている。



短歌パトロール日誌【4】2017.5/21-6/13|mk7911|note(ノート)https://t.co/lhsSQSM3jL

すぐに消されたエアリプにこたえる|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n16ba35458c13

帰ってきた汚染歌人
https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69


工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。

対訳つきでバッハの「マタイ受難曲」を聴く  ~コテコテ大阪弁ほか

6/11

"J.S.バッハ《マタイ受難曲》第1部全曲 カール・リヒター(1958)"
https://youtu.be/ba9TMBUAmMc
対訳つきでマタイ受難曲を聴いた。これは前半。

リヒターの「マタイ受難曲」は2001年くらいにCDを買って聴いてたんだけど、解説書にはドイツ語と英訳しかなかった。あらすじは知ってるから歌詞は気にしないで今まで聴いてきた。バッハの音楽だけでもじゅうぶんだった。

でも、こうやって歌詞を見ながら聴くとちがうね。重みがちがう。話の展開が遅いんだよ。この遅さが力になっている。

イエスが、もうすぐ私は十字架にかけられるよって弟子に話すところから「受難曲」は始まる。
そこからゆっくりゆっくり話は進む。不吉な暗い空気が覆っている。
イエスは自分の運命をわかっていて、冷静だ。ユダが裏切るのも知っている。知っているけどどうにもならなくて、巨大な力がすべてを動かしている。

ユダが「裏切るのはこのわたしだというのですか?」と言ってイエスが「その通りだ」と答える場面は、ぞくぞくした。

そこまで見抜いているのにやっぱり裏切られてしまう。前もって言ってあるのに弟子たちは寝てるし。

これから起こることがわかっているのにどうにもならなくてじわじわ事が進んでゆくことに、おそろしい気持ちになる。
バッハの曲は荘厳で、話はなかなか進まず、内容が重い。何重にも重い。のまれる。

一時間半かかって第一部がおわり、ようやくユダが裏切ってイエスが捕まるところまですすんだ。








"J.S.バッハ《マタイ受難曲》第2部全曲 カール・リヒター(1958)"
https://youtu.be/8ZUFrlzX4Ko

後半聴いた。話の展開が遅いって書いたけど、ストーリー的には無くてもいいような曲がはさまってるんだよね。それは何かっていうと、信仰の曲だ。私たちは神を信じますとかイエスはた私たちを慰めるとかそういうのがはさまっている。

それによって曲は長くなるし展開は遅くなるんだけど、それがあるから「受難曲」が信仰の音楽になっている。物語であると同時に、やっぱりこれって宗教だったんだなと思う。オレは物語と音楽には興味あるけど信仰がないからやや足止めされたように感じる。


ペトロもイエスを裏切る。イエスのことを「知らない」って三回言ってしまう。そのあたりはテンポよく畳み掛けてたのがよかった。
知ってるエピソードだけど、見事だと思った。

ユダは後悔して、イエスを売って得た銀貨30枚をなげつけて首をくくる。
そのあとみんなで銀貨を拾い集めて使い道を協議している。そんな場面があったのは忘れてた。
死んだ人はそのままうっちゃられて、銀貨のことが細かく書かれるのは、痛烈なものがある。


イエスが死ぬところで終わるのかと思ったら、死んでも残り30分もあまってて、どうするつもりかと思った。悲しんだり墓の下のイエスの安息を願って終わる。

終曲がすごく好きだったんだけど、歌詞はそれほどでもないと知った。



あと、バッハといえば器楽曲ばっかり聴いてたから全然気がつかなかったんだけど、バッハって物語に曲をつけるのも素晴らしくうまい。

イエスが民衆に罵られるんだけど、罵りは罵りっぽい音になっている。感情にあわせた音楽がつく。地震のところは地震っぽいし。そういうのもバッハは自在にできるんだなと。



思ってなかったタイミングでイエスが亡くなるから驚いた。忘れてた場面もあるし、聖書を読み直してみたい。
有名な「エリエリレマサバクタニ」にバッハがどういうメロディーをつけてたかという興味なども持って聴いた。



それにしてもだよ。バッハが音楽で何をどう描いたかというのをこうして味わうと、なんてどでかい仕事だろうと思うね。






6/12


"【Bach】コテコテ大阪弁訳「マタイ受難曲」 第01曲"
https://youtu.be/EW63dWn88Tw

おもしろいの見つけた。
映像はリヒター指揮によるバッハのマタイ受難曲なんだけど字幕がコテコテの大阪弁になっているという動画。2010年から少しずつアップされていて、2017年になってからも更新されていて、いまだ未完。


福音史家も含めて全員が大阪弁になっている。はじめは抵抗を感じて、つぎはおもしろくなってきて、だんだん慣れていった。
普通の訳とはかなり印象が変わる。



受難曲を演奏している映像を初めて見た。全員が黒い格好をしている。内容が内容だからな。
声楽はパートごとに役があるけど身振り手振りはまったくなし。全員直立不動で歌う。
リヒターはときどきチェンバロを弾きながら指揮している。



昨日の動画で
「その通りだ」
と訳されていたイエスの台詞が、コテコテ大阪弁のほうでは
「あんたが言うたことや」
になってる。同じドイツ語を訳しているんだけど。これはだいぶ違うとおもう。



コメント見てたら、「大阪弁のクリスチャンは大阪弁の聖書を求めている」みたいなことが書いてあって、まあそれはひとつのコメントなんだけど、なんかいろいろ考えた。

宮城の言葉で書かれた本があったらオレは避ける。標準語のほうが馴染んでるし読みやすいから。

聖書を気仙沼の言葉に訳した人がいると知ったが、その内容まではネットで調べてもよくわからなかった。
気仙沼の言葉で落語をやってる動画を見たが、聞いてるのがはずかしかった。同じ宮城でもちょっとずれると言葉が変わる。

一番いやなのは、自分の地域をアピールするのに方言つかうやつ。「おらほさ来てけさいん」とか言って。普段の会話ではそんなの滅多に聞かない。ほとんどの宮城の人は「来てください」とか「来てね」って言うよ。ねじまげられて、いい気はしない。


話がそれてるけど、とにかくコテコテ大阪弁はおもしろくて、いい言葉だなと思った。罵る場面になると急に生き生きと豊かになるような印象だった。








6/13

一昨日、昨日とマタイ受難曲の話してきた。「聖書を読み直してみたい」って書いたけど、実際に読み直してちょっと驚いたことがあった。

「マタイ受難曲」はマタイによる福音書の26章と27章を音楽にしたものなんだが、バッハは聖書の文章にそのまま曲をつけてたんだと知った。

詩に作曲したんじゃなくて、聖書の文章に曲をつけている。それも26章27章の文章すべてに曲をつけている。日本語訳にして6000字か7000字の文章すべてにメロディーをつけて音楽作品にしている。

受難曲を字幕を見ながら聴いて、「これってどこまで聖書の記述に忠実なのかなー」と思ってたけど、聖書の該当箇所がまるごと音楽になっていたわけだ。
途中に讃美歌みたいなのがはさまるけど、それは福音書の文章ではない。



聖書を読んでて、一ヶ所だけ動画で見たやつと訳が違うところがあった。
近づいてご機嫌をとろうとしているユダに対するイエスのセリフが違う。
一昨日見た「オペラ対訳プロジェクト」さんの訳では「友よ、なぜここに来たのだ」だった。
それが、
昨日見た「コテコテ大阪弁訳」では「友よ、なんで来たんかいな?」になっている。この二つは同じだ。
だけど手元の新共同訳の聖書だとこれが「友よ、しようとしていることをするがよい」になっている。

これは全然違うよねえ。疑問をなげかけたのか、受け入れる姿勢なのか。
聖書の訳が何種類かあるのは知ってたけど、けっこう違うんだね。そのような、訳を見比べる面白さもあった今回のマタイ受難曲の鑑賞でした。






▼▼



有料マガジン更新しました。
「マストドン歌人」がいるとすれば、それはオレだ|mk7911|note(ノート) https://t.co/bGdq5DVb2T

マストドンが話題になったのは四月くらいで、今は落ち着いていますが、今になったから書けることがあります。


2017年5月に発表した/掲載された短歌をすべて見せます|mk7911|note(ノート)
https://t.co/IMj53ONdsM

これは歌をまとめただけの記事じゃなくて、自分の歌や掲載された媒体についてもいろいろ書いている。有料なので、それなりのことを書いている。



短歌パトロール日誌【4】2017.5/21-6/13|mk7911|note(ノート)https://t.co/lhsSQSM3jL

すぐに消されたエアリプにこたえる|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n16ba35458c13


帰ってきた汚染歌人
https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69


工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。

ぬらっ。わっかるかな~

ぬらっ



ツイッター短歌史

【2017.6.19】
taliさん @taliul という方のツイートが大きく拡散された。
2000RT5000いいねを超えた。

ぼけーっとダヴィンチ読んでたら「短歌ください」にゴッツイの来てるぞ https://t.co/RcFrqkWgK8

https://twitter.com/taliul/status/876433655173795840


なにが「ゴッツイ」のかわからなかったが、ツイートを読んでいくと、百合に興奮したのだという。

@_pnk_mm 今後は百合に興奮してもすぐ写メらない 覚えました
https://twitter.com/taliul/status/876443030995193857



これって、短歌よりも作者コメントで盛り上がってるわけでしょう。
百合に興奮もしないし、オレは別になんとも思わないな。
同性愛だからって騒がれるのは、同性愛の人から見たらどんな気持ちなんでしょう。







わっかるかな~わっかんねぇだろうな~



イエーイ



シャバダ~



松鶴家千とせ、好きなんだよね。オレの理想のおじさんだよ。

調べたらFacebookもツイッターもやっていて、けっこうSNSやっていた。昔の人だと思ってたけども。


おーーーい
おーーーい
サケの子はイクラ呼んでもこたえない。←これ好き







まあそれはいいんだけど、某スーパーで買ったフライドポテトがしょっぱかった。塩のかけすぎだ。ポテトはおいしかったし安かったからなんとかしてほしい。





俵万智の『チョコレート語訳 みだれ髪』読んでいる。与謝野晶子の『みだれ髪』を短歌で訳したもの。
せっかくだから、わからない言葉はなるべく調べて、わかったことをメモしながら読んでいる。



▼▼



有料マガジン更新しました。
「マストドン歌人」がいるとすれば、それはオレだ|mk7911|note(ノート) https://t.co/bGdq5DVb2T

マストドンが話題になったのは四月くらいで、今は落ち着いていますが、今になったから書けることがあります。


2017年5月に発表した/掲載された短歌をすべて見せます|mk7911|note(ノート)
https://t.co/IMj53ONdsM

これは歌をまとめただけの記事じゃなくて、自分の歌や掲載された媒体についてもいろいろ書いている。有料なので、それなりのことを書いている。



短歌パトロール日誌【4】2017.5/21-6/13|mk7911|note(ノート)https://t.co/lhsSQSM3jL

すぐに消されたエアリプにこたえる|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n16ba35458c13


帰ってきた汚染歌人
https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69


工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。

ぬらっ。夢を持てない

ぬらっ



なんか現代短歌に疲れてた。短歌以外のものを読みたい気持ちが強まって、橋本治さんを読みはじめて、『これで古典がよくわかる』という本で古典に興味をもって、三大随筆に触れた。

それら三大随筆が書かれた時代について調べてたら、最強のメラさんという人のおもしろい歴史解説動画を見つけて、さらにほかの時代にも興味をもった。「まんが日本史」の動画、21分×52話を何日もかけて見た。それと合わせて歴史の本も読んだ。

そんなわけで、ざっと日本の歴史全体を見た。教科書レベルだけども、おもしろかった。
いまはネットで徒然草を一日十段ずつ読んでいる。全部で243段あるうちの半分以上読んだ。次に興味あるのは、論語。









ツイッター短歌史
【2017.6.17】
#NHK短歌の選者になったら呼びたいゲスト
というタグが流行った。さかのぼると大橋春人さんが最初のようだ。

荒木飛呂彦さま #NHK短歌の選者になったら呼びたいゲスト
https://twitter.com/hachidx/status/876072843301093377


【2017.6.18】
双葉屋ほいるとイヤイヤ期のこほーにゃさんによるハッシュタグ #ビストロみそひともじ が起こる。

#短歌でレシピ あらため #ビストロみそひともじ、叙情もなにもないので短歌ではないかもしれないんだけど、31文字で美味しい気分になれるのでぜひいろんな方のみそひともじレシピをお聞きしたいです
https://twitter.com/hoiru_utayomi/status/876255267935010816



https://twitter.com/hoiru_utayomi/status/876288054599663617








オレは喚びたいゲストとか思いつかない。中島みゆきが出てくれるわけないしなあ。
その前にNHK短歌の選者になれるわけないからなあ。でもそれを言ったら面白くなくなっちゃうからなあ。
夢を持てない。



▼▼



有料マガジン更新しました。
「マストドン歌人」がいるとすれば、それはオレだ|mk7911|note(ノート) https://t.co/bGdq5DVb2T

マストドンが話題になったのは四月くらいで、今は落ち着いていますが、今になったから書けることがあります。


2017年5月に発表した/掲載された短歌をすべて見せます|mk7911|note(ノート)
https://t.co/IMj53ONdsM

これは歌をまとめただけの記事じゃなくて、自分の歌や掲載された媒体についてもいろいろ書いている。有料なので、それなりのことを書いている。



短歌パトロール日誌【4】2017.5/21-6/13|mk7911|note(ノート)https://t.co/lhsSQSM3jL

すぐに消されたエアリプにこたえる|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n16ba35458c13


帰ってきた汚染歌人
https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69


工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。
プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR