ぬらっ。新人賞佳作

ぬらっ


短歌研究詠草をつくった。8月号についてた応募券をハガキに貼りつけた。52円ハガキに10円切手を貼りつけた。
2016年1月につくった歌が使えそうだったから直しながら書いた。未発表の歌が多くて、それくらい過去の歌を出すこともある。
二回つづけて準特選になっている。特選を目指す。



短歌研究新人賞は5首の佳作だった。2012-13が2首で、2014が候補で、2015-2016が2首だった。5首と知ったときは普通にうれしかった。2首が三回続いたら、かなり滅入ってしまうよ。

時間がたったら、残念になってきた。
どう考えたらいいのか、いろいろ考えてみるんだけど、「2首よりはいいかもしれないが10首よりはだめだ、多少はよくても賞にはからんでこない。要するに中途半端だ」というところに落ち着く。
考えても考えても、佳作は佳作だ。希望でも絶望でもない。佳作だ。







穂村弘『もしもし、運命の人ですか。』読みおわった。読んだことある本なのかまだ読んでない本なのか曖昧なまま買ったが、まだ読んでない本だった。おもしろかった。


戦争に行ってあげるわ熱い雨やさしくさける君のかわりに/江戸雪

っていう歌が載っていた。

『君のいない夜のごはん』と『鳥肌が』と『現代短歌ノート』が未読。あと共著の、回転ドアとか異性とかあのへんを読んでない。



▼▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました





2017年7月に発表した/掲載されたオレの短歌まとめ|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n3dc9e6680faa

2017年6月に発表した/掲載された短歌まとめ【25首】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n6a0753b5ac49

短歌パトロール日誌【最終回】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n41c835707189

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd

工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

我妻俊樹『天才歌人ヤマダ・ワタル』を読んだ


我妻俊樹さんがネットプリントで小説を出したので、読んだ。


ネットプリント
配布開始



緊急書き下ろし小説
「天才歌人ヤマダ・ワタル」

セブンイレブン
32250500



文・我妻俊樹



A3
2枚
¥40
白黒



8月27日23:59まで

https://twitter.com/agtmtsk_bot/status/898983186985738240




このブログは、ツイッターよりは閲覧している人たちの年齢層が高いと見ている。「ネットプリント」と言われてもサッパリなんのことかわからないかもしれない。
でも、ここに来たからには、ネットプリントの出しかたを覚えて帰っていただきたい。

まずコンビニ、(この場合はセブンイレブン)のコピー機に行っていただこう。
「ネットワークプリント」をタッチする。
番号を入れる画面がでるから、上の数字を入れる。次へ。
設定画面が出るが、なにもさわらなくていいと思う。「A3 2枚 白黒」になってればOK。次へ。
40円入れる。印刷が始まり、コピー機でコピーをしたときの感じで紙が出てくる。
それだけ。お釣りを取り忘れずに帰ること。

覚えてしまえばなんにも難しくない。
ネットプリントは基本的に一週間の期限があるので、後回しにせずなるべく早く出したほうがいい。

期限つきの作品なので、このブログでも素早く紹介することにした。









さてここからはその『天才歌人ヤマダ・ワタル』の感想。



「天才歌人ヤマダ・ワタル」読んだ。なんか考えちゃうね。なんか言いたくなる。



歌壇の陰口や皮肉がいろいろ出てくる。どっかの掲示板かと思った。「耳を貸す必要はこれっぽっちもない」とかなんとか言いながら、それでもかなりの文字数をつかって執拗にそれは書き出される。
まったく無視すればいいかというとそうではなく、「常連客」を無視したことでヤマダワタルは心身に傷を負う。


ヤマダは指折り五七五七七で犬に話しかけたり、素敵なバーをやっていたりするから、良い人物のように感じられる。
しかしよく読むと、来る客はひどい人ばかりだ。彼のなにかがそれを引き付けているんじゃないか。それに、飲み物に何か混ぜて出しちゃうあたりも、彼が善人でないことを示している。


グラスを叩きつけたつもりが眼鏡だったなんてこと、まずないでしょう。でもこの小説には2度ある。どうしても叩きつけて割ることができないグラスとは、歌人にとっての歌なんじゃないかと思った。誰かの歌に似てしまうこととか。
眼鏡も英語にすれば「グラス」だから、洒落になっている。


ダンゴ虫入りの酒をヤマダは変な味だと思ったり美酒だと感じたりする。これこそ短歌のむずかしさだと思う。どちらも真実だ。手を入れて良くなるものと悪くなるものがある。


歌集批評会でマイクを離さない「最悪の老害」のくだり。常連客の「糞」の話はなるほどひどいけど、擁護するヤマダの「短歌音」の論は深読みのしすぎでオカルトじみている。読者はどちらにも転べなくなる。
どちらにも転べないが、どちらにも一理ありそうだ。二つの不正解を示され、読者はどう考えるのかを問われている。


常連客がいかにも悪っぽいからヤマダに善を求めたくなるが、そのヤマダも信用ならない。
そもそも語り手もどこまで信用してよいかあやしい。この小説に出てくる何者にも慎重にかからなければならない。
語り手が言う、序盤の「漢字にも詳しい知性の輝き」からすでに皮肉の匂いがする。その次の文章では、歌人には豊かな教養もなければ政治への関心もないと言わんばかりだ。毒があり、油断ならない。

山田航さんのことを持ち上げてるように見えて「合衆国の現職大統領のような素晴らしいリーダーシップ」などと、これまた毒を含ませている。

山田さんのどこがトランプ大統領なのだろう? 
「かばん」で『水に沈む羊』の歌集評を書かせていただいたことがあるけど、トイレでいじめられたりコカコーラゼロを浴びせられてるようなイメージで、どうも結びつかない。
なんてことを書いたら、作中人物と作者と一緒にするなってことになるのか。



最後の段落は一転して調子が変わる。というか、ヤマダから離れる。
すべての短歌が「お国のため」につくられているかのようなトンデモな論があらわれる。これまでは作中人物が論じていたが、語り手が論じはじめた。
とんでもない話だが、まるっきり外れているわけでもない気もしてきて、「肩から上がまるごと欠損した作業員」によってこれはフィクションだと思い直したりもした。

でもオレの知ってるいくつかのブックオフは「歌集の棚が奇妙に充実して」いないからなあ。

ややグロテスクな風景で終わるけれども、最後の一行が多くを語っている。


と最後まで見てからあらためてタイトルを見ると、ヤマダ・ワタルのどこが天才歌人なのかと思うね。気持ち悪いやつらの話を相槌をうって異物混入させて棚に頭ぶつけてるばかりだ。「天才バカボン」みたいな意味での「天才」かな。



四方八方に毒を撒いた、歌壇につよく警鐘を鳴らす小説だ。
毒といえば、異物の入った酒を飲まされているのは、読者も同じことなのだ。変な味の小説とするのか、あるいは美酒とするのか。


「中庸の徳」というのが昔からある。
崇めることも貶めることも違う。ゲスの勘繰りにも一片の真実はあるが、足をとられないことだ。仕事を丁寧に見て、良いところを評価して悪いところは指摘すればいいんだ。マイクを離さない歌人には、角が立たない程度に注意するのが正解だ。
オレはそう思います。

松尾スズキに『同姓同名小説』という、有名人と同姓同名の主人公ばかりでてくる本があったな。



んじゃまた。



▼▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました





2017年7月に発表した/掲載されたオレの短歌まとめ|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n3dc9e6680faa

2017年6月に発表した/掲載された短歌まとめ【25首】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n6a0753b5ac49

短歌パトロール日誌【最終回】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n41c835707189

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd

工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。










ぬらっ。ポエクライバル2

ぬらっ




昼ははだかになってカレーうどん食べた。安心して食べれる。






短歌研究新人賞の話題がちらほら見えてむずむずした。


あー結果が気になってしかたないなー
オレの新人賞の結果を知っててしかも優しい人がいたら、そっと教えてください。2首だったらやさしめで。


って書き込んだら、ほんとにDMで教えてもらえた。言ってみるものだ。やさしめではなく普通に教えてもらえた。
ほんとうにありがとうございます。








ポエクリの「poecrival2」がアップされた!。短歌と俳句に分かれている。

http://poecri.net/index.php

ここで短歌の募集があったんだけど、応募したら堀田季何さんの十首選に一首、服部真里子さんの拾遺に三首選ばれていました。
どうぞご覧ください。


ポエクリ、どうでしょう。会員登録したりログインしたりダウンロードしたり、ポイント制だったりとちょっとハードルはありますが、いい内容だと思うのです。
コンテンツの数やダウンロード数からすると、あまり盛り上がってる様子ではないんですが、もう少し流行ってもいいんじゃないかなーと思っています。そういうことも合わせてのご紹介でした。

会員登録があるってことは、メールアドレスとパスワードを登録するということで、忘れると入れなくなる。どっちのアドレスで登録したか、どんなパスワードを入れたか。しばらくぶりでわかんなくなってしばらく入れなかった。オレの問題だけれども。







#このツイート見たやつは適当に五文字呟く
ひとさらい







我妻俊樹さんのネットプリントを出した。小説。そのことはメインのブログに書く。





▼▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました





2017年7月に発表した/掲載されたオレの短歌まとめ|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n3dc9e6680faa

2017年6月に発表した/掲載された短歌まとめ【25首】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n6a0753b5ac49

短歌パトロール日誌【最終回】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n41c835707189

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd

工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。

NHK短歌テキスト 2017年9月号の「ジセダイタンカ」に出てます!


今日は告知のみで失礼します。






















































































































ジセダイタンカ、出たかった欄で、ようやく出られたという感じです。うれしいとかよりは、安心しました。

よかったら見てください。














▼▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました





2017年7月に発表した/掲載されたオレの短歌まとめ|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n3dc9e6680faa

2017年6月に発表した/掲載された短歌まとめ【25首】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n6a0753b5ac49

短歌パトロール日誌【最終回】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n41c835707189

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd

工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。










ぬらっ。あなたの知っているわたしの歌、ほか

ぬらっ


ツイッター短歌史

【2017.8.17】
#あなたの知っているわたしの歌を教えてください

最初のツイートは長月優さんのこれらしい。
https://twitter.com/spicadrop_/status/898187094249529344





「あなたの知っているわたしの歌を教えてください」のタグ、なにも見ないで一首でも断片でも思い出せる人にリプライしてみた。

オレ? オレはそういうの大丈夫です。間に合ってる。

ツイッターでよく見かけるような人でも、作品はひとつとして記憶に残ってない人がだいぶ多い。

こういうタグは普段めったに話さないような人に話しかけるきっかけになるから良いですね。


でも、ほとんどみんな知らない。思い出せない。
知らない人ばっかりだけど、オレの見えないところでものすごく面白い歌の集まる場があったりするのかなあ。

かまってちゃんでもいいと思うよ。SNSに書き込みをする人には投げられない石だ。







NHK短歌9月号が発売になった。
「ジセダイタンカ」に短歌7首が掲載された。
順番からいえば、もっと早く出たかったし、なんであの人よりオレが遅いんだというような思いもあるけど、それは言わないでおく。巡り合わせだからな。早いから良いこともない。

まあともかく、読んでいただければうれしいです。







集英社「漫画版 日本の歴史10」半分まで。
五島美代子 自選歌集『そらなり』3分の1。いい歌がある。
穂村弘『もしもし、運命の人ですか。』150ページまで。
窪田空穂『まひる野』読みはじめた。抜粋では読んだことがある。




▼▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました





2017年7月に発表した/掲載されたオレの短歌まとめ|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n3dc9e6680faa

2017年6月に発表した/掲載された短歌まとめ【25首】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n6a0753b5ac49

短歌パトロール日誌【最終回】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n41c835707189

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd

工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。

ぬらっ。徳山さん

ぬらっ


短歌研究8月号読みおわる。
集英社の漫画版 日本の歴史9巻を読みおわる。
尾上柴舟『銀鈴』読みおわる。

穂村弘『もしもし、運命の人ですか』半分まで。
半藤一利・保阪正康『そして、メディアは日本を戦争に導いた』最初の章を読んだ。




短歌研究8月号に書いてあったんだけど、徳山高明さん亡くなったのか。オレの知るかぎりで宮城の唯一の短歌結社『群山』の代表だった。入院して選歌できずにいたそうで心配していたところだった。
オレと直接は関係ないんだけどさ。文学館にいくとよく『群山』見るんだよ。60ページに200人がいる。宮城にこういう会があるんだなあと。今月もしっかりやってるなあと。旧かなしか受け付けてなくて、いつも厳しいことが書いてあって、ピリッとしている歌誌だ。



▼▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました





2017年7月に発表した/掲載されたオレの短歌まとめ|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n3dc9e6680faa

2017年6月に発表した/掲載された短歌まとめ【25首】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n6a0753b5ac49

短歌パトロール日誌【最終回】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n41c835707189

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd

工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。

「岡大短歌5」を読む  ~春を理由に群れている草、ほか


「岡大短歌5」を読んだ

岡山大学短歌会の本。6月10日発行となっている。



やりたいと思ったことをやる日々の、春を理由に群れている草

時に風 景色を揺らし わたくしの決断を人が過ちという
/川上まなみ「春を理由に」

→やりたいことをする日々は、あるいは孤独なのだろうか。群れている草は上の句とは対比になっていると読んだ。
「時に風」の歌は一字あけが二つあって途切れ途切れに始まるが、三句以降は一本の棒のように完全につながっている。



このこころわたしの中はもうやめてどこかで遠く生きたらいいよ/水嶋晴菜「羊水」
→自分の内側を見つめるような一連で、印象的だった。
自分で自分がいやになるという経験はオレもよくするけど、それともちょっと違うような。



十七のわれが作ったババロアの写真なんかを待ち受けにするな/山田成海「ケイドロ」
→「学年×5」首連作という企画から。いい企画だなあ。部活の練習メニューみたいで。
ということは連作の歌の数でおよその年齢がわかるわけで、「十七のわれ」は何年も前だ。母の歌の次に置かれている。



この兵士は確かこのあと死ぬはずだ故郷の森を語ったあとで/森永理恵「蜃気楼システム」
→二度目に見る映画やドラマならば、こういう思いで視聴することがある。二度目の映画だと言わないからふくらみが出る。
「ディアハンター」にそんな場面があったと記憶しているが、しらべてもよく確認できなかった。



山頂はとても静かな草原でまたここに来てしまい早田君のカミソリシュート

神楽尾まで届け俺のカミソリシュート(ガッツ250消費)
/しんくわ「那岐山」

→岡大短歌5はゲストにぺんぎんぱんつのお二人を迎えている。
キャプテン翼……それもファミコンのじゃないですか! 相手が女子とか大学生とか全然関係なく昔のサッカーゲームの歌がでてくる。
「しまい早田君」というもっていき方もすごい。驚き桃の木山椒の木、当たり前田のクラッカー、みたいなつなげ方だ。


前にも言ったんだけど、相変わらず一首評が山鳥のしだり尾のように長い。800字を超えている。この量では読めない。100字から200字くらいが読みやすい。20字とかでもいいくらい。そのように思って書いているのがオレのこのブログというわけです。




銭湯のシャワーを浴びる友人の背中に来るべき結婚式/山田成海
→岡大は短歌バトルで優勝したんだそうで、そのことが色々に書いてある。オレはそのときの試合は見ていない。
試合は見ていないけどこの歌はおもしろいから、「念人や判者の解説がないと読者に響かない歌である」とは全然思わない。

シャワーを浴びてるときって無防備なんだけども、そんなところに結婚式という、人生のビッグイベントが忍び寄ってこようとは。一体どうなってしまうんだ!!
「来たるべき」をどう読めばいいかに迷う。どんな時でも時間は動いていて、来るべきものは常に近づいていると言えば言える。

「きたるべき」と読んでたけど「くるべき」にも読めると気づいて、なんかわかんなくなっちゃったな。
と思ったら、70ページは「来るべき」で72ページは「来たるべき」の表記になっていた。ネットでしらべても表記が割れている。







オレはあんまり短歌バトルは好きじゃないんだよね。短い時間でセカセカけなし合うのが大変そう。一分間で要領よくディベートできたからって、短歌のなにが優れているんだ。

判が気に入らないというツイートがリアルタイムであふれてきて、いやいやそのためのコメント欄でしょと。短歌バトルがある日は歌人たちのいるタイムラインも見たくなくなる。自分が「ニコ生を見るような人間」であるのを認めたくないあまりにツイッターに書いちゃうのか? 短歌であると同時にニコ生でもあるんだから、ニコ生にいる時くらいはニコ生に合わせたらいいのに。ニコ生見たくないからツイッター見てるんだよこっちは。

あと、過激な単語で勝負しようとする「狙った」歌が出てくるのも嫌なんだよ。
そういう意味では、派手さで勝負しない岡大が優勝したのは良いことだと思う。



とまあ、こういう人もいますよってことで。


んじゃまた。




▼▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました





2017年7月に発表した/掲載されたオレの短歌まとめ|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n3dc9e6680faa

2017年6月に発表した/掲載された短歌まとめ【25首】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n6a0753b5ac49

短歌パトロール日誌【最終回】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n41c835707189

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd

工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。










ぬらっ。本屋のフェア


ぬらっ




大きいのか小さいのか https://t.co/KWh07qr2zS
食べた感じではふつうだった。



また本を買った。増える一方だ。
本屋に寄ったら、戦争の本のフェアをやっていて、加藤陽子さんが選んだ本をならべていた。ちょうど興味あった。これを逃したらフェアが終わってそれぞれの本がそれぞれの棚に散ってしまいそうだから、この機会にそのなかから一冊買ってきた。

よく、本が本のなかでオススメされていたりするけど、そこで気になっても実際に手にとるまでにはなかなか至らない。
でも本屋のフェアだと、おすすめの本をすぐに手にとって確かめられるからいいな。

石田勇治『ヒトラーとナチ・ドイツ』と
半藤一利・保阪正康『そして、メディアは日本を戦争に導いた』
を買った。たいせいよくさんかい(変換できない)の本も気になったが今回は見送った。

体勢よく三回 って変換されて、なんかこれってあれだよ。







本と雑談ラジオを聴いた。おもしろかったけど、短歌を読み慣れない人に短歌を読んでもらうむずかしさに直面した。短歌はむずかしい。

今日も、あるところで「工藤君の短歌は意味がわからない」と言われたところだった。

二本の「本と雑談ラジオ」はオレの心になにかを残していった。そわそわしたり、ショックをうけた。これを何か行動や考え方の変化につなげたかったが、考えてもよくわからなかった。心の中に古泉さんを、ということを覚えた。

しょっちゅう短歌のことで思い悩むんだけど、今夜のは大きい。



▼▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました





2017年7月に発表した/掲載されたオレの短歌まとめ|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n3dc9e6680faa

2017年6月に発表した/掲載された短歌まとめ【25首】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n6a0753b5ac49




短歌パトロール日誌【最終回】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n41c835707189

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd

工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。










ぬらっ。8/16

ぬらっ。




ツイッターではなにもつぶやかなかったな。
仕事でいそがしかった。


集英社「漫画版 日本の歴史」8を読んだ。明治時代。
YouTubeで見た「まんが日本史」が明治維新で終わってたから、ちょうどそのつづきみたいだ。


短歌ができない。つくれないなあ。



有料マガジンに、7月の短歌のまとめを書いた。遅くなった。



▼▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました





2017年7月に発表した/掲載されたオレの短歌まとめ|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n3dc9e6680faa

2017年6月に発表した/掲載された短歌まとめ【25首】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n6a0753b5ac49




短歌パトロール日誌【最終回】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n41c835707189

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd

工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。

ぬらっ。ミヤギテレビのクロージング

ぬらっ




"sm5740804 ミヤギテレビのEDを初音ミクで" https://t.co/ode37RKztk

ミヤギテレビ「夜のしおり」(00:05:39) #sm3576905 https://t.co/3oomxP2vlp


1995年くらいのテレビのクロージングの動画を貼った。

真夜中に誰もいない居間に行って、あるいは自分の部屋にあったテレビでクロージングを見るのが好きだった。
ミヤギテレビのクロージングはしっとりと暗くて好きだった。これを見ると「いま自分はたったひとりで闇の中にいる」と感じた。

東日本放送のクロージングも夜景なんだけど、画面はあまり動かなくてのんきな音楽だった。オープニングは輝く海を映していて、そちらのほうがよかった。

仙台放送はオープニングもクロージングも歌を流していたな。人が行き交う映像だったと記憶している。

TBC東北放送はオープニングもクロージングも放送局を空中から映している映像で、モーツァルトのディヴェルティメントK.136の2楽章が流れていた。

だんぜんミヤギテレビのクロージングが暗くて好きだったな。もうテレビも放送をやめるような深夜なんだぞ、ということを感じられて。
初音ミク版の動画がでているのは、認められたみたいでうれしい。今になっても動画をつくるような人がいるんだなと。

最後に真っ暗になって、終わったな……と余韻にひたっているとしばらくしてから砂嵐がくる。夜中の3時過ぎなんて、ラジオつけても「歌うヘッドライト」っていう演歌の番組だし。深夜がさびしかった。

テレビの砂嵐、最近見てないなあ



ミヤギテレビ/夜のしおり~クロージング 1989年8月頃 (00:05:31) #sm12385283+https://t.co/kewinVO4OF

89年のも見つけた。
しかしなんて暗いんだ!
95年バージョンよりもずっと灯りの少ない夜景だ。音楽も、もの悲しい。もう寝なさいっていう番組だ。
田舎とまでは言わないが、あんまり都会じゃない場所の夜景は寂しいもんだな。いろんなところを映しているが、どれもこれも暗い。何度も見ちゃう。






メインのブログにアップしたan・anの記事がやや伸びて200人くらいに読まれた。まあそんなもんか。知らない人が拡散してくれたりもした。

男だけど「an・an」のセックス特集号を読んで付録DVDを見た : ▼存在しない何かへの憧れ https://t.co/mOJcagX5nW


たまにこういうことをするのはよいと思う。「こいつは何をしでかすかわからないぞ、目がはなせないぞ」という感じを与えたい。
たくさんやると短歌の人が離れてゆくから、よくない。いかがわしいページと判断されて検索順位が下がるなどするかもしれない。

以前、ライブドアブログにエロい記事ばかり書いていたらカテゴリが「アダルト」に強制的にうつされて、戻せなくなったことがある。そういうのは避けたい。短詩のカテゴリにいるから高い順位をキープできてそこから読者を得られるのだ。





松尾スズキ『大人失格』読みおわった。おもしろかった。



▼▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました



2017年6月に発表した/掲載された短歌まとめ【25首】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n6a0753b5ac49




短歌パトロール日誌【最終回】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n41c835707189

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd

工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。
プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR