「岡大短歌5」を読む  ~春を理由に群れている草、ほか


「岡大短歌5」を読んだ

岡山大学短歌会の本。6月10日発行となっている。



やりたいと思ったことをやる日々の、春を理由に群れている草

時に風 景色を揺らし わたくしの決断を人が過ちという
/川上まなみ「春を理由に」

→やりたいことをする日々は、あるいは孤独なのだろうか。群れている草は上の句とは対比になっていると読んだ。
「時に風」の歌は一字あけが二つあって途切れ途切れに始まるが、三句以降は一本の棒のように完全につながっている。



このこころわたしの中はもうやめてどこかで遠く生きたらいいよ/水嶋晴菜「羊水」
→自分の内側を見つめるような一連で、印象的だった。
自分で自分がいやになるという経験はオレもよくするけど、それともちょっと違うような。



十七のわれが作ったババロアの写真なんかを待ち受けにするな/山田成海「ケイドロ」
→「学年×5」首連作という企画から。いい企画だなあ。部活の練習メニューみたいで。
ということは連作の歌の数でおよその年齢がわかるわけで、「十七のわれ」は何年も前だ。母の歌の次に置かれている。



この兵士は確かこのあと死ぬはずだ故郷の森を語ったあとで/森永理恵「蜃気楼システム」
→二度目に見る映画やドラマならば、こういう思いで視聴することがある。二度目の映画だと言わないからふくらみが出る。
「ディアハンター」にそんな場面があったと記憶しているが、しらべてもよく確認できなかった。



山頂はとても静かな草原でまたここに来てしまい早田君のカミソリシュート

神楽尾まで届け俺のカミソリシュート(ガッツ250消費)
/しんくわ「那岐山」

→岡大短歌5はゲストにぺんぎんぱんつのお二人を迎えている。
キャプテン翼……それもファミコンのじゃないですか! 相手が女子とか大学生とか全然関係なく昔のサッカーゲームの歌がでてくる。
「しまい早田君」というもっていき方もすごい。驚き桃の木山椒の木、当たり前田のクラッカー、みたいなつなげ方だ。


前にも言ったんだけど、相変わらず一首評が山鳥のしだり尾のように長い。800字を超えている。この量では読めない。100字から200字くらいが読みやすい。20字とかでもいいくらい。そのように思って書いているのがオレのこのブログというわけです。




銭湯のシャワーを浴びる友人の背中に来るべき結婚式/山田成海
→岡大は短歌バトルで優勝したんだそうで、そのことが色々に書いてある。オレはそのときの試合は見ていない。
試合は見ていないけどこの歌はおもしろいから、「念人や判者の解説がないと読者に響かない歌である」とは全然思わない。

シャワーを浴びてるときって無防備なんだけども、そんなところに結婚式という、人生のビッグイベントが忍び寄ってこようとは。一体どうなってしまうんだ!!
「来たるべき」をどう読めばいいかに迷う。どんな時でも時間は動いていて、来るべきものは常に近づいていると言えば言える。

「きたるべき」と読んでたけど「くるべき」にも読めると気づいて、なんかわかんなくなっちゃったな。
と思ったら、70ページは「来るべき」で72ページは「来たるべき」の表記になっていた。ネットでしらべても表記が割れている。







オレはあんまり短歌バトルは好きじゃないんだよね。短い時間でセカセカけなし合うのが大変そう。一分間で要領よくディベートできたからって、短歌のなにが優れているんだ。

判が気に入らないというツイートがリアルタイムであふれてきて、いやいやそのためのコメント欄でしょと。短歌バトルがある日は歌人たちのいるタイムラインも見たくなくなる。自分が「ニコ生を見るような人間」であるのを認めたくないあまりにツイッターに書いちゃうのか? 短歌であると同時にニコ生でもあるんだから、ニコ生にいる時くらいはニコ生に合わせたらいいのに。ニコ生見たくないからツイッター見てるんだよこっちは。

あと、過激な単語で勝負しようとする「狙った」歌が出てくるのも嫌なんだよ。
そういう意味では、派手さで勝負しない岡大が優勝したのは良いことだと思う。



とまあ、こういう人もいますよってことで。


んじゃまた。




▼▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました





2017年7月に発表した/掲載されたオレの短歌まとめ|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n3dc9e6680faa

2017年6月に発表した/掲載された短歌まとめ【25首】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n6a0753b5ac49

短歌パトロール日誌【最終回】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n41c835707189

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd

工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。










スポンサーサイト

ぬらっ。本屋のフェア


ぬらっ




大きいのか小さいのか https://t.co/KWh07qr2zS
食べた感じではふつうだった。



また本を買った。増える一方だ。
本屋に寄ったら、戦争の本のフェアをやっていて、加藤陽子さんが選んだ本をならべていた。ちょうど興味あった。これを逃したらフェアが終わってそれぞれの本がそれぞれの棚に散ってしまいそうだから、この機会にそのなかから一冊買ってきた。

よく、本が本のなかでオススメされていたりするけど、そこで気になっても実際に手にとるまでにはなかなか至らない。
でも本屋のフェアだと、おすすめの本をすぐに手にとって確かめられるからいいな。

石田勇治『ヒトラーとナチ・ドイツ』と
半藤一利・保阪正康『そして、メディアは日本を戦争に導いた』
を買った。たいせいよくさんかい(変換できない)の本も気になったが今回は見送った。

体勢よく三回 って変換されて、なんかこれってあれだよ。







本と雑談ラジオを聴いた。おもしろかったけど、短歌を読み慣れない人に短歌を読んでもらうむずかしさに直面した。短歌はむずかしい。

今日も、あるところで「工藤君の短歌は意味がわからない」と言われたところだった。

二本の「本と雑談ラジオ」はオレの心になにかを残していった。そわそわしたり、ショックをうけた。これを何か行動や考え方の変化につなげたかったが、考えてもよくわからなかった。心の中に古泉さんを、ということを覚えた。

しょっちゅう短歌のことで思い悩むんだけど、今夜のは大きい。



▼▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました





2017年7月に発表した/掲載されたオレの短歌まとめ|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n3dc9e6680faa

2017年6月に発表した/掲載された短歌まとめ【25首】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n6a0753b5ac49




短歌パトロール日誌【最終回】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n41c835707189

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd

工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。










ぬらっ。8/16

ぬらっ。




ツイッターではなにもつぶやかなかったな。
仕事でいそがしかった。


集英社「漫画版 日本の歴史」8を読んだ。明治時代。
YouTubeで見た「まんが日本史」が明治維新で終わってたから、ちょうどそのつづきみたいだ。


短歌ができない。つくれないなあ。



有料マガジンに、7月の短歌のまとめを書いた。遅くなった。



▼▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました





2017年7月に発表した/掲載されたオレの短歌まとめ|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n3dc9e6680faa

2017年6月に発表した/掲載された短歌まとめ【25首】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n6a0753b5ac49




短歌パトロール日誌【最終回】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n41c835707189

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd

工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。

ぬらっ。ミヤギテレビのクロージング

ぬらっ




"sm5740804 ミヤギテレビのEDを初音ミクで" https://t.co/ode37RKztk

ミヤギテレビ「夜のしおり」(00:05:39) #sm3576905 https://t.co/3oomxP2vlp


1995年くらいのテレビのクロージングの動画を貼った。

真夜中に誰もいない居間に行って、あるいは自分の部屋にあったテレビでクロージングを見るのが好きだった。
ミヤギテレビのクロージングはしっとりと暗くて好きだった。これを見ると「いま自分はたったひとりで闇の中にいる」と感じた。

東日本放送のクロージングも夜景なんだけど、画面はあまり動かなくてのんきな音楽だった。オープニングは輝く海を映していて、そちらのほうがよかった。

仙台放送はオープニングもクロージングも歌を流していたな。人が行き交う映像だったと記憶している。

TBC東北放送はオープニングもクロージングも放送局を空中から映している映像で、モーツァルトのディヴェルティメントK.136の2楽章が流れていた。

だんぜんミヤギテレビのクロージングが暗くて好きだったな。もうテレビも放送をやめるような深夜なんだぞ、ということを感じられて。
初音ミク版の動画がでているのは、認められたみたいでうれしい。今になっても動画をつくるような人がいるんだなと。

最後に真っ暗になって、終わったな……と余韻にひたっているとしばらくしてから砂嵐がくる。夜中の3時過ぎなんて、ラジオつけても「歌うヘッドライト」っていう演歌の番組だし。深夜がさびしかった。

テレビの砂嵐、最近見てないなあ



ミヤギテレビ/夜のしおり~クロージング 1989年8月頃 (00:05:31) #sm12385283+https://t.co/kewinVO4OF

89年のも見つけた。
しかしなんて暗いんだ!
95年バージョンよりもずっと灯りの少ない夜景だ。音楽も、もの悲しい。もう寝なさいっていう番組だ。
田舎とまでは言わないが、あんまり都会じゃない場所の夜景は寂しいもんだな。いろんなところを映しているが、どれもこれも暗い。何度も見ちゃう。






メインのブログにアップしたan・anの記事がやや伸びて200人くらいに読まれた。まあそんなもんか。知らない人が拡散してくれたりもした。

男だけど「an・an」のセックス特集号を読んで付録DVDを見た : ▼存在しない何かへの憧れ https://t.co/mOJcagX5nW


たまにこういうことをするのはよいと思う。「こいつは何をしでかすかわからないぞ、目がはなせないぞ」という感じを与えたい。
たくさんやると短歌の人が離れてゆくから、よくない。いかがわしいページと判断されて検索順位が下がるなどするかもしれない。

以前、ライブドアブログにエロい記事ばかり書いていたらカテゴリが「アダルト」に強制的にうつされて、戻せなくなったことがある。そういうのは避けたい。短詩のカテゴリにいるから高い順位をキープできてそこから読者を得られるのだ。





松尾スズキ『大人失格』読みおわった。おもしろかった。



▼▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました



2017年6月に発表した/掲載された短歌まとめ【25首】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n6a0753b5ac49




短歌パトロール日誌【最終回】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n41c835707189

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd

工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。

読売新聞の読売歌壇(2017.8.14)に短歌が掲載されました

一昨日になりますが、読売新聞の読売歌壇にひさしぶりに短歌が掲載されました。

俵万智さんの選で、二席でした。


標識に赤い斜線をかけられた男が禁止行為をやめない/工藤吉生



ひさしぶりっていうか、今年初めての読売歌壇でした。毎週出してるのに。オレにとっては厳しい欄です。





https://blogs.yahoo.co.jp/hirahira_kotoba/15006375.html
こちらのブログでこの短歌をご紹介いただきました。

っていうか、読売の紙面をひたすら書き移しているページですねこれは。スマホからは見づらい色なんですがパソコン表示だとふつうに見れます。
こういうカラフルなページをつくるのは三十代以上の方が多い気がいたします。








自分の歌を自分で解説するのはあんまりよくないんですが、新聞の歌だけは特別に自歌自注してよいことにしているのでちょっとだけ書きます。

といっても、意味は俵さんが評してくださったような意味です。

あえて付け加えるならば、この男はオレのなかの頑固さをあらわしています。
禁止の標識は「こういうことをするな」と言っています。「この男のように横断するなよ」と。

そういう「悪い例」のように晒し者にされて赤い斜線を引かれても斜線のなかで禁止行為をし続ける、それくらいの意志をときには持ちたいと思うわけです。





新聞に載った短歌のまとめはこちら。
http://t.co/6IYOFlvBhk

▼▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました



2017年6月に発表した/掲載された短歌まとめ【25首】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n6a0753b5ac49




短歌パトロール日誌【最終回】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n41c835707189

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd

工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。

ぬらっ。読売

ぬらっ



読売歌壇にひさしぶりに短歌が載って気持ちがいい。二席。

https://blogs.yahoo.co.jp/hirahira_kotoba/15006375.html
こちらのブログで短歌をご紹介いただきました。

っていうか、読売の紙面をひたすら書き移しているページだ。スマホからは見づらいがパソコン表示だとふつうに見れる。







短歌研究8月号は60ページまで。
松尾スズキ『大人失格』おもしろい。のこり30ページ。
漫画 日本の歴史も進む。

尾上柴舟の歌集を少しずつ読みはじめた。




▼▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました



2017年6月に発表した/掲載された短歌まとめ【25首】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n6a0753b5ac49




短歌パトロール日誌【最終回】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n41c835707189

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd

工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。

男だけど「an・an」のセックス特集号を読んで付録DVDを見た


an・an(No.2065)の「愛とSEX」の特集を読んだ。


わけあって、初めてこういう雑誌をじっくり読んだ。

読んで思ったのは、円グラフ好きだなってところです。
何が多数派なのか、というのはなるほど興味ある。質問がオーソドックスなところからすると、毎年質問してるのか。


いろんなグッズがあるのを見てるのがおもしろい。へー、とは思うけど実際には探しもしないし買いもしないし使いもしない、そういうグッズを眺めてるのがおもしろい。
ここに書かれた数々のテクニックもあるいはそうかも。覚えもしないし使いもしない。



あと、生活とセックスが結びついてると思った。なんて言ったらいいのか難しいんだけど。現実と地続きのところにセックスがある。

付録のDVDの設定もそうだし、島本理生さんの小説もそう。読者の体験談もそう。無理っぽい無理がなくて流れが自然だ。

島本さんの小説、最初のほうに出張がどうとか社長がどうとか出てくる。仕事を思い出して気が重くなり、それ以上読めない。


男のエロは「不自然さ」や「無理」でできてるんだよ。
隣の奥さんが爆乳でしかも強引に誘惑してくるとか、
時間を止められるとか、
出会って4秒でとか、
特殊な鏡のついた車とか。
とかとかとか。
作品のために現実っぽさは犠牲になっている。それでもあんまり気にしないで視聴する。ディズニーランドでネズミが二足歩行を誰も気にしないように。
スリーサイズや経験人数をきくインタビューから始まるAVがたくさんあるけど、その状況からしてもう日常風景とは違うでしょ。「これはAVなんです」っていうのをAVが最初からはっきり言ってるわけで、AVの外の世界とは切れている。


べつにAVの話だけがしたいんじゃないよ。
男性向けの官能小説の場合は独特で奇妙な語彙があったり、不思議なあえぎ方をさせたりしていて、まるでそこに結界でも張ってあって他の世界と関わらないようにしてあるのかというくらいだ。
an・anではそういう「結界」みたいなのが無い(薄い)ところにアウェイを感じた。ってことを今オレは言おうとしている。



ふと中島みゆきの
男はロマンチスト あこがれを追いかける生き物
女は夢のないことばかり無理に言わせる魔物

って歌詞を思い出したりもして。



あと、しみけんさんのトークが優しいというか、心づかいがすごいなと思った。
「ことが終わった後に、クシャクシャに脱ぎ捨てた下着をつけてる姿っていうのはなんかどことなく切ないので、脱がせながら軽くたたむようにしておいたりします」だって。


そんな感じです。
オレの狭い知識をもとに書いたんで例外はいくらでもあるでしょうけども、オレの視野からはそう見えているということを書いてみました。





▼▼▼



つづいて、このan・anの付録DVDの感想。

「in Her case 最高の一夜」
というタイトルで、収録時間73分で三本立て。
女性向けのこういう映像作品は初めて見た。



気づいたことを書いていく。


▽第一話

行為の最中もずっと静かなBGMが流れている。これは全三話に共通している。

小道具や部屋がおしゃれだ。撮影のための部屋って感じがしない。

第一話の男は年上の女に甘えるのがうまい。女はツンツンしている。

挿入するとまもなく事後の場面に飛んだ。二話と三話は男性のフィニッシュの描写がある。


ヘアーを映さないし、入れてるところが映らない。液体も無し。ほんとに行為をしてるわけじゃないのかも。
モザイクをかけてるわけじゃなくて、テーブルの足とかピンクのバラで大事なところを隠している。
声とか動きだけでも、ほんとにやってるような感じは出るものだな。






▽第二話
十年ぶりに再会した男女という設定で、なにかと「十年ぶり」「十年ぶん」という。


おいしそうなケーキを食べている。ケーキを食べかけのままイチャイチャしはじめて行為に到っているのが気になってしまった。美味しい美味しいと言って食べてて、だったら最後まで食べないのかなって。


自由に、というか、自然な感じで会話している。他愛もないことをいろいろしゃべっている。
男性向けのAVって、そんなに会話してないよね。男が女に、進行上必要な言葉を言わせようと誘導するのはよくあるけど。オレはそれを会話と思わない。

おでこをくっつけてしゃべってる。これはイチャイチャ感があるなあ。



▽第三話

クンニは三話すべてに出てくるが、フェラがあるのは第三話だけ。肝心なところが隠れてるから、ほんとに舐めてるのかはわからないし、まあ舐めてないでしょう。


なにかの配慮で、三話すべてにコンドームをつける描写がある。男が手を伸ばすとそこにゴムがあることになっている。第三話のコンドームには「an・an」と書いてあった。シリアスな話だが、シリアスさが薄れる。一徹さんはシリアスな顔をしているけども。


プチプチで食器を梱包したり、お湯をわかしてコーヒーをいれる場面に時間をかけている。じっくりとしたつくりのドラマだ。

途中まではほんとにただのドラマや映画みたいで、アダルト作品という感じがない。
セックスありきのドラマじゃなくて、ドラマのなかにセックスがある。サッカーでたとえると、PK戦のゴールと試合の流れのなかでのゴール。

ゴールからあまり距離のないところにボールがおいてあって、蹴ったらゴール。それがPK。
パスをだしあいながらボールを運んでて、取られては取りかえして攻めあがって、上げられたセンタリングに中の選手がマークを外してうまく頭で合わせてゴール。みたいに手数をかけるのが流れのなかでのゴール。
男性向けは前者で女性向けは後者というイメージをもった。

コーヒーをいれるのも食器を梱包するのも、性行為と関係ない。第二話の「会話」もだけど、関係なさそうなことを丁寧に見せて、それによって行為への自然な導入をつくっているのが全体の印象としてある。







名前を呼び合いながらセックスしていて、ああ、男優と女優の一対一だなあと思う。
オレの見てきたいわゆる男性向けのAVはあんまりそうなってないというか、視聴者と女優の一対一に近い。男優の顔をあまり映さない。




イケメンばっかり出てくるけど、イケメンは見てて嫌な気はしないよ。

73分間、なんだかんだで見ることができた。でも、見てて興奮とかはしない。ずっとペンを持ってメモしながら見てた。このジャンルはもういいです。

ぬらっ。はじめて電子書籍の漫画を買った

ぬらっ



初めてKindleの本をAmazonで買った。0円のものを買ったことはあるけど、有料のは初めて。

漫F画太郎の『罪と罰』全4巻のうち1.2.3巻を読んだんだけど4巻が店で見つからなくて、でも続きがどうしても気になるからネットで買うことにした。

Amazonを調べると紙の本よりも先にKindleが出てくる。値段もKindleのほうが安い。349円とかだった。

Amazonで買い物するのは二回目で、一回目は代引きを使って本を買った。今回は電子書籍で、電子書籍に代引きは無いから、カード情報を登録してカードで買った。買ったらダウンロードされた。数分くらいでそれが完了して、読めた。スマホに漫画が出てきて、それをタッチしてめくって読んだ。
なるほど紙と同じように漫画も読める。スマホのせいでサイズがやや小さいのと、見開きのコマの迫力が減るっていうのはあるが、思ったより違和感なく読めた。

Kindleで一番いいと思ったのは、部屋にいながらにしてすぐ買えて、買ったらわりとすぐ読めることだ。何時に配達の人がくるからその時間は外出できないとか風呂にも安心して入れないとか、そういうのがない。便利だなあ。

この本ほしいなと思ったら、スマホをいじって、数分で読める。ドラえもんの未来デパートみたい。
いや、未来デパートの場合は入力すら無いんだったか。「ほしい」って言えば出てくるんだっけ。あれってSiriみたいな音声認識と連動してんのか。
「ほしい」と言えば買い物できちゃう仕組み、作れば作れそうだよね。でもそれって便利なのか? ……と空想した。







「合歓」77号を読んだ。


齋藤孝『声に出して読みたい論語』読みおわった。100の言葉が大きな字で書いてある。高校のころに授業でやったのを思い出しながら読んだ。毎日5ずつ、20日かけて読んだ。黙読で。


本買ったんだった。
穂村弘『もしもし、運命の人ですか』を、まだ読んでないと思ったから買った。読んでたら残念でしただ。
保阪正康『東條英機と天皇の時代』
集英社の『漫画版 日本の歴史』
の明治時代以降の三冊も買った。




▼▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました



2017年6月に発表した/掲載された短歌まとめ【25首】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n6a0753b5ac49




短歌パトロール日誌【最終回】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n41c835707189

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd

工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。

ぬらっ。an・an


ぬらっ


わけあって、an・anを買った https://t.co/ViXF8c3CIA

そのうち、その気分になったら読むけど、今は読みたくない。

画像にNHK短歌テキスト9月号があるところに注目してほしい。8/20発売の雑誌。
それ以上はまだ書けない。


角川「短歌」7月号を今ごろ読んだ。
一日で読んだ。よく集中した。
松尾スズキ『大人失格』150ページまで。




▼▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました



2017年6月に発表した/掲載された短歌まとめ【25首】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n6a0753b5ac49




短歌パトロール日誌【最終回】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n41c835707189

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd

工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。










斎藤茂吉『白き山』を読む  ~出で入る息をたのしみて、ほか


講談社の日本現代文学全集で斎藤茂吉の歌集『白き山』を読んだ。山形の地名が多く出てくる。初句「最上川」が多い。蔵王なども詠まれる。



飛行機の音のきこえし今日の午後われは平凡なる妄想(まうざう)したり/斎藤茂吉『白き山』



かすかなる出で入る息(いき)をたのしみて臥處(ふしど)にけふも暮れむとぞする/斎藤茂吉『白き山』

→自分の呼吸する息をたのしんでいるというのか。身近すぎて気づかないようなところだ。



岩の間にかぐろき海が見えをれば岩をこえたる浪しぶき散る/斎藤茂吉『白き山』
→見える海から、散るしぶきへ。海とは距離のある場所にいるのかと思ってると、海はかんたんに岩を越えてくる。急に海が迫ってきたみたいで、力がある。




にごり酒のみし者らのうたふ聲われの枕をゆるがしきこゆ/斎藤茂吉『白き山』

われひとりきのふのごとく今日もゐてつひに寂しきくれぐれの山/斎藤茂吉『白き山』

少年の心は清く何事もいやいやながら爲(す)ることぞなき/斎藤茂吉『白き山』

あかときの山にむかひてゐる如く大きなるかなやこの諦念(あきらめ)は/斎藤茂吉『白き山』

→晩年の歌集だからか敗戦のことがあってか、さびしい愚痴っぽい歌が目立つ。にごり酒を飲んでうたう仲間に入ることはなく、しかし歌声にゆさぶられている。ものをいやがる少年に清さを感じるのも、自分のなかには山のようなあきらめがあるばかりだからだ。



春彼岸に吾はもちひをあぶりけり餅(もちひ)は見てゐるうちにふくるる

人は餅(もちひ)のみにて生くるものに非ず漢譯聖書はかくもつたへぬ
/斎藤茂吉『白き山』

→となりあって餅の歌がふたつある。餅をあぶっていたら訳された聖書の言葉を思い出したという流れか。おもしろいつながりだ。
「人はパンのみにて~」とは聞いたことあるが、餅に訳されている。餅は主食でもないし、ニュアンスが違うよねえ。
オレは餅が苦手だから、それのみで生きることになったらとても困る。



自動車のはじめて通るよろこびをこの部落びと聲にあげたり/斎藤茂吉『白き山』



馬叱る人のこゑする狭間(はざま)よりなほその奥が紅葉(もみぢ)せりけり/斎藤茂吉『白き山』





以上です。
んじゃまた。



▼▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました



2017年6月に発表した/掲載された短歌まとめ【25首】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n6a0753b5ac49




短歌パトロール日誌【最終回】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n41c835707189

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd

工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。










プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR