角川「短歌」2017年3月号を読む  ~諦めてからが本番、ほか


角川「短歌」2017年3月号。



時といふ見えざる幕を押し分けてゆく力あるうちが命ぞ/蒔田さくら子「鳥瞰」



地球にそそぐひかりをぜんぶあつめても生きかへらざるたつたひとりが/渡辺松男「夕枯野」

→なんというまばゆさだろう。そしてなんと死とは重い暗いものだろう。



諦めてからが本番みたいなところあるよねと言う ないかなと言う/辻聡之
→特集「青春と短歌」から。
大胆なことを言いたいけど、相手の同意がほしいし否定されたくもないんだな。わかる。「本番」についての考えを突き詰めきれてない感じが青春かと思った。

寺井龍哉さんの「それにも心いたまむとしき」の話がよかった。
そういうのを聞くと得した気分になる。みんなどうやって乗り越えてるんだろうと思うもん。




目つぶしにあふがごとくに父母の思ひ出多しせまきこの世に/大橋智恵子「記念日」
→考えさせる比喩だ。思い出は目の前を見えなくするという意味で「目つぶし」なのかな。


枝豆の豆みっしりと太りいてその夜(よ)怒りのごとき一皿/加藤英彦「母の昭和」

免罪符買った粉屋のおかみさんのように募金の領収書もらう/松村由利子「中世の闇」

ごとくに、ごとき、ように。気がつけば比喩の歌に多く丸をつけていた。
枝豆の歌。枝豆がなにを怒るのか、そう思える人間のうちに怒りがあるのか。
免罪符の歌。「粉屋のおかみさん」が見事だ。



カーディガンのまるい背中に射していた薄日も消えて授業は終わる/千葉聡「キットカット」



飛行機より星の光の強ければ星の後ろを飛行機がゆく/花山周子

→連載から。他の星より高くまで飛行機は飛ばないが、光の強さが距離の近さに見える。
夜空を見ている気分になる。



不発弾と同い年なり爆弾のとびかふ時にわれら生まれて/中野昭子『窓に寄る』



「全国結社・歌誌動向」に、オレがここで紹介したことのある「群山」がでていた。
「少しでも新たな歌材や歌境に挑戦して若々しい作品を投稿し、分かりやすく若い人にも受け入れやすい作歌に力を入れています」におどろいた。そういうことを拒否しているからああなるんだとばかり思っていた。



どうせまたいっとき流行るはかなさに「PPAP」使い回さる/天野美奈子
→題詠「林檎」を詠う、より。たしかにPPAPのAはりんごだ。こういう題の使い方があるのかと感心した。
内容はあれだけども。流行を使い回してるのはこの歌も同じことだ。「どうせまた」って言うけど、いつまでも流行っていてほしいのかなあ。いっときでたくさんだけどな。



というわけでこの本はおわり。
オレは角川歌壇に佳作2首と秀逸1首、題詠で1首、角川全国短歌大会の佳作に1首載った。
久々湊盈子さんの選による「題詠・林檎を詠う」は一番前に載ったのでよかった。

りんごの上にリンゴを置いてそのうえに林檎を乗せたぐらい不安だ/工藤吉生


んじゃまた。




▼▼▼



「やめたい」と書きたい|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/na34b71807522

抜け出したいという話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n3e29a2c9d9c3

成人病予防健診に行って、最悪だった話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n825cec319cde

2017年2月の工藤吉生の短歌すべて見せます|mk7911|note(ノート)

https://t.co/e37EDuY9fQ
工藤の有料マガジン【500円】やってます。






スポンサーサイト

ぬらっ。暗躍

ぬらっ



久しぶりにツイッターで歌の感想をつぶやいた。

その他は特に進まず。



あることをするにあたり、便利なものを見つけて、それをいじくった。
それはここにも書けないし、有料マガジンにも今は書けない。書きためているものはあるが、発表できる内容ではない。失敗すれば笑い話として言えるけど、まだ成功も失敗もしていない。
ある歌人に「ネットを暗躍している」と言われたけども、まさにそういうことをしている。見えたら「暗躍」ではないし、真似されたくないので見せない。







家族で食事に行った。いいものだね家族は。たくさんしゃべって笑った。




▼▼▼



「やめたい」と書きたい|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/na34b71807522

抜け出したいという話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n3e29a2c9d9c3

成人病予防健診に行って、最悪だった話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n825cec319cde

2017年2月の工藤吉生の短歌すべて見せます|mk7911|note(ノート)

https://t.co/e37EDuY9fQ
工藤の有料マガジン【500円】やってます。

ぬらっ。3/28

ぬらっ



そうそう。一昨日の枡野さんのメルマガの

「枡野浩一の存在を消したいと
本気で思う人が実際に動いたら私は死にます。
そこまでの存在と目されていないから生きている。」


というのが印象的だった。

体調が悪くてもそれを「なまぬるい」と思えるんだからなあ。打たれ強いなあ。
オレもああいうところで言われるんだけど、オレ程度の人間に課される税にしては高すぎると思っていた。体調が万全でも。それとも、もう言われてないのかもしれないけども。

「死ぬこと以外かすり傷」っていうの、ツイッターで見てちょっとおもしろがってからすぐ忘れてたけど、また思い出した。







未来3月号をようやく読み終わった。その勢いで歌集を一冊読んだ。梶原さい子さんの「ざらめ」。
たくさん寝たら読書する気力が戻ってきた。

メインのブログに書くことがなくなってきた。そろそろまた歌の感想をツイートしよう。


▼▼▼



「やめたい」と書きたい|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/na34b71807522

抜け出したいという話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n3e29a2c9d9c3

成人病予防健診に行って、最悪だった話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n825cec319cde

2017年2月の工藤吉生の短歌すべて見せます|mk7911|note(ノート)

https://t.co/e37EDuY9fQ
工藤の有料マガジン【500円】やってます。

角川「短歌」2017年3月号を読む  ~諦めてからが本番、ほか

角川「短歌」2017年3月号。



時といふ見えざる幕を押し分けてゆく力あるうちが命ぞ/蒔田さくら子「鳥瞰」



地球にそそぐひかりをぜんぶあつめても生きかへらざるたつたひとりが/渡辺松男「夕枯野」

→なんというまばゆさだろう。そしてなんと死とは重い暗いものだろう。



諦めてからが本番みたいなところあるよねと言う ないかなと言う/辻聡之
→特集「青春と短歌」から。
大胆なことを言いたいけど、相手の同意がほしいし否定されたくもないんだな。わかる。「本番」についての考えを突き詰めきれてない感じが青春かと思った。

寺井龍哉さんの「それにも心いたまむとしき」の話がよかった。
そういうのを聞くと得した気分になる。みんなどうやって乗り越えてるんだろうと思うもん。




目つぶしにあふがごとくに父母の思ひ出多しせまきこの世に/大橋智恵子「記念日」
→考えさせる比喩だ。思い出は目の前を見えなくするという意味で「目つぶし」なのかな。


枝豆の豆みっしりと太りいてその夜(よ)怒りのごとき一皿/加藤英彦「母の昭和」

免罪符買った粉屋のおかみさんのように募金の領収書もらう/松村由利子「中世の闇」

ごとくに、ごとき、ように。気がつけば比喩の歌に多く丸をつけていた。
枝豆の歌。枝豆がなにを怒るのか、そう思える人間のうちに怒りがあるのか。
免罪符の歌。「粉屋のおかみさん」が見事だ。



カーディガンのまるい背中に射していた薄日も消えて授業は終わる/千葉聡「キットカット」



飛行機より星の光の強ければ星の後ろを飛行機がゆく/花山周子

→連載から。他の星より高くまで飛行機は飛ばないが、光の強さが距離の近さに見える。
夜空を見ている気分になる。



不発弾と同い年なり爆弾のとびかふ時にわれら生まれて/中野昭子『窓に寄る』



「全国結社・歌誌動向」に、オレがここで紹介したことのある「群山」がでていた。
「少しでも新たな歌材や歌境に挑戦して若々しい作品を投稿し、分かりやすく若い人にも受け入れやすい作歌に力を入れています」におどろいた。そういうことを拒否しているからああなるんだとばかり思っていた。



どうせまたいっとき流行るはかなさに「PPAP」使い回さる/天野美奈子
→題詠「林檎」を詠う、より。たしかにPPAPのAはりんごだ。こういう題の使い方があるのかと感心した。
内容はあれだけども。流行を使い回してるのはこの歌も同じことだ。「どうせまた」って言うけど、いつまでも流行っていてほしいのかなあ。いっときでたくさんだけどな。



というわけでこの本はおわり。
オレは角川歌壇に佳作2首と秀逸1首、題詠で1首、角川全国短歌大会の佳作に1首載った。
久々湊盈子さんの選による「題詠・林檎を詠う」は一番前に載ったのでよかった。

りんごの上にリンゴを置いてそのうえに林檎を乗せたぐらい不安だ/工藤吉生


んじゃまた。




▼▼▼



「やめたい」と書きたい|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/na34b71807522

抜け出したいという話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n3e29a2c9d9c3

成人病予防健診に行って、最悪だった話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n825cec319cde

2017年2月の工藤吉生の短歌すべて見せます|mk7911|note(ノート)

https://t.co/e37EDuY9fQ
工藤の有料マガジン【500円】やってます。

ぬらっ。3/27

ぬらっ。



"暗黒放送 第7回生主ミラクル麻雀王者決定戦放送"
https://youtu.be/6gWgZ919Z_E

仕事して7時間ある動画を飛ばし飛ばししながら見たら、一日がおわった。

メインのブログを二日更新してないな。
歌集の書きうつしもしてない。
読書もしてない。
毎日やっていた読書を五ヶ月ぶりに忘れてさぼった。

なんもしてないな。
でもこのブログは更新している。






今月は一度も新聞に載らない。
去年「このペースでいくと来年の春ごろには掲載が100首になる」と書いたがそうならなかった。
毎日歌壇に彗星集の人が載ってるの見ると自分も送りたくなる。彗星集に入ったという理由で送らないことにしたから。
作歌が増えてないからなかなかやれないけども。






弟に誕生日プレゼント渡した。



▼▼▼



「やめたい」と書きたい|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/na34b71807522

抜け出したいという話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n3e29a2c9d9c3

成人病予防健診に行って、最悪だった話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n825cec319cde

2017年2月の工藤吉生の短歌すべて見せます|mk7911|note(ノート)

https://t.co/e37EDuY9fQ
工藤の有料マガジン【500円】やってます。

ぬらっ。ミラクル麻雀

ぬらっ。



"第8回 生主ミラクル麻雀 1回戦(石川典行・こくじん・ピョコタン・まけいぬ。)" https://youtu.be/nB23u0zBafs

ニコニコ生放送でおこなわれた麻雀の動画を見ていたら一日がおわった。ほんとにおもしろいんだよ。
麻雀をすこしは知ってるつもりだったけど、オレの知らない領域がとても広いことを知った。
全員の手牌を知ったうえで麻雀を観戦するというのはこういうことなのかと。全く新しい麻雀の楽しみ方だ。

1回戦の動画を貼った。4回戦は解説同士で喧嘩してるのがたのしかった。






弟の誕生日プレゼントを買った。買うつもりなかったけど、たまたまいいものを見つけた。




▼▼▼



「やめたい」と書きたい|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/na34b71807522

抜け出したいという話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n3e29a2c9d9c3

成人病予防健診に行って、最悪だった話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n825cec319cde

2017年2月の工藤吉生の短歌すべて見せます|mk7911|note(ノート)

https://t.co/e37EDuY9fQ
工藤の有料マガジン【500円】やってます。

ぬらっ。賞状/古本を買う/パタパタママ


ぬらっ。



角川全国短歌大賞の賞状いただきました。
https://twitter.com/mk7911/status/845597665341538304/photo/1
このまえ「佳作は賞状がない」って書いたけど、間違いでした。この賞で賞状いただくのは三回目。秀逸→特選→佳作。サイクルヒットみたいだなと思ったが、本塁打が足りない。






あんまりこういうこと言うと不快な方もおられるだろうけども。
ブックオフに「塔」の人の歌集がたくさんあって、興奮した。いくつか有名どころを買ってきた。まだ20冊くらいある。

2000年代後半あたりの歌集が多かったようだ。
歌集って数冊持つだけで重いんだな。いいところに遭遇したぞと思って手に抱えていったが、ハードカバーの7冊くらいで無理だと思って少し戻しちゃった。


短歌以外の本を読んで気分を変えたい、例えば古い漫画か小説でも、と思って出かけたのに歌集がどんと増えてしまった。

以前はそうでもなかったけども、今は歌集は好きよ。選び抜かれた歌が、考えられた順番で、ゆったりとならんでいる。ひとつひとつの歌をじっくり読むには良い形だなと今は思う。以前は、スカスカで損してるようであんまり読まなかったけども。

お店であれも欲しいこれも欲しいと手に持ったりカゴに入れていくと、あるときに「こんなに買ってもアレだから少し戻そう」という考えに変わる。ひとつ戻すと「これを戻すのならこっちも戻そう」と考えはじめてみんな棚に戻しそうになる。
宇宙は膨張と収縮を繰り返すってほんとかなあ。



歌集のほかに総合誌もあって、どれもメモがたくさんあった。背表紙にまでいろいろ書いていた。そしてそれを売る店も店だ。
今まで無かった短歌研究、角川「短歌」、歌壇、現代短歌の四誌の2012年くらいのものがそろっていた。熱心なかただ。


あんまり直近のものだとためらうが、数年たったら安く買っても罪悪感ないなあ。
前に、「本屋やコンビニで買えなくなった本に載った自作はネットに公開してる」って書いた。
5年や10年たって本屋から消えたら古本で買っても悪いと思わない。自分の基準。

でももちろん本の感想を書くときに古本で買ったとは書かない。いただきましたとかもなるべく書かない。今はネットに書くと作者も見てるから。そこにはデリカシーがはたらく。

古本で買った本の名前を書かなくなったのは、短歌を始めていろんな作者の意見を読んだからだ。自分では考えつかないな。
「いろんな作者の意見」に遭遇しなかった人がいたとしても責められない。







"beポンキッキーズ40th ソングス 「パタパタママ」"
https://youtu.be/X_e8AnrRQNg
パタパタママを聞きたくなった。1976年とある。オレがこどものころによく流れていたので、何年も流し続けたわけだ。たいやきくんとかホネホネロックとかもそう。そればっかりだから嫌でも覚える。

今聴くと、パタパタママはパパと仲がいいんだね。帰ってくるパパを「ウキウキおでむかえ」している。

紙に描いた絵をうまーく動かして面白い映像をつくっている。今はなかなか見ないぜ、そういうのは。





▼▼▼



「やめたい」と書きたい|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/na34b71807522

抜け出したいという話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n3e29a2c9d9c3

成人病予防健診に行って、最悪だった話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n825cec319cde

2017年2月の工藤吉生の短歌すべて見せます|mk7911|note(ノート)

https://t.co/e37EDuY9fQ
工藤の有料マガジン【500円】やってます。






ぬらっ。無気力の原因

ぬらっ。



僕おもの、寝たら勝ちっていう回を聞きながら寝てしまった。
http://bokuomo.seesaa.net/s/article/447919656.html






"「無気力」の原因と「やる気」を取り戻す方法"
https://youtu.be/o0tucSoX6og
聞いた。

これを聞きながら寝るつもりだったが話が良くって最後まで聞いた。
静かに語ってて、この人の声を聞いてるだけで心が落ち着く。
要約すればわずかなことしか言っていない。

無気力は現代の便利さや氾濫する情報がもたらしている。かつては一回の食事や入浴に大変な手間がかかった。便利さから少し離れてみたらどうだろう。通勤通学に歩いてみる、メールで済むところを手紙を書いてみるなどしてみよう。
という話。

要約すればわずかなことが、37分かけて語られていて、話に厚みがある。ぐっとくる。この時間のかけかたは、お手軽さから距離をとることにも通じているだろう。


人からいい話を聞いて、そのときだけ満足するっていうのを最近やっている。出口があると思うだけで安心して、脱出はしない。実行がむずかしい。






読書は、結社誌35ページ読んだだけ。
めくってもめくっても短歌で、そんなに読めないよと思う。前は読めてたのに。



▼▼▼



「やめたい」と書きたい|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/na34b71807522

抜け出したいという話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n3e29a2c9d9c3

成人病予防健診に行って、最悪だった話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n825cec319cde

2017年2月の工藤吉生の短歌すべて見せます|mk7911|note(ノート)

https://t.co/e37EDuY9fQ
工藤の有料マガジン【500円】やってます。

斎藤茂吉『ともしび』を読んだ


歌集。斎藤茂吉『ともしび』。

火事の後からはじまる歌集だ。大正十四年から昭和三年。


Thanatos(タナトス) といふ文字見つけむと今日一日(ひとひ)焼けただれたる書(ふみ)をいぢれり/斎藤茂吉『ともしび』



戀にこがれて死なむとすらむをとめごもここの通(とほり)に居(を)るにやあらむ/斎藤茂吉『ともしび』



柱時計ここに焼けけむ齒ぐるまの錆(さ)び果て居るを蹴(け)とばしにけり/斎藤茂吉『ともしび』



たまきはる命をはりし後世(のちのよ)に砂に生れて我は居るべし/斎藤茂吉『ともしび』

さっきも砂と命の歌があった。砂に親しみがあるのか。



をさなごは吾が病み臥せる枕べの蜜柑を持ちて逃げ行かむとす/斎藤茂吉『ともしび』



ならび立つ墓石(はかいし)のひまにマリガレツといふ少女(をとめ)の墓も心ひきたり/斎藤茂吉『ともしび』

今なら「マーガレット」ってところか。青山墓地の歌。



よるふけし街の十字にしたたかに吐きたるものの氷りけるかも/斎藤茂吉『ともしび』



をさなごは「なるほど」という言おぼえて朝な夕なにしきりに使ふ/斎藤茂吉『ともしび』



味噌汁に笹竹の子を入れたるをあな珍(めづ)らあな難有(ありがた)と云ひつつ居たり/斎藤茂吉『ともしび』



朝がれひ旨(うま)らに食へど足いたし諸足いたしかがみがたしも/斎藤茂吉『ともしび』

茂吉と食べ物。ありがたく食べたりおいしく食べたりしている。ミカンは持ち去られている。
さっきの蜜柑の歌は「逃げ行かむとす」だった。茂吉から無事逃げきれたんだろうか。



人だかりの後(うし)ろよりわれのびあがり正岡子規が遺物見にけり/斎藤茂吉『ともしび』




あんまりコメントせずに好きな歌を引いてみた。



▼▼▼



「やめたい」と書きたい|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/na34b71807522

抜け出したいという話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n3e29a2c9d9c3

成人病予防健診に行って、最悪だった話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n825cec319cde

2017年2月の工藤吉生の短歌すべて見せます|mk7911|note(ノート)

https://t.co/e37EDuY9fQ
工藤の有料マガジン【500円】やってます。






ぬらっ。消されたものを探した

ぬらっ



あるサイトから消されたものを探し回った。Gに行けばあると知り、そこへ行ったが見つからない以前に探しづらい。
Eへ行けばあるとも聞いてそこへ行ったらある程度みつかった。そこでは無料でつかえる部分に制限があるが、キャッシュを消せば復活できると知り、そうした。

なくなったと思ったものに再会できてよかった。その一方で、一番見たいものは見つからなかった。それは残念。
ネットサーフィンはおもいのほか時間を消費する。

一番見たいものを探すためにまだ時間を消費することになりそうだ。






五首くらい短歌つくった。
ダメな歌ばかりでも、作ると落ち着く。発表するかはわからんな。

読書が進まない。



▼▼▼



抜け出したいという話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n3e29a2c9d9c3

成人病予防健診に行って、最悪だった話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n825cec319cde

2017年2月の工藤吉生の短歌すべて見せます|mk7911|note(ノート)

https://t.co/e37EDuY9fQ
工藤の有料マガジン【500円】やってます。
プロフィール

@mk7911

Author:@mk7911
ゲーム、本などの感想、こちらはスペアです

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR