ぬらっ。日本のいちばん長い日

ぬらっ

大辻隆弘さんの朝日新聞の短歌時評「歌会こわい」に関するツイートまとめ : ▼存在しない何かへの憧れ
http://blog.livedoor.jp/mk7911/archives/52196065.html

ツイッターではあんまり宣伝してなかったが、おかげさまですでに250以上のアクセスがある。

http://www3.ezbbs.net/cgi/reply?id=acdc100v&dd=28&re=14644&qu=1
この「風」という掲示板でも言及していただいた。


月に一度、いろんな話題についてさらっとふれるのが「ツイッター短歌史」だが、こうしてピンポイントでじっくりまとめるほうがいいよな。






半藤一利『日本のいちばん長い日』を読みおわった。おじさんたちが会議やってるばっかりだったが、後半は動きが出てきておもしろくなり、一気に読んだ。
軍人にとって敗戦を受け入れるのがむずかしい、ということがさまざまな事件を起こしている。こんな人達はもういないし、特殊な人達による特殊な物語だ。



半藤一利『学びなおし大平洋戦争』の1と2を買ってきた。
松尾スズキさんの本を買ってきた。
7月はずいぶん本を買っている。20冊買った。

メドをつけた。読みたい本をリストアップして、それが終わったら短歌の本を読むいつもの生活に戻ろう。あるいは、短歌の本とそれ以外を交互に読むとかにしよう。




▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました



短歌パトロール日誌【5】6/14-7/17|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n648c9e855c73

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd

なりすましアカウント騒動|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/nddf9ca3db36c

すぐに消されたエアリプにこたえる|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n16ba35458c13


工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

ぬらっ。野蛮人入門

ぬらっ


休日。未来賞の連作20首を清書して投函した。


松尾スズキ『現代、野蛮人入門』読みおわった。おもしろかった。最後のふたつの章はとくによかった。

松尾さんに興味がわいた。舞台をはじめとして、知らない部分が多い人。
チャップリンの「独裁者」が好きだと書いてあったから、前から気になっていたこともあって、YouTubeで見た。画面は小さいし音はめちゃくちゃだが、日本語字幕があり、なんとか見れた。
パイを顔に投げたり、座ろうとしたイスがこわれたり、テレビの笑いの源流を訪ねたような気持ちだった。

『たまに思います。人生とは神が作ったアダルトビデオであり、我々の不幸は神のマスターベーションのおかずなんだ、と。だったら、こちらが笑いに変えることでせめて「抜きにくく」してやる、と考えることで乗り切りたいのです。』
松尾スズキ『現代、野蛮人入門』







半藤一利『日本のいちばん長い日』半分くらいまで読んだ。
えらい人たちが会議ばかりしている本だ。人がうじゃうじゃ出てくるが同じような人が多い。みんなお国のために真面目なんだな。
軍人たちは悔しがり、一部は不穏なことを計画し、役人は大変だったと。
これから変化するんだろうか。早く終わらせてちがうのを読みたい。






時間があってツイッターをちょこちょこ見て、朝日の時評に関するツイートをまとめた。

大辻隆弘さんの朝日新聞の短歌時評「歌会こわい」に関するツイートまとめ : ▼存在しない何かへの憧れ
http://blog.livedoor.jp/mk7911/archives/52196065.html
2017.7.24のこの件に関するツイートをまとめた。10RT以上のものをまとめたら、量的にちょうどよかった。

ツイッターでは今はあんまり宣伝してない。あまりツイッターを見ない人や、後の世の人を読者に想定している。ツイッターやってる歌人には勝手に見えてしまうツイートばかりで、そんなに面白くないだろう。





▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました



短歌パトロール日誌【5】6/14-7/17|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n648c9e855c73

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd

なりすましアカウント騒動|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/nddf9ca3db36c

すぐに消されたエアリプにこたえる|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n16ba35458c13


工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。

大辻隆弘さんの朝日新聞の短歌時評「歌会こわい」に関するツイートまとめ

去年の年末からやっている「ツイッター短歌史」を、もうやめたくなっていたけど、大きなことがあって、またまとめたくなった。



【2017.7.24】
大辻隆弘さんによる朝日新聞の短歌時評「歌会怖い」がツイッターで大きな話題となった。



大松達知さんが朝日新聞の短歌時評の画像をツイッターにアップした。

大松達知さんのツイート
大辻さんの時評。 https://t.co/iFH1IDykhe

https://twitter.com/omatsuta/status/889255658930843649




中本速さんのツイートとブログ。
先月騒ぎがあったのは「歌会は好き嫌いで語ってよいか」であって、「歌会こわい」はくっついただけ。ブログ記事の冒頭に書いたので概要を把握したい方はどうぞ。http://blog.livedoor.jp/sknkmt/archives/16733380.html

https://twitter.com/sknkmt02/status/889295080950972416



オレも、以前まとめていたんですよ。簡単にだけども。
ツイッター短歌史【2017年6月】 : ▼存在しない何かへの憧れ http://blog.livedoor.jp/mk7911/archives/52195058.html

まとめる際に、反響のあるツイートを拾うことにしているが、歌会をこわがっているツイートを拾うことができなかった。
「こわい」という声は小さい声だから、まとめようとするとこぼれ落ちる。そうじゃない人の声が残っていく。







「歌会」または「大辻」を含む、この日の10RT以上のツイートを主な反響としてご紹介する。


石原ユキオさんのツイート
「歌会こわい」から「批評が不要」って風が吹いてから桶屋が儲かるくらいの距離感を感じるんだが。
https://twitter.com/yukioi/status/889271448514183168



泳二さんのツイート
大辻さんの言うことはその通りなんですが、「歌会こわい」は批評じゃなくてどちらかというとコミュニケーションが怖いという人も多いんだと思うんですよ。
https://twitter.com/Ejshimada/status/889281073305108480



濱松哲朗さんのツイート
大辻さんの言わんとすることは大体よく分かるし、私も作品は批評された方が作品や作者にとって良いことだと思っていますが、私からひとつ付け加えると、「批評」だって可変的なものだということを「批評されるべき」勢は忘れるな、ということです。その刃、最後に研いだのいつですか? ってこと。
https://twitter.com/symphonycogito/status/889270548768858112



ひらたさんのツイート
もう言いたいことはたくさんあるけど言ってもしょうがないよね。文学をやってるおれとコミュニケーションをやってるあいつら、みたいなものの見方してるうちは無理ですよ。
https://twitter.com/eurekabird/status/889273533850726400



二三川練さんのツイート
文学として短歌をやっている層とコミュニケーションとして短歌をやっている層とがごちゃごちゃに関わっているので共通理解がぶっ壊れているんだろうな
https://twitter.com/ren_fumigawa/status/889264561735344128

大辻さんの書いていることはそうなんだけどコミュニケーション層はそもそも「文学」を志向していないのだろうし、お互いに関わらない方がいいと思う

https://twitter.com/ren_fumigawa/status/889266004999651328



再び中本速さんのツイートとブログ
とりいそぎ大辻隆弘の「短歌時評」が事実認識としておかしいのでそのことを書きました。論争の中身について新たな面白いことは書いてありません。

歌会論争(大辻隆弘の短歌時評) - 目がでかい
https://t.co/1TINl7hS4g

https://twitter.com/sknkmt02/status/889390411634032640
この中本さんのブログ記事には大辻隆弘さんがコメントしている。



田丸まひるさんのツイート
朝日新聞の大辻隆弘さんの短歌時評は「歌会が怖いひと=短歌をコミュニケーションの手段だと思っていて、批評を受けて傷つくのが嫌なひと」と決めつけているように読めてしまう。そういうひともいるだろうけど、歌会が怖いひとって、厳しい批評ではなくて、怖いひとが怖いという場合が多くないですか。
https://twitter.com/MahiruTamaru/status/889332389226332160

それこそコミュニケーションへの不安だし、歌会で歌を純粋に読みあうだけじゃなくてそれに付随する人間関係がある煩わしさもある。もちろんその距離が救いになることもあるけど、対人恐怖じゃなくても、人格、プライベートまでつっこまれる不安もある。「いい恋愛をして歌にしなさい」とか言われたり。
https://twitter.com/MahiruTamaru/status/889333361281335296

批評は人格やプライベートを問うものではないし、短歌ガチ勢の、こんなに細かいところにまでこだわるのかというようなねばっこい批評や一首の完成度への執着は、短歌への愛であって、決して怖くなく、楽しい。他のひとにまで「これはこうすべき」と言ってしまう「べき」勢は、そのひと自身の問題。
https://twitter.com/MahiruTamaru/status/889334593509347328

少し話題がそれるけど、コミュニケーションの手段としての短歌も、文学を極める短歌と同様に愛おしいと思う。定型の魅力を感じて、手紙を送りあってるような短歌の楽しみ方も、ただ読んで楽しむのもいい。短歌おもしろいなっていうひとが増えていくのは本当にありがたいことで、わくわくする。
https://twitter.com/MahiruTamaru/status/889335692727341056





斉藤斎藤さんのツイート。長くなるがすべて引いておく。
「歌会こわい」問題、把握しきれてないんですが。なんとなくの印象として、作者主義/読者主義/いいね主義の対立があったような。そしてその三者で「批評」の定義が異なることが、すれ違いの原因の一つだったような気がします。
https://twitter.com/saitohsaitoh/status/889321724583436289

作者主義における「批評」とは、①テキストから「作者がやりたかったであろうこと」を推測する。②「やりたかったであろうこと」とテキストを比較し、その実現度を判定する。③作者が初心者と思われる場合、「やりたかったであろうこと」をもっとうまくやる方法を例示する。みたいなことです。
https://twitter.com/saitohsaitoh/status/889321781609152512

読者主義における「批評」とは、①テキストから可能な読みを、最大限に引き出す。②批評は「作者がやりたかったであろうこと」と関係なくてもよい。③むしろ、「やりたかったであろうこと」とかけ離れた読みも可能にするテキストを、クリエイティブなテキストとして評価する。みたいなことです。
https://twitter.com/saitohsaitoh/status/889321835145383936

いいね主義における「批評」とは、①いいと感じた歌に「いいね」を押す。②一読してすぐ「いいね」を押せる歌がいい歌。「いいね」の数でいい歌が決まる。③「いいね」と感じない歌について語ることに、あまり意味はない。みたいなことです。
https://twitter.com/saitohsaitoh/status/889321905039310848

で、すこし前まで歌会には作者主義のひとしかいなかったんですが、ツイッターとかで参加のハードルが下がり、読者主義やいいね主義のひとも参加するようになった。すると「批評」のすれ違いが起こります。
https://twitter.com/saitohsaitoh/status/889321965231771648

たとえば、「一首のうちの一つの単語から連想をひろげ、(作者の意図をはずれた)自由な読みを披露する」ことは、読者主義においては真っ当な「批評」であり、作品へのなによりのご褒美だったりもするわけですが、作者主義の歌会では「脱線ですよ」とたしなめられてしまいます。
https://twitter.com/saitohsaitoh/status/889322056050987008

たしなめられた人は「権威主義(怒)」となってしまったりもするんですが、それは個々の作者を尊重しようとする作者主義のあらわれであって、特定のひとがえらぶる権威主義とは違うんですよね。まあ短歌の世界にえらそうな人がいることは否定しませんが。私とか。
https://twitter.com/saitohsaitoh/status/889322135730085890

で、三つの「批評」はなかなか相容れにくいところはあるんですよね。それぞれ交流を持ちながらも、ゆるくすみ分けるのがいいのかな、という気はしますかね。そんなかんじです。

https://twitter.com/saitohsaitoh/status/889322761239265281




最後に、大辻隆弘さんのツイート
【見解】今回の「歌会こわい」の議論については、どこが発端か分からず、既に様々に飛び火し、炎上した時点から「これは何だろう」と考えを進めた。私の目には「歌会にいきにくい、怖い」という意見が主流に見えた。その意味では私の視座から見た狭い認識に依拠して論を進めた部分はあった。反省する。
https://twitter.com/otsuji28/status/889490138799063040

【見解②】ネット上にはさまざまな考えを持つ人がいる以上、それを総括的に語ることは非常に難しく、現実的には不可能であるということが分かった。新聞というオフィシャルなものに時評を書く以上、総体的傾向を捉えにくいネット上の言説はソースとして不確かなものである、ということを痛感した。
https://twitter.com/otsuji28/status/889491038460452864

【見解③】が、「批評」というものが短詩型文学について不可欠なものであり、他者の優れた「読み」があって短歌作品というものが全き意味で完成する、という私の短歌観自体は変わらない。すぐれた読み手が集まる歌会がその「批評」「読み」の基盤のひとつである、という私の考えにも変わりはない。
https://twitter.com/otsuji28/status/889491963057061889

【見解④】ただし、そのような優れた読み手が集まる理想的な歌会が現実には存立困難であることも理解できる。また、そのような歌会の「理念型」に基づいて歌会一般を語ることに無理がある、ということにも気づかされた。
https://twitter.com/otsuji28/status/889492571470258176

【見解⑤】もちろん、このような短歌観・歌会観・批評観が私自身のものであることは当然である。それを他者に強制するつもりはまったくない。短歌はコミュニケーションツールであっていいし、そのコミュニケーションがひいては「批評」「読み」の基盤となりうる可能性を孕んでいることも理解する。
https://twitter.com/otsuji28/status/889493345197637633

【見解⑥】ただ、時評、ひろく言えば私の表現は、私自身に属するものである。私は新聞社の論説委員として公式見解、だれもが客観的に理解できる普遍妥当性をもった事実(そういうものがあるとして)を述べることを要請されて時評を書いている訳ではない。そこには当然、執筆者としての責任があるが→
https://twitter.com/otsuji28/status/889494122347679745

【見解⑦】→かといって、自分自身の意見を封殺しなければならない義務を負っているとは言えない(と思う)。私の今回の時評の執筆においてデータ収集が不十分であったことは素直に反省する。ただ私の視野から見た(私の目に映ったところの)短歌界の風潮の一部として議論の俎上に載せたいと思う。終

https://twitter.com/otsuji28/status/889495272027336704








ハッシュタグ「怖い歌会」が起こる

吉田恭大さんのツイート
「何か既視感があるんですよね…」「それはもしかして、こんな歌だったかい?」(延々類歌を挙げられる) #怖い歌会
https://twitter.com/nanka_daya/status/889309442675810305

二三川練さんのツイート
これは結社で匿名歌会をやったとき(それまでは記名の五首連作合評だった)の話なんですが、ある歌への評で主宰が僕を見て「これは君の歌だと思うけど、君は本当に変わったな。すごく歌が良くなったよ」と褒めたんですね。あまりのことに僕は震えながら「僕の歌じゃないです……」 #怖い歌会
https://twitter.com/ren_fumigawa/status/889326610993651713



沼尻つた子さんのツイート
「若い人のフレッシュなご意見を 」と発言を求められる40代半ば

#怖い歌会

https://twitter.com/numatsuta/status/889324658058682368




以上、2017.7.24の「歌会こわい」に関する主なツイートのまとめでした。









▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました



短歌パトロール日誌【5】6/14-7/17|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n648c9e855c73

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd

なりすましアカウント...

ぬらっ。トークメーカーで歌会しました

ぬらっ



バンホーテンのココアが好きで、二日に一回は飲んでると思う。







【オンライン歌会onトークメーカー】匿名歌会 vol.1/2017夏|コラボ作品詳細|トークメーカー
http://talkmaker.com/works/51f1d9fff404be93e4b0ba0989562a84.html?v=1
これに参加した。
新しそうなものを見るととりあえず一枚噛んでみたくなる。

で、そのために自分が票を入れたい歌に対してコメントを下書きしてみた。歌に評らしきものを書くのはひさしぶり。ふわーっと感じた「良さ」を言葉にしていくのは相変わらずむずかしい


三時間みっちりと評が交わされて、なかなか濃い歌会だった。
ネットで歌会をやると人気投票みたいになりがちだけど、これは評が盛んで、実際の歌会に近いと感じた。みなさんの読みが丁寧で、雰囲気も良かった。
またあったら、また参加してみたい。









なぜか旧仮名づかいの話題がツイッターに流れていた。

旧かなが嫌いでブログに悪口を書いたら、知らない人から批判とも嘲笑ともつかないコメントをもらったことがあります。2011年ごろ。

ってツイートしたけど、ツイッターで旧かなを悪く言うと面倒な人がからんでくるからツイッターからは消した。
ツイッターからは消したが、ここには残しておくのだ。




▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました



短歌パトロール日誌【5】6/14-7/17|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n648c9e855c73

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd

なりすましアカウント騒動|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/nddf9ca3db36c

すぐに消されたエアリプにこたえる|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n16ba35458c13


工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。

ぬらっ。うっとりラジオショー

ぬらっ



"松尾スズキのうっとりラジオショー vol.4 ~ああ、昭和!うれし懐かしアニメソングの世界!~" https://youtu.be/LZUYpoDShls

すばらしかった。しょこたんはいい声してるなあ。すごくいい。松尾さんのルパンの物真似のクオリティーの高さとか、いろいろいい。
「四十過ぎても芽が出ない」みたいなの、ギャグだとわかっててもつらいなあ。つらいけどしみじみと聞く。まだ四十過ぎてないけど。







#RTの早い5人は私の超超超超超超超超超超超超超超超超ガチ勢だから願いを聞こう
気になるタグ


なんてものをツイートしても、反応はなかった。なにかお願いされたい。期待されたり求められたりしたい気持ちがある。自分がなんなのかわかんなくなってきた。


なにをしてても、これでいいんだろうかと不安になる。時間が残っていない気がして焦る。飽きやすい。どっしりしたい。







保阪正康『あの戦争は何だったのか』読みはじめたらおもしろくて、睡眠時間を削られてしまった。
どういう流れでダメになっていったかがわかる。赤紙の中身とか、軍隊の構造なども書いてある。この本はよかったな。




▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました



短歌パトロール日誌【5】6/14-7/17|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n648c9e855c73

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd

なりすましアカウント騒動|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/nddf9ca3db36c

すぐに消されたエアリプにこたえる|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n16ba35458c13


工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。

「短歌研究」2017年8月号の短歌研究詠草で準特選をいただきました


「短歌研究」2017年8月号の「短歌研究詠草」で準特選をいただきました。永田和宏さんから。
記念すべき短歌研究1000号の目次に名前が小さく載った。


これで、選者四人全員から準特選をいただいたことになる。五年かかっている。

今年は、
1月号が1首掲載、
2月号が1首掲載、
5月号が準特選、
8月号が準特選。
4回投稿して16点とっている。
毎月ちゃんとやればいいところまでいけるのかもしれないが、まあいいんです。自分のペースで。

短歌研究詠草、はじめのころは1首掲載ばっかりで、どうすればもっと載るのかわからなかった。
2013年におもしろくなくなってやめて、
2017年に再開した。
2015-16年は短歌研究を定期購読してマジになって毎月出してたが、それぞれ23点、27点で終わった。



あちこちで出してるけど、総合誌の投稿欄がいちばん安定して良い成績をもらえる。オレの作風はそういう作風なのか?



「表現への果敢なチャレンジ精神に溢れた一連」という永田さんのお言葉がうれしかった。オレが果敢なチャレンジ精神をもってるというよりは、短歌の形がオレを刺激してそんなふうになる感じかなあ。

今月はうれしいけど、来月の新人賞の誌面を見たときにオレの気持ちはどんなふうになっているのか、とても心配だ。




五首の短歌はあとで有料マガジンに出します。来月二十日までは全国の書店の『短歌研究』で読めますので興味ある方はどうぞ。
サイゼリヤでパスタを食べたという内容の五首です。




▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました



短歌パトロール日誌【5】6/14-7/17|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n648c9e855c73

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd

なりすましアカウント騒動|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/nddf9ca3db36c

すぐに消されたエアリプにこたえる|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n16ba35458c13


工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。










ぬらっ。いま私たちが考えるべきこと


ぬらっ。


なぜかプロフィールをツイートされた。
見にいってみるとブロックされている。
他のアカウントから見にいった。



その前に
「橋本治『いま私たちが考えるべきこと』を読み終わった」
というオレのツイートのURLを貼っていた。

なにがしたいのかまったくわからない。プロフィールの趣味に橋本治と書いてあった。じゃあ同じ趣味じゃないか。晒してブロックする意味がわからん。

ヘッダー画像に田原総一朗が写ってるけど、田原さんならそんなことしないね。考えがちがっていても同じテーブルで議論しようとするはずだ。

偏差値70と名前に書いてある。それプロフィールに入れる意味ある? 頭のいい人がそんなことするか? そこからすでに怪しい。

ツイートは、政治的な嘲笑的なRTが多いようだった。

それから、自分のツイートにハートをつけたりリツイートしている。なにしてるんだ。

気持ち悪い。

そして、こういう人はフォローしている人が多くて、フォロワーは少ない。








短歌研究の「短歌研究詠草」で準特選をいただいた。二回続けて準特選だ。うれしい。それはメインのブログで書くことにする。


橋本治『いま私たちが考えるべきこと』を読み終わった。ややこしい本だった。自分のことを考えろと言われて、他人のことを考える人/ほんとうに自分のことを考える人、という話から始まり、これに終わる。近代と前近代という人間の分類になるほどと思った。




『「わからない」という方法』『負けない力』『いま私たちが考えるべきこと』と読んできたが、この種類の本はもうこれくらいにしておこうと思った。

『不幸に堪える最大の方法は、不幸を自覚しないことなのである』

個性に関する記述。
『「個性的」とは、「それ以上なにも言わない」という、言う側の判断保留でしかない』
『「個性的でない人間」は「個性的」を喜び、「個性的な人間」は、それを「差別の一歩手前」として嫌悪する。この違いはなにによって生まれるのかと言えば、「個性的」という言葉を生み出す元の「個性」が、「一般的なものからはみ出した──放逐された」という傷を負っているからである。だから、意外かもしれないが、「個性的」としか言われない人間の目指すものは、「没個性」なのである』









『食器と食パンとペン』をひさしぶりに読んだ。ページの隅のほうが変色しはじめていた。
覚えてなかった歌やイラストが多くて、あたらしく読むような気持ちで読んだ。




本屋に行ったら欲しい本がたくさんあった。


半藤一利『学び直し大平洋戦争』四冊。
ふりがながあるし字が大きい

半藤一利 加藤陽子『昭和史裁判』

加藤陽子『戦争まで』

山岡荘八『小説 大平洋戦争』

鳥居民『昭和二十年』というシリーズの文庫本13冊

半藤一利『昭和史』前半

半藤一利『B面 昭和史』

保阪正康『昭和天皇実録 その表と裏 大平洋戦争編』







また本を買っちゃったよ。
こないだ五冊買った本を三冊半読んだところだったが七冊買った。



1.五島美代子『そらなり』
短歌は今月は読まないつもりだったが、薄くてベストセレクションみたいな内容だったからつい買った。


2.松尾スズキ『現代、野蛮人入門』
新書。松尾さんはおもしろい。





▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました



短歌パトロール日誌【5】6/14-7/17|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n648c9e855c73

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd

なりすましアカウント騒動|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/nddf9ca3db36c

すぐに消されたエアリプにこたえる|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n16ba35458c13


工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。










『それでも、日本人は戦争を選んだ』、のらくろ【2017.7.21】


この一週間くらいの近況をまとめる。
短歌を読むのがいやになってきた話と、歴史の本のことが中心。








本を買ってきた。

永井均・内田かずひろ『子どものための哲学対話』
吉本隆明・糸井重里『悪人正機』
加藤陽子『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』
半藤一利『日本のいちばん長い日』
半藤一利『昭和史残日録』

ほかにも読みたい本が多数ある。昭和に興味がある。



短歌の本を読む気にならないので「未来」以外は今月末までしばらく止めてみる。禁止したら読みたくなるかなと思って。



▼のらくろ



いま読んでいる昭和史の本、半藤一利『昭和史残日録』に、「のらくろ」のことが出てきた。

そういえば、オレの小さい頃はテレビでのらくろのアニメがやってた。フジテレビ系の日曜夕方六時。いま「ちびまる子ちゃん」がやってる枠で。ひさしぶりに見たくなって探してみた。



"Norakuro - Volume of the Great Escape"
https://youtu.be/DjGOSnzwCNg
YouTubeで「のらくろ」見つけたが、1970年とあるし、オレが見てたやつとは違う。コミカルだけど、完全に戦争のアニメだ。
犬と猿が戦争していて、なるほど犬猿の仲というわけだ。軍人しか出てこないアニメだ。
のらくろの声が大山のぶ代だった。



のらくろクン(00:20:18) #sm5626707
http://nico.ms/sm5626707

ニコニコ動画で見つけた88年の「のらくろクン」。どうやらオレが子どものころに見てた「のらくろ」はこれらしい。80年代のアニメらしいドタバタぶりだ。ちょいエロ。戦争のおもかげがない。

この「のらくろクン」はのらくろの孫だという。舞台が80年代になってるし、完全に別作品。のらくろは存在感が薄くて、いてもいなくてもいいような役になってる。
これを見て「のらくろならアニメで知ってる」と思ってたわけだな。


1931年に漫画の連載が開始されたという「のらくろ」。1970年に戦争アニメだったものが、1988年に現代を舞台にしたギャグアニメにリメイクされている。1931年から1970までの39年と、1970年から1988年までの18年。



"のらくろ二等兵"
https://youtu.be/e1SoFKpZN1k
1935年のアニメだというが、動きがなめらか。あるくときの効果音がかわいらしい。文字は右から読む。弁士がひとりで何役も演じ分けている。



▼それでも、日本人は戦争を選んだ



加藤陽子『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』を読みはじめた。授業の形式で書かれている。ときどき学生の声がはさまっている。

タイトルよりも冷静な本だ。序章ではさまざまな世界の歴史上の出来事を参照しながら、歴史から学ぶということについて説かれている。
悪い歴史を繰り返すまいとして歴史を参照して決断しても、広い視野で歴史を見ないと判断をミスしてさらに悪い歴史をつくってしまうことになる、という話もあった。
戦争は相手国の憲法を書きかえるものだとルソーが言ったという話もあった。



加藤陽子『それでも、日本人は戦争を選んだ』読みおわった。このぶあつい講義を五日で聞いた中高生たちはたいしたものだな。


『歴史をつかさどる女神クリオは、女神のうちで最も内気で控えめで、めったに人にその顔を見せなかったといいます』
『歴史とは、内気で控えめでちょうどよいのではないでしょうか』

加藤陽子『それでも、日本人は戦争を選んだ』








『食器と食パンとペン』をひさしぶりに読んだ。ページの隅のほうが変色しはじめていた。
覚えてなかった歌やイラストが多くて、あたらしく読むような気持ちで読んだ。




本屋に行ったら欲しい本がたくさんあった。


半藤一利『学び直し大平洋戦争』四冊。
ふりがながあるし字が大きい

半藤一利 加藤陽子『昭和史裁判』

加藤陽子『戦争まで』

山岡荘八『小説 大平洋戦争』

鳥居民『昭和二十年』というシリーズの文庫本13冊

半藤一利『昭和史』前半

半藤一利『B面 昭和史』

保阪正康『昭和天皇実録 その表と裏 大平洋戦争編』







また本を買っちゃったよ。
こないだ五冊買った本を三冊半読んだところだったが七冊買った。



1.五島美代子『そらなり』
短歌は今月は読まないつもりだったが、薄くてベストセレクションみたいな内容だったからつい買った。


2.松尾スズキ『現代、野蛮人入門』
新書。松尾さんはおもしろい。


3.齋藤孝『声に出して読みたい論語』
論語の入門書がほしかった。字が大きいのがいい。高校生のころに声に出して読んだ記憶がある。


4.橋本治『いま私たちが考えるべきこと』
タイトルが大きそうだったから。 しかし橋本さんってかならず前書きに「この本には役にたつことは書いてありません」って書くね。半歩引いてしまう。



5.爆笑問題『爆笑問題の戦争論』
田中が戦争の概要を語り、太田がボケていく漫才が書いてある。
たのしく復習するにはちょうどいい。



6.加藤陽子『とめられなかった戦争』
NHKの番組からできた本らしい。字が大きいのが良い。
これをきっかけに、加藤陽子さんの関係するYouTubeの動画を見た。



7.保阪正康『あの戦争は何だったのか』
新書。興味のある著者だが、読むのははじめて。




▼短歌への倦怠感



短歌への倦怠感があるし興味が他のことにあるため、今月は『未来』以外の短歌の本を読まない月にしようかな、って思っていたが、短歌の本をいただくと迷いがでる。オレが歌人だから短歌の本が届くのだ。読まないと申し訳ない。いつか読んで感想は書きます。

みんなおもしろい短歌ならいいんだけどな。
おもしろくない短歌を見たときに、自分で気づかないうちにMP(精神力)を削られるのかもしれないな。

おもしろければおもしろいで、嫉妬したり自分の無力を痛感するとやはりMPを削られる。
人は人、なんだがなあ。余計なことを考えずにもっと純粋に楽しみたいものだ。




短歌研究新人賞に落ちたのでがっかりした。次席にもなっていない。

落ち着くために散歩して短歌をつくった。そしたら15首できた。
短歌の世界のいろんなことが嫌になってきたし読むのがだるいが、短歌そのものは相変わらず好きなのがわかった。




▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました



短歌パトロール日誌【5】6/14-7/17|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n648c9e855c73

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)

https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd
noteを更新しました。裏話です。


なりすましアカウント騒動|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/nddf9ca3db36c

すぐに消されたエアリプにこたえる|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n16ba35458c13

帰ってきた汚染歌人
https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69


工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。










ぬらっ。女神クリオ

ぬらっ


ピクシブに短歌をまとめている人を見た。
ふむ、そんなことができるのか……。


新聞や雑誌のいくつかに投稿した。
角川短歌の「角川歌壇」に、いつのまにか所属結社を書く欄ができている。選に影響するんだろうか。



加藤陽子『それでも、日本人は戦争を選んだ』読みおわった。このぶあつい講義を五日で聞いた中高生たちはたいしたものだな。


『歴史をつかさどる女神クリオは、女神のうちで最も内気で控えめで、めったに人にその顔を見せなかったといいます』
『歴史とは、内気で控えめでちょうどよいのではないでしょうか』

加藤陽子『それでも、日本人は戦争を選んだ』



本屋の歴史の棚にいると、ほしい本がたくさんある。タイトルはうろおぼえ。
半藤一利『昭和史』前半
半藤一利『B面 昭和史』
保阪正康『昭和天皇実録 その表と裏 大平洋戦争編』
岩波ブックレット 半藤一利『昭和天皇実録からわかる戦争』
岩波ブックレット 『伝える 戦場のリアル』



▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました



短歌パトロール日誌【5】6/14-7/17|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n648c9e855c73

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)

https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd
noteを更新しました。裏話です。


なりすましアカウント騒動|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/nddf9ca3db36c

すぐに消されたエアリプにこたえる|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n16ba35458c13

帰ってきた汚染歌人
https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69


工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。

ぬらっ。7/19

ぬらっ



昨日のつづき。
お知らせアカウントがロックされていたが解除した。
チェーホフがロックされていて、解除した。

とりあえずこれくらいのアカウントが動けばOK。






7/20になった。あと一ヶ月後に山がふたつある。






外に出たくなって夜の散歩をした。いくつかある散歩コースのなかで、夜に行ったらこわそうな人通りのないコースを歩いた。それほど怖くならなかったし歌もできなかった。






『爆笑問題の戦争論』読み終える。
7冊買ったもののうち1冊を読み終わった。







自分の古いツイートを読む機会があったが、なんとも生意気だった。こりゃ嫌われるわけだ。お恥ずかしい。



▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました



短歌パトロール日誌【5】6/14-7/17|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n648c9e855c73

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)

https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd
noteを更新しました。裏話です。


なりすましアカウント騒動|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/nddf9ca3db36c

すぐに消されたエアリプにこたえる|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n16ba35458c13

帰ってきた汚染歌人
https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69


工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。
プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR